2016年 09月 21日
道東災害復興支援事業 その3
さて名付け親様の元を表敬訪問した後は次なるミッションを遂行すべくまた帯広に戻る。
次なる道もナビ任せで、何所を走っているかはほとんど判らない様な感じだが、氏が雑談の中で案内してくれた通りに車が走っているところを見ると、目的地への道はこれが最短ルートなんだと思った。

「何所が良いですかね?」
「地元の人はあまり食べないんですよ(笑)」
「やっぱそんなもんですかね(笑)」
「でも○(とある漢字一文字)がついたいくつかの店は辞めた方が良いです(あくまで個人の感想です)」
「なるほど」
「でもとん田はいつも混んでますよ、昨日も昼前に店前を通ったら平日なのにズラッと並んでましたから」
「なるほど、でもぱんちょうはこの前の時は休みだったんですよね。となるとぶたはげかなぁ」

そんな会話をしていたのだが、たまたまとん田の前を通りかかりその光景は昨日氏が見た光景と寸分違わぬ状態であった。
たかだかタレに漬けた豚肉を炭火で焼いてタレの染み込んだ白いご飯の上に乗せただけの料理になぜにこんなに人は並ぶ?と正直疑問は隠しきれなかった。

確かにタレは秘伝のタレかも知れないけど、世の中には物好きが山ほど居るもんだと一体どの口がそれを言う?と言われるのを覚悟の上で思ってみる。
とん田に並ぶことはマッハのスピードで諦め、車をJR駅方面に走らせる。
こうなったらやはり駅中のぶたはげかと思ったその瞬間、ぱんちょうの暖簾を確認!
「前回は休みだったのに、なぜ故?」と思ったがやってるものはやってるんだからそれ以上の詮索は無用だ。
幸いなことに店の前に行列は出来ていない。

駅前の地下駐車場に車を入れ(30分無料)、ぱんちょうへ急ぐ。
店内は20人も入れば一杯だろうか。
カウンター席の無いテーブル席ばかりだから、混雑していれば当然相席必須。
どうやらとん田もそのような方式らしいことが後の弊社女子スタッフの話で判った。

料理は豚丼と味噌汁のみ。
ランクがあるが、それは肉の枚数によって値段が違うだけのようだ。
ライスの大盛りは可能だったかは不明。

2人掛けの席に相席となり若いあんちゃんと一緒に昼飯を食らうことになるとは思わなかったが、これも旅の醍醐味と思うことにする。

自分は一番下のランクの豚丼をオーダー、味噌汁は別売のようだ。
一瞬「ケチくさいなぁ」と思ったが、店の方針に従うしか無いので自分は「ワカメと豆腐の味噌汁180円」をオーダー。
他にはナメコの味噌汁があったが、個人的にキノコ類が苦手なためにパス。
a0015198_17002433.jpg
静音カメラで隠し撮り的に撮ってしまいピントが丼の向こうに行ってしまう大失態(iPhone6s)

程なくして蓋のついた丼と味噌汁到着。
豚丼は豚丼の味、とくに大きな感慨は無かったが不味くはない。
激旨とかうんまっ!とか、お笑い芸人のリアクションのようなものを表すほどのものでも無い。
いわゆる「普通に美味しい」豚丼。
ぶっちゃけ、豚丼のタレの定義を知らないので評価も何も無いのだが、美味しい昼食と言えよう。
各店舗食べ比べれば良いのだろうけど、そんな胃袋のキャパは持ち合わせていないので無理。

それより何より個人的には味噌汁が自分の好みにジャストミート。
ひっさしぶりに旨いなぁと思う味噌汁であった。
味噌って何処かにほのかに酸味があるものが多いけど、ここの味噌はそれが無い。
カレーでも有名店のカレーなどには若干の酸味があって、あのほのかな酸っぱさは個人的には苦手な部類だったりする。

食べ物の旨いマズイは個人の今までの味覚形成に依るところが多いので、誰かが旨いと言っても自分が旨いと思わないこともあるし、その逆も然り。
なのでここの味噌汁も「旨い」と思わない人がいてもそれは不思議でも何でも無いが、個人的には過去最高ランク。
時々夜部門の会社の会合等でそれなりのお店で食事をゴチになることがあるが、その時に出る味噌汁でもここまで自分の舌にあったものは無い。
半世紀以上生きてきて一番美味しい味噌汁の味だった。

まさか「創業以来味噌を継ぎ足し継ぎ足しして、大地震や洪水の時も豚丼のタレと一緒に味噌汁の鍋を持って逃げた」なんて事は無いだろうな。

腹も一杯になったし、さっさと家に帰らねばならない。
一応お土産用の豚丼も入手する家族思いの父(なのか?)。
a0015198_17002421.jpg
店を出たときには店前に数名の行列が出来ていて、そこを通りかかった小学生グループが
「さすが豚丼の元祖、ぱんちょう!」と半ば馬鹿にするような感じで話していたのが印象的だった。
きっと地元民はそんなに食べに行かないんだろうね。

夕方前までには家に居て何事も無かったような顔をするのが一人旅における暗黙のルールなので、昼をちょっと過ぎた時点で帰り支度を始める。
a0015198_17002778.jpg
高速に乗る前に六花亭に寄ってサクサクパイを入手。
帯広でサクサクパイを購入出来る六花亭は2店舗のみなので注意が必要だ。
賞味期限3時間と言われるサクサクパイを自宅にお土産として持ち帰る算段だが、今では札幌本店でもこのサクサクパイを入手出来るのでお土産にも何にもならないし、大体が自分が帯広に行ってることなど家族の誰も知らないことなのでそれは果たしてどうなのかといった疑問も無いわけではないのだが、それでも買って帰るこの奥ゆかしさだけでも判って頂きたいのだが、そんな目論見も見事に裏切られ、持ち帰ったサクサクパイ計3本のうち1本は自分の夕食に、残り2本は朝食に供され、それも朝食の際は「賞味期限3時間」を大幅に延長してしまったためにサクサクでも何でも無い単なるパイのクリーム詰め菓子と化していた。
負けるな自分!。

あとは来た道をひたすら帰るだけだが、一般道の橋の途中で訳の判らない渋滞が発生していた理由がこれ。
a0015198_17002742.jpg
パトカーの前方に見える車がどうやら単独事故っぽいのだが、何故こんな橋の真ん中で単独事故?と思う光景でクソ迷惑以外の何ものでも無いが、話のネタにと車中からデジイチをブラインドで撮影している自分、スマホをいじってるわけじゃ無いから問題ないでしょって言い訳はもしかしたら成り立たないかも知れない。

無事高速に乗り込み良い感じで車を走らせようと思った次の瞬間、一気にスローダウンを強いられる。
前方には災害復旧に向かう(と思われる)自衛隊車両の列。
これが制限速度マイナス10%位の速度で高速を走行されるもんだから、後続がものの見事に数珠つなぎ。
道東自動車道に渋滞が発生するなんてなかなか見られない光景かも知れないが笑い事では無い。
追い越しゾーンに差し掛かるとすかさず車両をパスしこれで一安心と思った矢先にまた自衛隊車両。
デジャブか?と思いながら渋滞追い越しを繰り返し占冠インターチェンジまで強制的に都度安全運転を強いられる。
いや、精神的には全然安全運転なんかじゃなくて、逆に危険運転に近いくらいのイライラ度。

諸般の都合で一旦占冠インターで降りるのだが、そこでも皆考える事は同じのようでインターチェンジから一般道までプチ渋滞。
Uターンは一般道に出てからね、とばかりに料金所から一般道までの道の中央にはコーンが並べられていた。

自衛隊車両はここから先一般道を走行していくようだが、他の一般車はこっそりUターンして再度占冠インターチェンジから高速へ乗り込む。
こうしてあとはいつものペースで帰宅。
土産に買ったワインは台所の舌にコッソリ格納して、いつか「これ飲んで良いの?」と言われたときに「どうぞどうぞ」と差し出す予定だ。

今回も驚異的な低燃費走行となり、過去最高の13.6km/L(満タン法)を記録した。
段々当たりがついてきた感もある我が愛車、さてさて雪が降るまでの数ヶ月まだまだ走りますよ〜。


道東災害復興支援事業なんて大義名分の元に単にドライブしてるだけじゃねーかと思われた貴兄、そこは触れないで頂ければ幸いです。
個人的にはあくまで災害復興支援事業の一環と位置づけているのです。
非力ではありますが、これで経済の一部でも活性化されれば私の使命は達せられたと思うわけであります。

そして今回の最大のヒットはぱんちょうの味噌汁がことのほか旨かったってことであります。
皆様の味覚と自分の味覚が同じかどうかは判りませんが、ぱんちょう駅前店にお立ち寄りの際は是非お味噌汁もご注文頂きその味をお確かめ頂ければ幸いであります。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-09-21 11:22 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by kitanoeos at 2016-09-21 22:40
ご無沙汰しております。
道東復興支援ありがとうございました。
実はあそこの豚丼、地元にいながら行ったことがありません(;'∀')
味音痴なので何を食べても違いがわかないわけで、
ソラチ豚丼のたれが私にピッタリかと思っています。
今回の台風災害ですが、仕事柄いろんな写真を見る機会があるのですが
想像以上に被害が大きいです。もとに戻るのは数年かかるのではないでしょうか。
国の偉い方々もいらして程度の大きさが伺われましたが、
北のはて北海道、全国ニューストップが豊洲市場に数日で奪われてしまったのはさみしい限りです。
次回こちらにいらした際はお声をおかけください。
柳月のミミ行列ほぼ毎日なので、「並べ!」と指示していただければ喜んで並ばせて頂きます(笑)


Commented by siro-chameleon at 2016-09-22 12:21
こんにちは。

いつもおいしそうな料理羨ましいです!
私は最近おなかが出てきたので豆腐ばかり食べています(涙)

復興のためとはいえ渋滞災難でしたね。
私も昨日見事にやられました。いつもACCで乗り切っていますが未だにほんとに全車を感知して停まってくれるのか心配です(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-09-22 15:25
kitanoeosさん
ご無沙汰しております。
台風被害は甚大ですね。
日勝峠はいつ開通するか目処が立つのか?と思うほどです。
少しばかりですが、税収の足しになる様なことのお手伝いをさせていただきました。
いつか三方六耳オフをやりたいですね(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-09-22 15:31
siro-chameleon さん
豆腐、自分も好きで家族らが旅行に出かけた時など、アレンジ冷奴と称して一丁食べてしまうことがあります。
沢山食べてもあまり罪悪感がないのが良いですよね。
渋滞なんて書くと内地の人に怒られそうですが、こちらの住人は1時間後には最低60km先に到達していることがデフォなので許してください(^_^;)。

ACC、便利そうですね。
自分のには未搭載なのでちょっと羨ましいです。
Commented by 関係者 at 2016-09-23 23:28 x
復興事業に貢献、お疲れ様でした。

とん田に、ぱんちょう、ぶたはげも食べたことがあります。
どの豚丼も、私には美味しかったんですよ

一日経った、さくさくパイ、食べてみたいです(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-09-24 19:22
関係者さん
微力ながら復興支援の貢献をさせて頂きました。
豚丼、コンプリートされてるんですね(笑)。
自分はあの行列で萎えました。
まだまだ修行が足りないようです。

サクサクしない元サクサクパイ、あれは涙の味が混じって塩っぽく感じました。


<< 隣町までプチドライブ      道東災害復興支援事業 その2 >>