2016年 08月 26日
雲の上は何時も晴れ 1
長年生きていると、仕事の関係でも何でも「なんでそうなるかなぁ」というような理不尽なことに遭遇するのは誰しものことで、一々それで体がおかしくなっては身が持たないと思いながらも、胃は心の映し鏡とばかりに過剰な胃酸の分泌や胃粘膜の減少でキリキリしたりするのは大方の共通意見だろう。

自分の仕事は請負業でありながら、その報酬は決して成功報酬ではなく、時にはいわゆる「薬石効なく」って事もあるわけで、てゆーか例えばある程度自分の不注意で水没してしまった中古車を新品に戻してくれ、でもお金はそんなに払えないからみたいな条件でお願いされたって、どうしようもない結果が待ち構えてるなって感じの雰囲気はこれまでの経験上ある程度想像の中にあるわけで、それでも委託されたからそれなりに必死に頑張って色々解決策を模索して頑張ってみるけど、それでもどうしようもなかった結果「なんだそれ?話が違うじゃないか」みたいなクレームを付けられたりして。
そういうのありません?
うち、しょっちゅう(苦笑)。

費用も成功報酬として受け取るのではなく、行った行為に対しての実際の経費を請求しているのであって、どうしてその辺のことが判らないかなぁとはらわた煮えくりかえりそうになりながら、やっぱり自分は商売人ってことで何処かで折り合いを付けようとしたり。
その結果強烈に胃が痛くなる(笑)。

ま、そんな事を考えて土砂降りの雨に打たれるような気分になったとしても、きっと雨を降らせている雲の上は見事なまでの晴れ間が広がっているんだと自分を慰めたり。

雲の上は何時も晴れなんだよね。

以上、仕事の愚痴(笑)。



1ヶ月の間にいくつもの台風が北の大地を襲うことは観測史上初らしく、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

そんな台風も自分が住む地域ではほとんど影響がなく(個人的にはそうでもないのだが)、雨が多いねぇ程度の日々だった。
テレビを見て川が氾濫している映像を見ても、何処か別の県で起きているような感じにしか感じられなかった。
北の大地、大きすぎる。


と言うわけで丁度自分の休みが台風の合間なのか何なのか判らないが、見事なまでの晴天という天気予報だったので、そう言えば今年はまだトマム雲海ツアーに行ってないなぁとふと思い出してしまい、その辺のリサーチを行ったところ休日前日にも綺麗な雲海が発生していて、その翌日の雲海発生確率が驚異の50%と普段なかなか見られない高確率だったのを見逃さなかった自分は、仕事の最中から完全に気分は雲海ツアーモードに切り替わっていた。
この位真剣に仕事をすれば上記の様な理不尽クレームも減ると思うのだが・・・。


雲海を見に行くってのはある種の博打的行為で、現地に行ったから見られるものではないってのはここを覗いている方ならある程度ご理解頂けると思うが(雲海発生確率30%)、雲海情報が出す確率も「雲海の量ではなく、あくまで雲海が発生する確率です」って事な訳で、その中にはほんのちょっぴり「空のごく一部に雲海出ました」みたいなのであってもそれは「発生した」って事になり、そんな雲海を見た時の心の落胆は計り知れない。

それでも雲海が出ればまだ良い方で、時に「空には雲一つない晴天」とか「視界5mの雲中(雲の中)」とかに遭遇すると、「この寝不足と必要経費をどうしてくれよう」と自分の行った行為を恨んだりする。

そんな低確率なこと辞めれば良いのにと思われる貴兄がいるかも知れないが、絵はがきで見たあの光景を一度で良いから自分の目で確かめてみたいという衝動は抑えきれないのだった。
それに幸か不幸かトマムは拙宅から日帰り圏内にあることも自分の行動を正当化する大きなポイントとなったのだ。

ただ「雲海を観に行く」為だけにトマムに行くような酔狂は誰にでもお勧め出来ない。
たかだか往復300kmちょっとの場所、それもほとんどが高速道路走行の場所だとしても、その時間帯がおかしすぎるからだ。


雲海発生ってのは日の出前後から始まり、朝の9時ころには消滅してしまう。

つまり雲海を見るためには日の出時刻前後にトマムにいなければならない。

この時期の日の出時刻は午前5時前後、この時間帯にトマム山頂にいるとなると自分の場合起床時間は午前2時、出発は午前2時30分。
早起きとか言ってるレベルではない。
この時間帯に起床するのは新聞配達員の人か、魚市場のセリ関係者位で、どちらかと言えば「この時間帯に眠りに就く」人の方が多いような時間帯。

その時間帯に起きて、かつ車の運転に支障がないレベルに前日の疲れが取れてるって事になるためにはどうしたら良いか、それは「誰よりも早く眠りに就く」以外に方法はない。
他はそのほとんどが非合法的薬剤摂取によって脳を一時的に活性化させるって事で、それを行ったら最後廃人まっしぐらが確約されていること位、薬を使う許可を得ている人間であれば誰しもが知っていること。


仕事が終わって帰宅出来るのが午後7時過ぎ、その10秒後には自宅にいられる環境、この時位自分に通勤時間がないことを有り難く思ったことはない。
直ぐさま夕食と入浴を済ませ、家族の誰よりも先にパジャマに着替えてそれじゃぁと片手を上げて挨拶しつつ即行床につく。

そしてどうにかこうにか4時間弱の睡眠(途中何度か目が覚めて緊張のために眠れなくなる)を確保。


誰にも気づかれないように夜中に家を出ようと思ったその瞬間、家人がトイレに起きる音が聞こえた。
自分の寝ている場所とトイレの距離2m。
心臓が破裂するかと思った(笑)。

気づかれないように階段をそっと降りるのだが、築16年の家の階段は所々鶯張りになってきており、床を踏みしめる度に「ギシッ」、極めて心臓に悪い(笑)。

自宅玄関から出るにはドアロック解除の電子音が出てしまい、これが思いの外に高周波でとても耳障り。
なので職場の玄関からコッソリと抜け出していざ出掛けようと玄関の鍵をかけたその瞬間、交差点の赤信号で止まってるパトカーを見てちょっとドキドキ。
夜中の2時過ぎにおっさんが民家じゃないような建物から出てきて、あの警察の人はどう思っただろうか?。


車に乗り込み、コンビニでサンドイッチとおにぎりと眠気防止ドリンクなどを購入し一気に高速へ。

高速ではクルコンをセットして定速走行、途中電光掲示板で見てはいけない文字を発見、車内がにわかに慌ただしくなる。


「工事のため千歳恵庭ジャンクションから夕張まで通行止め」

青天の霹靂!。
恵庭(えにわ)で降りるべきか、千歳まで行くべきか輪厚(わっつ)PAに車を駐めてマップルとにらめっこ。
駄菓子菓子、恵庭とか千歳とか夕張界隈の土地勘が全くないため全然判らない。
取り敢えず千歳インターまで行くことで仮決定。

夕張に行くのならR274を使うのだが、R36からR274までのルートがよく判らない。
車載のナビはVICSで通行止めを関知して別ルートを推奨してくるが、自分は車載ナビを100%信じていないために保険のために同時にグーグルマップを起動。

残念かなグーグルマップは通行止めを認知していないようで、千歳インターで降りても直ぐさま高速道路に乗せようと案内する。
車載ナビとグーグルマップでこの辺のせめぎ合いをすること20分ほど、どうにかこうにかナビ同士の意見が一致するようなルートの場所までたどり着くことが出来た。

あとは同様の境遇に立たされているトラック群を要所要所で抜き去り無事夕張インターまで到着。
ここでのタイムロスは恐らく30分ほど。
これは大きい痛手であった。

夕張から先は今までの遅れを取り戻すべく必死に右足に力を入れるものの、片側一車線しかない長いトンネルの多い区間のために前車をパスする場所が極めて限られてしまう。
暫くはトラックの排ガスを浴びながら走り、フレッシュエアーを吸うべく追い越し区間で華麗なるスルーを繰り返す。

途中の道では低層の雲が見え始める明るさとなり、雲海の予感を大きくさせることとなった。

トマムには予定より大幅に遅れて4時30分着。
駐車場にはそれなりの車が駐まっていた。

a0015198_10031110.jpg
前日に洗車したにもかかわらず、虫の残骸が車の前面に張り付いている。


つづく


夜間工事のために高速道路通行止めにはやられたなと思われた貴兄、まさにその通りでございます。
この日はこのロスがかなり痛手となったわけでございます。

道路交通情報も含め事前の準備はしっかりとでございます。


てことでこの先が気になる方は下のバナーをクリックして頂けますと引き続き頑張れそうな気がします。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-08-26 14:26 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by TAK at 2016-08-27 11:21 x
御自宅を脱出するまでがシュール過ぎです(^_^;

兵庫にも竹田城跡という絶景雲海ポイントがあるのですが、まだ訪問したことすらなかったりします。

やはりかなり天気の運に左右されるところで二の足を踏んでます(^-^;
Commented by コロすけ at 2016-08-27 19:20 x
貴殿の愚痴…(笑)心中お察し申し上げます。m(_ _)m

まぁ私共はもっと酷い事になってますョ(笑)
水は出て当たり前、トイレは流れて当たり前、道路は舗装が当たり前、電気は点いて当たり前、やればうるさいだの…やらずに壊れれば何やってるんだと…以降自粛(笑)
なかなかですョ(大笑)

でもね、代表殿、らじをを聞いていると、通行止めの情報は頂けますってか、次回からは、ネクスコのページも要確認っすね(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-08-27 19:31
TAKさん
夜中の行動って実は隠密なんですよね(笑)。
コッソリ行ってコッソリ帰ってくるってパターンばかりなんです。
やっぱやってることが尋常じゃないし博打だし。

兵庫の竹田城跡、あそこも凄いですよね。
天空の城ラピュタのモデルみたいな感じですよね。
自分だったら日帰り圏内であれば間違いなくチャレンジすると思います。
Commented by Wonderfullifewith at 2016-08-27 19:33
コロすけさん
社会のライフラインと関わっていますと、やはり「当たり前」って思われちゃってちょっと損ですよね。
「誰のお陰で雪降っても朝には道路が開通してると思ってるのよ」なんて小さな声で言えても大きな声じゃ言えないですもね。

ラジオ、ほとんど聞かないんでうっかり盲点でした。
次回からは要チェックで行きたいと思います。
でもほんと途方に暮れました(^◇^;)


<< 雲の上はいつも晴れ 2      ぶどうの木は時間に余裕を持って >>