2017年 07月 27日
夏の定点観測 その1
7月の下旬の休日に晴れれば、出掛ける場所は一つしかない。

北の大地が誇る観光地、富良野(ふらの)・美瑛(びえい)だ。
ちなみに富良野の発音は「ふ」または「ら」にアクセントがある(と思ってる)。
なので北の国からの黒板五郎が「の」にアクセントを置いて話しているのを聞くと、お尻が痒くなる。
きっと関西人がエセ関西弁を聞いたときと同じ様な感覚だと思う。

そんな富良野、ここ数年は災害に見舞われていて踏んだり蹴ったりな感じなのだが、経済復興のためにも非力ながら協力しようと思う自分は本当に空知(そらち)思いな人間なんだなぁと自画自賛。
a0015198_19315378.jpg
いつもの様に高速の人になり、三笠(みかさ)インターチェンジで一般道に降り、そこから携帯が圏外になる山道をひたすら走る。
途中「シカ注意」や「キツネ注意」の標識にドキドキしながら走る。
時々周りの空気を全然読まずに「周りの迷惑顧みず、自分だけ安全第一」をモットーな先導車にイライラするが、センターラインが黄色から白点線に変更になるやいなや、周囲の安全を確保して一気に抜き去る車が後を絶たないようなシチュエーションが何度となく繰り広げられるスリリングな、もとい素敵な路線。

そんな路線を走り、いつもならサクッと代表的なラベンダー畑に向かうのだが、今回は趣向を変えて別の場所にも立ち寄ることに進路変更を余儀なくされる。
a0015198_19330673.jpg
シャトーふらの。
富良野ワインの工場だ。
普段はセコマ(北の大地が誇るコンビニね)のやっすい500円ワインくらいしか飲んでないので、たまには贅沢して1000円オーバーのワインでもって事ではないのだが、ってかワインの値段が贅沢して1000円オーバーってのもどうかって話はこの際どこかに置いといて、折角富良野に来たんだからふらのワインってのを買うってのも一興ではないかって事になっただけ。

a0015198_19330577.jpg
ここにも当然のようにラベンダー畑があるのだが、やはり今年はどうも花の色味が今ひとつ。
去年の災害や先日の大雨がラベンダーの根を枯らしてしまったのだろうか。
それでも大陸方面からの観光客の皆さんは自撮り棒を駆使しながら一所懸命撮影に勤しんでいた。

ここで判ったこと。
ほとんどの大陸方面の観光客は自撮り棒を持っている(個人の見解です)。

a0015198_19330578.jpg
ラベンダー畑から見た工場。
愛車はこの後に前の車がいなくなったので前方に移動した。


a0015198_19330503.jpg
入り口はこんな感じ(自動ドアのガラスに愛車が映ってるでしょ)。

a0015198_19330425.jpg
社長近影、って訳じゃないよな。
でも場内に入って先ず目に入るのがこの置物だったりするから何か由緒ある物なのかも知れない。

a0015198_19325368.jpg
地下に進むとひんやりとした空間が広がって、そこには開所以来のワインがずらりと残っていた。
ワインってのは樽だけじゃなくて瓶の中でも熟成が進むらしい。
時が来ればいずれ試飲することになるらしいが、昭和47年くらいのワインの味って一体どんなものなんだろう。
個人的には「アルコールは酔っ払うもの」みたいなゲスな考えの持ち主にはその味は一生掛かってもわからないだろうね。

a0015198_19325244.jpg
この一樽で呑兵衛の1年分くらいあるらしいので、何方か一樽購入してみては如何だろうか?。
ところで一樽で幾らするんだ?。
てかそもそも売ってくれるのか?


こんな感じでこの手の施設の常套手段よろしく上記のようなワイン製造の見学コースが設定され、地下やら地上やら内部の貯蔵所など中をグルグル回って、ワインやぶどうジュースの試飲コーナーでお一人様小カップ各1杯を厳粛に守った後に売店があって、店員さんが見学してきた客を手ぐすね引いて待ち、商品お買い上げありがとうございますって算段。見事すぎる。

ただここの試飲コーナーは基本セルフサービスなので、高さ4cm程の小さなプラスチックカップになみなみ注いでも人道的にはどうか判らないが法的には問題は無い(たぶん)。だって一杯は一杯なのだからさ。
a0015198_19325261.jpg
この様な試飲の樽が3つ。
白ワイン、赤ワイン、そしてぶどうジュース。
運転手の自分はぶどうジュースだけを頂いたが、同伴者は液体の表面張力を最大限に生かした注ぎ方でそれぞれを美味しく頂いていた。その注ぎ方はもっきりか?って感じで無料試飲のレベルじゃ無いと思う。

「この前行った千歳のワイン工場はさぁ、同じサイズのプラスチックのカップに2mm位しか注いでくれなかったんだわ。そんな位呑んだって舌の表面から吸収されて喉まで届かないわよ」と試飲って事をどの様にお考えなんですか?と訊きたくなるような生粋の呑兵衛な持論をぶちまけていた。

ここで何本かのワインを購入して、じゃらんに付いていたクーポンを切り取って手渡し、店員さんからポストカードを頂く当たりが見事なまでに庶民。
ただ自宅にじゃらんを忘れて途中のコンビニで買い直すという失態を犯したのは大誤算。
本代の390円が惜しい・・・。
a0015198_19325203.jpg
工場のトイレ近くでポケモンを捕まえてる(らしい)おばさん、新しいポケモンはいましたか?

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-07-27 22:55 | くるまのこと | Comments(8)
Commented by コロすけ at 2017-07-29 08:05 x
なんだかんだ言っても結局のところ、リア充かぁ  _| ̄|〇
Commented by 地区男 at 2017-07-29 10:57 x
アレやコレや言っても貴方と違って、リア充かぁ _| ̄|〇

ボッチブラザーズ、頑張って逝きましょ~ ( ˘•ω•˘ )v


Commented by マル運 at 2017-07-29 16:53 x
こんにちは、マル運です。

ふらの・・・発音の練習を今度お願い致します~

今年はラベンダーが駄目みたいですね
やはり昨年の豪雨は、本当に凄かったんですね。。。

って、ポケモン、だいぶ楽しまれている方が減ったようですね
Commented by Wonderfullifewith at 2017-07-30 07:18
コロすけさん
_| ̄|○してないで、なんとかどうにかしましょ。
今回の件もありますし、がつんと行っちゃいましょ!
Commented by Wonderfullifewith at 2017-07-30 07:18
地区男さん
貴殿もそう来ますか。
色々お話は入ってきてますよ〜(謎笑)。
良いなぁ・・・。
Commented by Wonderfullifewith at 2017-07-30 07:19
マル運さん
富良野の発音を北の国から風に言うと偽物になります(笑)。

ラベンダー他全般がイマイチの発色でした。

ポケモン、最近はまたCMなどもやってるみたいなので巻き返しに掛かってるのかも知れませんね。
Commented by at 2017-07-30 17:41 x
いいですね〜富良野大好きです!
ただ…自撮り棒を持っている方々がイマイチ苦手なので行きにくいですね(^_^;)
昔、そこでバーベキューをという記憶があるので、またいつか行きたいですね〜
Commented by Wonderfullifewith at 2017-07-31 07:19
樵さん
富良野は我々の地域からですと丁度良いドライブコースですね。

いまや自撮り棒を制せずして富良野は制せません(笑)。
もうその位凄い勢いで増殖しています。
きっと日本の自撮り棒の大半が富良野にあると思えるくらいです。

BBQ、8月に如何ですか?


<< 夏の定点観測 その2      オイル? >>