2016年 08月 22日
ぶどうの木は時間に余裕を持って
自宅トイレののリフォームを行ったとき、唯一譲れなかったのが「便蓋自動開閉装置」。

便座の蓋くらい自分で開け閉めしろよと思う貴兄は多数いると思うが、基本的に自分と娘は必ずトイレの便座蓋は閉める主義。
ただ家の中で一人だけトイレの蓋を閉めない人がいるのだが、どうにもそれが許せなくて、でもそれを直接言うにはあまりに「小さい人間」と思われそうで(と言う以前に自他共に認める小さい人間なのだが)言えないので、「閉めないなら自動で閉まれトイレ蓋」(読み人知らず)とばかりに、見積もりでそれが未搭載のものよりも1万円高の自動便蓋開閉装置のものをオーダーした。


話は変わるが、強い猫は排泄の後に砂を掛けない。
ニオイが残ろうが敵がいないために特に関係ないからだ(と思う)。
よく見ていると弱い猫があとからトイレにやってきて露出している排泄物を隠すために必死に砂を掛けたりする。


で、メーカーの人も「そちら(高い方)を選びますか?」とやや怪訝な顔をしていたが、ここだけは譲れなかった。
そう、自分は家庭内の弱い猫(笑)。


無事リフォームも終わり、いざトイレのドアを開けた瞬間、もの凄い感動が自分の心を包み込んだ。
人感センサーで人の動きを感知して、それと同時に便蓋を自動で開けてくれるその姿は「いらっしゃいませご主人様」と歓迎されているような感動すら味わえる。
用を足した後、3分後に自動に蓋が閉まるようになっているし、勿論ボタンを押せば自動で蓋が閉まるようになっている。


これ、思った以上に嬉しい機能だから。
1万円高い以上の感動はあるから。
「そんな事くらい自分でやれよ」と思う貴兄の気持ちは痛いほど判るが、こんな所くらいでしか優越感に浸れない立場の人間としては付けて良かったと思う機能だ。

娘はその機能を初めて体験したとき、感動のあまりに
「ねぇ知ってる?蓋が自動で開くんだよ、チョー感動するわ〜」と用を足すのを忘れてわざわざ報告にやってきたほどなのだ。

ま、どうでも良い話だが、期待は裏切らないと思われるので、トイレのリフォームを考えてる人は参考にして頂きたい。
ちなみにうちのはパナホームの製品だ。




さてポケモンゲットだぜの為だけに美瑛まで足を運ばされたので、せめて何かして頂こうってことでランチタイム。

勿論先方の奢りなのは言うまでも無い、というか財布の中にはスーパーの商品券1枚と映画の無料鑑賞券しか入ってないからして、自腹で食事をする事はほぼ不可能な状態なのだが、はたしてお出掛けする際に財布にほとんど現金が無い(小銭170円)状況ってのもどうかと思うのだが、無いものは無いと開き直る勇気も時には必要だと思っているので、あまり小さな事は気にしないで進むことにする。


着いた場所は口コミサイトRettyで出て来たお店ってのが、ポケモンゲット以外の予定が全くない行き当たりばったり感満載なのが先方さんの良い所でありどうしたものかと思ってしまう辺りで、これって世に言う「性格の不一致」とか「価値観の違い」って事に繋がるような気がしないでも無いけど、よくよく考えて万が一にも先方さんが自分と同じような性格だったらと思うと恐らくは一瞬たりとも一緒には居られないだろうなと冷静になって思うが、それって自分が如何にどうしようもない人間であると自覚している辺りは「ちゃんと自分を理解している」って事で誰か褒めて下さい。

もしかしたら性格が不一致じゃなければ赤の他人が同じ屋根の下には暮らせないのかも知れない。


で、Rettyで検索したお店ってのが美瑛の畑の真ん中でネットもまともに繋がらないような場所にある「ぶどうの木」なるお店。
先方はスマホである程度の情報を入手しているが、こちらは一切の情報がないままにナビの地図情報だけで車を走らせるが、はたしてこんな片田舎のド辺鄙なところにレストランなんてあるのかしらんと思ってたら、目的地に到着しました的に現れたところは普通の民家。
a0015198_18072483.jpg
普通の民家ではあまり使われないであろう外装色が目を引くが、作りは30年前は新築って感じの普通の民家。
駐車場も5台駐められれば一杯って感じで、自分は「そこに駐めるの?」って様な狭い場所に無理矢理車を押し込めてみた結果、車から出るのに一苦労するというオプションまで付いてしまった。

a0015198_20271746.jpg
薪小屋までギリギリの所に無理矢理押し込まれた愛車、駐車場で肩身が狭いのはオーナーと同じって所だろうか。

店内はこれはもう完全に民家のリビングって感じで、そこにテーブルが5卓ほど置かれているのだが、それだって普通の家の食卓テーブル風のもの。
椅子も4脚全部同じってわけじゃなくて、いくつかは違うものが置かれていて、それはオーナーの敢えての狙いなのかそれとも予算の都合なのかは最後まで不明だったが、その辺が如何にも「民家を改造してレストランをやってます」感が出て良いのかも知れない。

客は自分等以外に3組ほど来ていて、昼時なのでそれなりに盛況って感じ。
我々はそれぞれ別メニューを頼んだのだが、最初の料理が出て来るまでにやや暫くの時間が経過した。
手持ち無沙汰だったので何気なくグーグルを見たら「ここの店は時間に余裕を持っていきましょう」って書かれていたが、それがまさにこの事だったのかと思い知らされることになった。

サクッとお腹を膨らませて次の観光地に良く予定がある人は、この店は立ち寄らない方が良いとも書いてあった。

なぜそのような事が起きるのか店内をくまなく見るまでもなく直ぐに理由が判ってしまうのが民家を改造したレストランの良いところで、つまりは「シェフ一人、接客係一人」と、良く言えば「少数精鋭体制」、別の言い方をすれば「スタッフが足りてないだろ体制」で切り盛りしているためにどうしても料理の配膳が遅くなってしまう。

それも店側は判っているのか、ある程度料理のサービスがあったのはプラスポイントだったりする。

a0015198_20273342.jpg
鳥肉とフォアグラの寄せ固め、蕪と大根の上に的な前菜。
美味だが、下の大根はもう少し薄くても良かったかも知れない。
シェフの目論見としては「美瑛の野菜の旨さを堪能して欲しい」があったのかも知れないが、味覚が庶民の自分にはそれはあまり通じなくて「大根が厚くてちょっと硬いかな?」的感想だった。

a0015198_20273331.jpg
セットを頼んだ先方さんにはこの様な美しい盛りつけのサラダが供された。
美瑛の野菜てんこ盛りで、ドレッシングにはバルサミコ酢とオリーブオイルが使われている雰囲気があって、でもオリーブオイルの香りはもう少し主張しても良いかな?と思ったり(あくまで個人の感想です)。

セットにはカボチャとジャガイモの冷製スープも付いていたが、自分は単品オーダーだったのでそのような物は付かないはずだったが、店側のサービスで自分にもデミカップサイズで同じものが供された。
a0015198_20273350.jpg
自分には丁度良いサイズで、冷製スープが好物の自分としてはとても嬉しいサービスだった。
料理のサーブに時間が掛かるのもちょっとガマン出来る瞬間であった。
と同時に自分はなんて単純な人間なんだろうと思う瞬間でもあった

いよいよメインディッシュ登場。
つい先日もうっかり300gのポークチャップを頼んで他の家族に2/3を食べてもらったばかりなのに、自分が選んだのはまたもや豚肉。
その名も「び・豚(ビトン)ステーキ」。
これにライスかパンが付く単品もの。
学習能力の欠如が如実に露呈した瞬間と言われても弁解のしようがないような料理のオーダー。
だが自分は先方に「また豚肉だね」と言われるまで気づかなかったのがせめてもの救い(なのか?)。

a0015198_20273339.jpg
び・豚の周りを飾るのは恐らくは美瑛で収穫された野菜の数々。
「お好みでレモンを掛けてお召し上がり下さい」と言われたが、そんな事はすっかり忘れてあっという間に完食。
お皿には仕事を失ったレモンだけが残ってしまった。

先方さんはチーズ入りオムライス、デミグラスソース添え。
a0015198_20273325.jpg
トロトロオムライスの中にはビヨーンと伸びるチーズがタップリ。
一口だけ頂いたがなかなか美味なオムライスであった。
見た目に味が濃いかなと思ったが、そんな事は無く最後までスッキリ頂ける味付け。

デザートはこちらだが、接客係は自分がセットを、先方さんが単品料理を頼んだと勘違いしたのか、こちらにパンが付いたものを置いていった。
a0015198_20273394.jpg
というか自分にはこれは本来サーブされるものでは無いと思うのだが、これも店側のサービスのようだったので有り難く頂戴した。
美味しいムースであった。


料理が供されるまでの時間が通常のお店よりも長めで、昼食に2時間くらいの時間が取れる人しか行けないお店だが、もし「ここに食事に行く」を目的に行かれるのであれば、この店はありだと思う。

断っておくが「ランチタイムは30分以内」のスケジュールの時には決して立ち寄ってはいけない。
そのことをしっかり理解して頂いて出向いて頂きたい。


この後に青い池と向かうわけだが、青い池から出てフラノマルシェに立ち寄りお土産とソフトクリームを査収(自分はお金が無かったのでソフト購入不可)。
a0015198_20253077.jpg
一口頂いたが、ベリーがポロッと落ちて短パンを汚したのはちょっとだけショックだった。


さすがにこの時期になると気温も穏やかになり、夕方4時にはこの通り。
a0015198_18055458.jpg
北の大地ならこの位で充分ね。
この時間で26.7℃なら許してやろうって気もする。


おいおい、ずいぶん呑気なランチじゃねーかと思われた貴兄、まさにその通りでございます。
急いでいる方には絶対にオススメ出来ないお店であります。
時間に余裕のある方だけ、もしくは食事の間にずっとお話ししながらその場を盛り上げられる方だけが行ける店ですので、その辺ご理解頂ければと思います。
自分も奢りだから最後までガマンしましたが、流石にお会計の時にはさっさと店から出ましたから(笑)。
てことで、そのようなお時間に余裕のある方は下のバナーをポチッとして頂き、こちらのお店でゆっくりととしたランチをご堪能頂ければと思います。
ちなみにお値段は極めてリーズナブルでございます。

てことでゴチになりますクリ〜ック!
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-08-22 00:00 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by pedi5 at 2016-08-22 11:44
電動便座、大小を判断できるのですか?まあ、最近の男子は汚れないように気を遣って小でもお座りで用を足すようですから、そこまでいければ立派なマスオさんですね。

ポケGOは奥様と一緒に楽しまれることをおすすめします。きっと会話も弾むようになりますよ(^^)その節は最初にピカチュウゲットの技を伝授しましょう。ってネットで出ていますね。
Commented by Wonderfullifewith at 2016-08-22 12:52
pedi5さん
大小の区別はしてくれないですね。
蓋が開くだけです。便座はボタンを押せば上がってくれますが、自分も結構トイレ掃除をするので今はお座りし気になりました(^_^;)。
マスオさん以下の生活ですが(^_^;)

自分、ゲームをやるとサルの何とかみたいになって止められなくなるので、手を出さないようにしています。
これ以上仲良くなったら、家族が増えてしまうじゃないですか(爆)。
Commented by hiro at 2016-08-23 12:07 x
ちぃっちゃ!(大笑

フォアグラとか何か庶民には食したことない食材ばかりと、またまたセレブで呑気なランチじゃあぁ~りませんか!?(羨
おまけに専用駐車場まで確保するなんて・・

最近はメインデッシュが冷奴ですけど・・(笑

此方も少し涼しくなってきましたよ~ って、囁いてみる(笑
Commented by Wonderfullifewith at 2016-08-23 15:52
hiroさん
暢気なランチで最後の方は疲れてしまいました(^◇^;)。

メインディッシュが冷や奴って、自分も一人の食事の時は良くやります。
絹ごし豆腐にネギとかショウガとかを乗せてめんつゆを垂らしてパクパクしてます。
豆腐を食べてるとなぜだか幸せになるんですよねぇ。

そちらも涼しくなってきましたか?
兄貴、行くのかなぁ(笑)。
ちなみにT氏は夏の内地で諸々やられまくったしたようですね(大笑)。
北の人間が夏の内地に行くのは、太陽に向かって飛んでいくイカロス様なものだと再確認しました。間違いなく死にます(^◇^;)
Commented by たくみちゃん at 2016-08-26 07:49 x
自動開閉装置搭載!

憧れてました。
トイレリフォーム時に、候補としてウキウキしながらプレゼン失敗(笑)
トイレ2ヶ所同時だったのが敗因でしたね。

ランチでフォアグラ
食べてみたいな~
Commented by Wonderfullifewith at 2016-08-26 08:56
たくみちゃんさん
貴殿としたことが、プレゼンを失敗するとは!。
やはりそこには「実際使用されている方の生の声」を盛り込むべきでしたね。
娘のあの時の感動顔は今でも忘れられません(笑)。

「貴女はお子さんの笑顔を見たくありませんか?」の一言を添えればかなり強かったと思います。


ランチでフォアグラ、どこにあるんだ?ってレベルで素材に×味の素クラスの量でした。


<< 雲の上は何時も晴れ 1      言ってとくけど美瑛って決して近... >>