2016年 08月 05日
美瑛ランチドライブ
美瑛(びえい)、富良野(ふらの)から30分位北に走った場所にある丘が綺麗な街。

今までTVCMで使われたり映画のロケ地に使われた経験のある街。
とにかく季節があえば感動間違い無しの風景がそこに広がる街、それが美瑛。

てな訳でも何でもないが、「ラベンダーを観に行こうツアー」を勝手に計画立案されてしまった手前行かざるを得なくなったのだが、残念ながら富良野のラベンダーの旬は7月中旬から下旬にかけてで、8月になると花の季節も終わってしまい後は香料採取のために刈り込みなどが行われる季節となる。

一応その辺を提案したが、そんな事に耳を傾ける相手ではないので代替案をひっさげて出掛けることとなった。

ここ数日北の大地の一部地域に於いて何だか訳の判らない異常気象に見舞われ、災害情報がテレビのテロップに流れるようなことになっていたが、我々が住む地域に於いてはそのような事も一切起きず、北の大地的に「暑い」日々が続いていたが、その温度を提示すると内地の方からは「そんなの全然熱くない!」と一蹴されるので大きな文字では書かないけど29度。

ほら「なんだ大したことないじゃん」と思う内地の猛者の方には申し訳ないが、普段なら湿気がなくてカラッとしてるから29度でも過ごしやすいんだけどなぜだかムシムシしていて衣服が体にまとわりつくような感じに襲われる29度。

え?そんなのいつもだって?。
でもこっちはそれの経験があまりないからとても辛いの。


話戻って、
美瑛方面もどうやらその災害に見舞われた地域があるようで、そうなれば花畑の花にもそれなりの損害が及んでいるだろうなぁと想像に難しくなかったのだが、行くって言ってるものをせき止める力は自分には無いため車を走らせる。


今回の代替案は「美瑛のレストランでランチ」
以前飛び込みで行ったら「ご予約は?」の一言で玉砕したレストランだったので、今回は予約を入れて行こう!って事になったのだが、仕事に追われてスッカリそんな事を忘れてしまって、前日になって漸く思い出しHPで詳細を確認したところ「本日定休」_| ̄|○。

当日に予約をしてどうにかなるだろうかとも思ったが、平日だし何とかなると根拠のない強気の気持ちを崩さずに、それでも携帯が圏外を抜けた富良野市島ノ下(しまのした)から電話をしたところ40分後の時間帯なら席の空きがあると言われる。

結構ギリギリじゃんと思いながらも、これを逃すと何かと不都合が生じそうだったので先を急ぐことにするが、ここまで来てラベンダー畑を無視する訳にもいかないので酷道から一本横道を走り車内からサクッとラベンダー鑑賞を行うこととした。

結果やはり8月に入ってからのラベンダーは色褪せてきて残念な事になっていた。

富良野と美瑛は隣町だがそれなりの距離があるので呑気に走ってるわけにはいかない。
途中「外国の方が運転しています」のステッカーを貼り付けたレンタカーを静かにパスして先を急ぐ。


お店に到着したのは予定の4分前。
遅刻すると店側に迷惑が掛かるので時間厳守は基本だ。


店に通されると窓際の角に通されたが、その時点では言うほど混雑はしていなかった。
その時間はまだ昼にちょっと早い時間だったので、きっと昼からドンドン客が入ってくるのだろう。

料理は単品もあったが、初めてだったのでコース料理をオーダー。
はたしてそれが正解だったかは判らないが、個人的には正解だと思って止まない。

コースなのに「お飲み物は何になさいますか?」と聞かれ、うっかりオーダーしてしまう。
ドリンク類は原価率が低いので店の利益になりやすいので、ここは1つお店のために一肌脱いで頼むことにした。
a0015198_20352174.jpg
夏っぽい雰囲気の店内だが、やや冷房が効きすぎて半袖では少し寒さすら感じる環境。でも外気温は29度だけどね。


a0015198_20340117.jpg
パンの上にトマトがのせられた前菜、パンコントマテ。
何だか良く判らないが手で摘まんで一口。
パンも旨いがやはりトマトが旨い。
やはり地域的に野菜の旨さが引き立っている。
店側もそれを売りにしているのだが、そのことがこの先凄い事になるとは思いも寄らなかった。
a0015198_20340941.jpg
圧巻だったのがこの野菜のサラダ。
20種類の野菜を使ったサラダで、お皿の下にドレッシングが2種類添えられていて、ドレッシングと混ぜて食べるよう指示される。
言われたとおりにドレッシングを混ぜて野菜を食べていたらそこに再び店員がやってきて一言

「ぐっちゃぐちゃに混ぜてお召し上がり下さい」

「よく混ぜて」ではなく「ぐっちゃぐちゃに混ぜて」としなければならないようだ。
言われたとおりに野菜全てをぐっちゃぐちゃに混ぜて頂く。
すると写真て前左の黄色い物体、これがレモンなのだがそれがものの見事にスッキリ感を醸し出してくれて非常に美味なサラダに変身。

美瑛野菜、侮れない。

a0015198_20353930.jpg
じゃがいものピューレなる一品。
泡のスープの下にマッシュポテトが沈んでいて、それをスープと混ぜ込んで頂くのだが、大変上品な味で満足している横で一言「離乳食(笑)」
いやまぁそうかも知れないけど、この様なレストランで出る言葉ではなかろうと思った。
店のチョイスを間違えたか?と思い始めた瞬間だった。


それとほぼ同時に出て来たのがパンなのだが、紹介されたときに「ジャガイモのパンです」と言われてその容姿を思わず二度見。
a0015198_20343524.jpg
確かにジャガイモパンだけど、ジャガイモゴロゴロだわ。
芋って結構お腹にグッと来るんで苦手意識を持っていたが、これはそれほどの重さを感じずに食べることが出来た。

a0015198_20342402.jpg
ここで3600円のコースに用意されるブロッコリー。
ソースもブロッコリーで作られているのだが、全く青臭さがなくビックリ。
茎まで美味しく頂いたが、ブロッコリー以上にびっくりだったのがこのトマト。
熱を加えているのだがそれはもうグルタミン酸全開で「ダシが利いてる」ってレベルに旨みがぎっしり詰まったトマトだった。
熱を加えたことでより一層旨み成分が引き出されているのだろう。


a0015198_20345085.jpg
次なるお皿、自分にはこの様な豚肉の焼いたもの(グリエ)が出されたのだが、お皿に対してずいぶんと盛り方が変位していておかしいなぁと思っていた。
手前側がガッツリ空いている。
こんな盛りつけってどうなんだろう?今の流行りなのだろうかと思っていたら、程なくしてルクルーゼの鍋に入れられたタマネギのブイヨン煮が出て来た。
これを当方で盛りつけて完成となるようだ。
作業の一端を担ってしまったが、これに関しての人件費の絡みがどう価格に反映するのかは経営者に訊いてみなければ判らない。


完成形がこちら。
a0015198_20354829.jpg
トロトロになったタマネギはビックリする位の甘みが出て、甘みは其処まで要らないだろうって感じる位であった。
ブイヨンも飲んでみたが、喉の奥に残る位の甘さ。
美瑛タマネギ、凄い。
こいつ一人で勝負に出られると思った。
肉の脂身も大変美味しく、個人的には大満足。

a0015198_20355295.jpg
豚モモ肉のジャンボン。
ハムのようなものだろうか。
左上のソースはタルタルの様な感じ。
これにも先ほどのタマネギを添えてって感じで完成形。
上品な感じで肉スキーな人には少し物足りなさを感じる絵柄だ(と思う)が、食べればそれなりの量がある。

a0015198_17024332.jpg
ミニトマトとフルーツのコンポートと題したデザート。
サッパリした口触りでソースには茄子が入っているらしいが、茄子の味は全く感じられなかった。
色味だけの登場なのだろうか、それとも何某かの効果が茄子にはあるのだろうか。
その辺のことが全然わからない味音痴。
ただ大きなお皿の縁にさりげなく振りまかれている黒いものはチョコレートパウダーだったと思う。


a0015198_20360107.jpg
コーヒーと黒豆入りのチョコ、自家製マシュマロ。
自家製マシュマロは長いヘビ状のものがガラス容器に入れられて、それをテーブルでこのサイズに鋏で切り落としてくれる。
マシュマロの自家製って、大体がマシュマロを食べる習慣がほとんどないオッサンだからして、それが旨いものなのかそうじゃないものなのかの判断が出来ない。
「そんなヤツはこんな店に来るな!」と言われそうだが、行ってしまったものは仕方がない。

a0015198_17241570.jpg
個人的には大満足して店を後にしたのだが、同伴者的には「野菜がメインだった(肉をもっと食いたかった)」というのが偽らざる感想のようでいつまで経っても相容れない。
だからぁ野菜メインのお店だし、と唇まで出そうになった言葉を押し殺しレストランを後にした。
野菜嫌いが克服出来るレベルの味の店なのに、残念ながら肉スキーにはあまり受け入れられなかった。
きっと本人的には「星、一つ半です!」って所かも知れない。

a0015198_17144589.jpg
さ、気を取り直して暑い空の下に飛び出しますか(29度だけどね)。


そこの店ってのはミシュランガイドにも出てるモリエールとかマッカリーナと姉妹店で「レストランアスペルジュ」なんだろって所までご存じの貴兄、まさにその通りでございます。
肉をガッツリ頂きたい方にはややオススメしにくいですが、野菜の美味しさは保証出来ますので、ベジタリアン気味な方には大満足して頂けるお店だと思います。
くれぐれもサラダはぐっちゃぐちゃに混ぜて頂いて下さい(笑)。

てことでフレンチクリ〜ック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-08-05 20:00 | くるまのこと | Comments(3)
Commented by コロすけ at 2016-08-06 07:35 x
ぁ~あ…やっぱりかぁ~~今朝ほど通勤時にライバルを御見受けして玄関を壊そうかと思いました(笑)
あの方…松阪食べて、他に色々ちょっかいを出しているので私の所にはなかなか…

でも、何だろう、野菜が…とか、肉が食べたかったとか…小さいとか、早いとか…言われれてみたい。。。(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-08-06 09:04
コロすけさん
今朝ですか。
かなり早めの散歩に出掛けたようなので、それを目撃されたんですね。
拉致って頂いて結構です(笑)。

あの方、松坂牛や関係各所へのお参りがお忙しそうですよね。
「こっちの相手もしないと県ごとなかったものにするぞ!」と脅し、もといご忠告申し上げるのも良いかと(国家整備かよ、笑)。

小さいとか、早いとか言われると、それはそれで凹むので、そのようなことを言わないお相手を・・・、何だろう、心に風が吹いたような(笑)
Commented at 2016-08-07 19:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< トリックアート美術館      好成績 >>