2016年 12月 26日
クリすます
そろそろ年末となり、娘の誕生日が過ぎて次なるイベントはクリスマス。
一応ミッション系の大学を卒業している身としては、賛美歌の一つも歌って主なる神様を崇め奉るのが筋なのだが、在校時も礼拝には時々しか出ていない素行不良学生だったためにそのような事を今更行っても神の方が許してくれるわけがない。

手を合わせて「いーつくしみふかーきー、とーもなるいぇすは〜♪」と歌ってもだ。

世の中的にはクリスマスよりもハロウィーンにイベントごとがシフトしている感じがしないでもないが、そう思ったのはやっぱり誤算でクリスマスの夜にジムはいつもの半分位しか人がいなかったことからもまだまだクリスマスは健在だと思い知らされた。
だが自分たちが若い頃には「1年後のイブの赤プリ(赤坂プリンスホテルね)の宿泊予約なんて出来ない」なんて懐かしい記憶を知っているので、今の静かなクリスマスは普通の状態に戻ったんだなぁと思ったりする。
やっぱあの時代はバブルだったんだなぁというか、今はもう赤プリ自体がないのか?

まぁそんなところとは一切縁の無い生活をしている様な自分なので、と言うかバブル絶頂期には強烈な労働環境の元で働いていてそんな事を考える間もなく気づけばバブル景気が終わっていて、残ったのは自動車ローン金利が14%なんてふざけたものだけが唯一の思い出だったりする。


そして幾年月が経過して、カップルで過ごすクリスマスから家族で過ごすクリスマス、そして何時しか時代は昭和から平成に移り天皇誕生日がクリスマスイブの前日となりクリスマスイブイブなる造語まで作られて久しい平成の28年、我が家もバタバタした中でイエス様をささやかにお祝いする運びとなった。

本来なら七面鳥料理が出されるのかも知れないが、七面鳥なんてテレビ画面でしか見たことがない身分なのでメインディッシュは牛。
鳥ではなく牛。
それも豪勢に見えながらも実は調理は簡単って料理をメインに持ってくる安直な庶民。

調理の参考物件はいつものクックパッド。
以前も作ったことがあるが、今回は別の方式での調理となった。

常温の牛モモ肉の固まりに塩コショウ並びにその辺にある香辛料を適当に擦り込み、クッキングペーパーを敷いたフライパンの上で軽く肉の表面を焼き入れメイラード反応を発生させる。
その後肉の塊をアルミホイールで包んでスチームオーブンヘルシオに投入。
余熱を行ったオーブンで180度8分ほど火入れをする。
肉汁を落ち着かせるために暫く放置を決め込むが、その後の断面がこれだ!
a0015198_10033488.jpg
中心部がまだ赤い(苦笑)。
こりゃぁベリーレアだな
このサイズの肉の塊だともう少し表面に焼きを入れて加熱時間を10分程度まで延ばしても良かったかも知れない。
今回はもう少しだけ追加で火入れをして頂いたが、次回は炊飯器でやってみるか又は火入れ時間を延ばして調理してみたい。

他にはコンフィの時の様に保存袋を使った真空調理法で58度1時間加熱って方法も良いかも知れない。
和風にするのなら酒4、醤油1,ミリン1のタレの中に表面を焼き入れた肉を袋に入れて58度1時間保温で出来るローストビーフがテレビで紹介されていたからこれも有りだと思う。

ただ温度管理が極めて大変なので、こちらは炊飯器保温が適しているかも知れないので、後で炊飯器の保温時間をチェックしておかねばならないと今は思っているがそれが何時まで覚えていられるかは自分の脳味噌の記憶力に掛かっている。

他には朝から仕込みを行っていたオニオングラタンスープ。
一応世の中的にお伝えしておくが、オニオングラタンスープを犬に与えることは御法度だ。
感受性の問題もあるが犬が貧血を起こしてしまう恐れもある。
と、知り合いの獣医さんが言っていたので書き留めておく。

オニオングラタンスープの仕上げはデパートで購入したバケットをスープの上に乗せてチーズを掛けてトースターでチーズが溶けるまで軽く加熱。
a0015198_10033453.jpg
バケットがちょっと焦げてしまったが、これはとても美味な出来上がりとなった。
タマネギを飴色になるまでじっくり炒めることで出て来る甘み、これはやはり「料理は手間」を証明する事に他ならない(と思う)。
焦げないようにじっくり炒めれば出来ると言われればそれまでだが、そこには鍋に集中する手間が無ければ出来ない。
我が家の定番料理になってくれれば良いと思うのだが、はてさてどうなることやら。


この日は映画「土竜の唄」を鑑賞していたために時間が押してしまい、残りは出来合いの物で済ませてしまう辺りが庶民の庶民たる所以、なぜなら時間的に「タイムセールで半額です!」のかけ声のもとに購入したものだから。
a0015198_10033437.jpg
温めるものと温めないものが渾然一体となっていた中華惣菜詰め合わせ、まずまずのお味で特に中央に鎮座しているエビチリソースはなかなかのものであったのでお値段は幾らか知らないが定価の半額でこれらのものが用意できれば上出来だろうと自己肯定。
実際これらの料理をちょこっとずつ作るのって個人の家では出来ないからね。
少人数の家庭だと中華料理を作るとどうしても「エビチリ」とか「青椒肉絲」とか「回鍋肉」とかの一品ものになってしまう、と言うラインナップの中に「フカヒレ」とか「上海がに」がでてこないのが庶民感覚。

a0015198_10033462.jpg
何か貰えないかと虎視眈々と狙っているアウトレット犬。


クリスマスと言えば、やはり糖質制限くそ食らえ食品のこれ。
デパートで予約していたケーキらしいが、さすがに今回は甘さ目一杯ではなくフランボワーズ(ラズベリー)ムースのケーキで敵もなかなか考えたなと思わず膝を叩く快挙。
ただでさえ太めの娘がこれ以上膨らんでいっては親の責任と思ったのかは判らないが、とにかく甘さ抑えめで好感が持てた。
a0015198_10013495.jpg
それでも3人でこれらを消費するにはそれなりの覚悟が必要だったのだが、甘いクリームのスポンジケーキではなかったのがせめてもの救い。

適当に腹が膨らんであとは寝るだけ。
寝てしまえば夢を見て、夢の中では自分の潜在意識が具現化されることが多い。
その内容を第三者に見られたら二度と世の中に出ていけないくらいのとんでもないような妄想劇が繰り広げられている自分の夢。
それでは皆さん、夢で会いましょう!


おいおい何だそのメイラード反応ってのはと思われた貴兄、メイラード反応ってのは化学反応の一つですが、料理は化学反応の集大成だと今更ながらに思い知らされたわけです。
そんな小難しいことを知らないでも、昔の人はそれらを駆使して頑張ってきたことに敬意を表して行きたいと思うわけです。

今日辺りに車庫前の雪が撤去され漸く愛車がしっかり出てこられそうなので、そうなれば少しは車ネタも出て来るかも知れませんが、あまり大きな期待はしていただかないで下さい。
愛車はしっかりと箱入り娘状態なのです。

てことでメリークリック!
あ、プレゼントは何も貰ってねーや_| ̄|○

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-12-26 08:39 | うちのこと | Comments(10)
Commented by コロすけ at 2016-12-26 09:01 x
クリ  すます 流石素敵な感じですねぇ~
今の私には考えがつきませんが…楽しいんですよね(涙…)

肉かぁ~
Commented by 地区男 at 2016-12-26 10:30 x
あっ、しもしも~~。

今夜、ジュリアナ東京のVIPルームでドンペリ空けなぁ~い!?
アブ刑事見てから、アッシー君に送って貰うからポンギのアマンドの前で集合ねぇ~。
メッシ―君に連絡しといてぇ~。
こんにちは、平野ノラ男ですm(_ _)m

いやぁ~、バブリーっすねぇ!?
豪華な食事!流石、北の大地の大富豪と噂の代表様。
そこのコーギーの隣、あいてますか?
Commented by at 2016-12-26 11:51 x
やっぱり代表様はご家族と素敵なクリスマスを。。。だったのですね♪
僕も自宅でローソンのケーキを妻と食べてましたが、やれチキンが食べたいだとアピールされましたが、出涸らし状態なのでスルーしてしまいました(^_^;)
それにしても甘さ控えめって嬉しいですね~
あまり甘いと胸焼けしちゃいますし、何よりカロリーが気になりますよ~(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-12-26 11:53
コロすけさん
肉、食べましょう!
そして盛り上がりましょう!。

肉の塊も3000円も出せば凄いのが入手可能ですので、次回はもっと良い感じに作りたいと思います。
Commented by Wonderfullifewith at 2016-12-26 11:56
地区男さん
クソワロタwww。
誰ですか、そのノラ男って(笑)。

ホテルに泊まってドンペリ明けてるようなことはしてませんし、家で細々と肉を焼いて食べてるだけです。
あぁ海岸沿いのお店でランチしたいなぁ(笑)。

アウトレット犬の横、空いてますけどそこで良いですか?。
ではその代わりに私が地区男さんのお宅に住み込みます(スワップ爆)。
Commented by mi-bar at 2016-12-27 16:31
糖質無制限お疲れ様です!
ローストビーフ、肉の大きさと時間の関係がいまいち掴めません…_| ̄|○

料理は化学反応の集大成、名言です。
バブル期のクリスマス、経験したかったなー
Commented by Wonderfullifewith at 2016-12-27 17:05
mi-barさん
糖質無制限週間、無事乗り切りました(笑)。
ローストビーフの火入れってやっぱり難しいですね。
毎回同じサイズの肉で調理すれば骨も掴めそうですが、中なかそうもいかず。

フランス料理などは塩の量までしっかりグラム単位でレシピがあるそうですね。
それに比べて日本料理は「塩少々」、どんだけやねん(笑)。

バブルのクリスマス、自分もほとんど経験がありませんが唯一思い出せるのは酒の安売り店で買ったドンペリの白。
確か1万3000円くらいだったと思います。
でもその辺にうってる2000円くらいのスパークリングとの違いは判りませんでした。
以来高い酒は買ったことありません。
Commented by 元関係者 at 2016-12-28 02:09 x
つい先日、ケーキを食べられていたのに・・・またケーキですか(笑)

今回のケーキも美味しいそうですね(^O^)
呼んで下されれば・・・ローストビーフとケーキを食べにお邪魔したのに、って、クリスマス前後、札幌は凄いことになっていたようですね。
バブルの端っこをかじりましたが、まったく、良い思いでは無く、アマンド・・・バブル後に行きました(^^ゞ
Commented by Wonderfullifewith at 2016-12-28 15:20
元関係者さん
漸く長いトンネルを抜けることが出来ました。
そしたら見事に風邪を引いてしまい、喉がイガイガです。
気合いと根性とドーピングでどうにか持ち直してきていますが、まだまだ修行が足りないようです。

札幌、エラいことになってます。
借りてるガレージ前の排雪が漸く入りましたが、何時もなら両隣も持って行ってくれるのに今回はあまりの雪の多さにギリギリ1台が出てこられる分しか持って行ってくれませんでした。

アマンド、大学時代の友人の家がアマンドから5分の場所にありましたが、相続の際に手放したそうです。
六本木交差点辺りの不動産価値、当時なら今のく札幌の半分くらいが買えちゃう額でしょうね(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-12-29 10:49
樵さん
ご家族とクリスマスというか、日程的には「天皇陛下誕生日おめでとうございます」記念式典のような催しでした(笑)。

奥様がチキンをご所望とのことですが、言って頂ければ養鶏場一つどうにかしてお届けに上がりましたのに(迷惑爆)。
出涸らしになって赤い玉しか出なくなったときはですね、北に向かって「チキンが食べたーい、当地の奥さんが言ってます」と叫んで頂ければ、きっと何方かが直接配達に上がると思います(笑)。

ケーキは軽めのタイプでしたのでどうにか成敗してやりましたが、暫くホールケーキは勘弁です。
でもショートケーキなら大歓迎です。


<< 大雪におけるインフラ麻痺につい...      タチが食べたいと言うから >>