2016年 07月 22日
7月は富良野
北の大地の7月と言えば、富良野である。

「積丹のうにだって7月だろ」とか「トマムの雲海だって7月だろ」とかのご意見もあるが、それらには耳をくれずに7月それも中旬から下旬にかけては誰が何と言おうと富良野なのである。

てことで富良野に行くのである。
が、富良野は拙宅から約2時間の距離にあるため、フラッと出掛けられる距離ではない。
そう、北の大地の場合普通に1時間で60km走れてしまうから2時間と言う事はすなわち120km。
渋滞も何も無いから別に疲れるわけじゃないけど、ほとんど止まらずに2時間走り続けるとちょっと疲れるお年頃になってしまう。


でも行くしかないでしょと思い立ってしまった自分は、休日の内職終了後に出掛けることを計画したのであった。

早朝から自宅前で愛車の洗車を行い準備万端整える。
3時間の内職ではうら若いニョシ相手にトーク炸裂、やややらかしてしまった感満載で1日のペース配分的にもう少しセーブして仕事をすれば良かったかと一瞬だけ反省するが、お金を頂いている手前キッチリ仕事をしなければ後悔してしまうと思ったかどうかは良く判らないけど、内職が終わった時にはかなり身体的肉体的にボロボロ状態。

ボロボロになったのは単に年のせいかもしれないが、そこは「頑張ったから」と思い込むことにして職場を離れ車を走らせる。


途中のコンビニでタマゴサンドとカフェラテを購入し、にしてもセブンイレブンのタマゴサンドは何故あんなにタマゴの量が多いんだ?と嬉しい悲鳴を上げつつ、それでもこぼして服に付けちゃうと恥ずかしいのでしっかりと食べ終わってから運転再開。

いつもならこの辺で測定をやってるのにと思う場所で今日はそのような事はなく、我々は常に傍観者でありたい精神は無事遂行された、と言うかちゃんと法定速度プラス誤差範囲内で走行してるけどね(誤差範囲内ってどの位だ?と言うツッコミは聞こえないことにするが、あくまで一般的な誤差範囲内と理解して頂ければ幸い)。


三笠(みかさ)から富良野(ふらの)に抜ける道は信号もほとんどなく、時折携帯が圏外になるレベルの山道で気持ち良いドライブが楽しめる。

R38に入るところで、通常は右折して富良野市街へ進むのだが、そこを敢えての左折。
左手にゴルフ場が見えてもう少し進んだところで右折。
あとはまた山道を走っていくといつの間にか富良野の市街地を抜けて裏道からファーム富田に到着。

この日は道路はそれほど混雑していないが、7月の下旬の日曜日は富良野の入り口からファーム富田のある中富良野(なかふらの)まで大渋滞が始まる怖い道。
決して近寄りたくはない道となる。
渋滞を知らない道民にとってある意味、酷道。

裏道を走っていくとファーム富田の手前に町営のラベンダー園がある。
ここにはリフトに乗って山の頂上からもラベンダーを観賞出来るが、この日は疲労が溜まっていたのでリフトはパス。
a0015198_09503065.jpg
写真では見え難いが紫のラベンダーの上に「ふらの」の文字が見て取れる。
サクッと写真を撮ってラベンダー園を後にする。
滞在時間3分位なんて凄く贅沢だよねぇ。


ファーム富田はここから目と鼻の先だ。

ファーム富田に到着するも、当然の如く舗装された駐車場は満車。
グラベルの臨時駐車場に車を駐めてくテク歩くこと数分。
絵はがきで有名な丘に到着。

何はなくとも先ずはラベンダーソフトを入手。
金300円也。
観光客のほとんどが大陸方面となんでやねん方面の方なので、自分も注文するときには訛らないように頭の中で「コーン1つ」と繰り返していた。
だって、前の人がオーダー表に書いてある英語表記の「WaffleCone」って言うから、自分も少し英語訛りで「ワッフルコーン」って言いそうになったのが判ったんだもんっ。
いや別にワッフルコーンって言っても良いんだろうけど、カタカナでは「コーン」としか書いてないのにわざわざワッフルコーンって言うのもおかしな話だしさ。
a0015198_09501314.jpg
今年も異常なしだが、例年よりも香料が若干少ないような気がしないでもないが、例年なら午前中に富良野に到着するのがこの日は午後3時前に到着していることも影響しているのだろうか。
そういや10年位前は午前5時とかに富良野に到着してラベンダーを見てたこともあったっけと感慨深げになるが、それも今となっては良い思い出だ。
早朝に出掛けて娘の朝食時間の8時には何事もなかったように家にいるなんて離れ業をやってたからね。

a0015198_09515370.jpg
色々な角度で写真を撮ってみるが、センスがないのでどれも似たり寄ったりの写真ばかり。
a0015198_09522492.jpg
この辺に写ってる人の大半、と言うかほとんど全部は日本語を母国語にしていない人。
自撮り棒を駆使して肩寄せ合って写真を撮ってるので直ぐに判る。
日本人はあそこまで露骨に体をくっつけることはない。

a0015198_09512422.jpg
定番の場所、ここが記念撮影ポイントとなる。
麦のほわほわ感が何とも言えず良いねぇ。

丘の方面から平地に場所を移してみる。
a0015198_09504534.jpg
やはりいるのは大陸方面の人ばかり。
爆買いは落ち着いたようだが、この国の人達のお陰でこの辺の経済が回ってると思わざるを得ない瞬間だ。
多少の大声には目を瞑る、いや耳を塞ぐことにしよう。

a0015198_09512496.jpg

一本一本を見てもそれほど綺麗な花には見えないけど、群れをなすと凄い事になるんだからラベンダーは良い方向を見つけたものだと思う。
その辺で言えば今のアイドルと一緒かね。
80年代のアイドルは大体ピンで頑張ってたのに、今ピンで頑張ってるアイドルっていないよなぁ。
つまり今はラベンダー系?


そんな中、凄い人を発見。
撮影中にたまたま映り込んだのだが、この真夏の盆地の地でゴスロリ系のニョシ。
もしかしたら異国の方かも知れない。
a0015198_09505079.jpg
暑くないのだろうか?と心配するが、この日はこの位の帽子を被っていた方が良い位のお天気。
もう少し明るめのスカートの方が良さそうな気もするが、その辺は個人の好みだからファッションセンス皆無のおっさんがとやかく言う筋合いのものでもないか。


a0015198_09504847.jpg

a0015198_09501835.jpg
ジリジリとした暑さに耐えながら園内をグルグル回っていたが、そろそろ色々な疲れが出て来てギブとなってしまったため、泣く泣く現地を撤収することにした。

現地滞在時間1時間。
何という贅沢なラベンダー鑑賞なんだ。
これぞ地元民の強みだな。

a0015198_11382587.jpg
富良野駅近くの富良野マルシェに立ち寄り、オニオンドレッシングとトマトケチャップを入手。
ここでも結構な人だかりでやはり夏の富良野は活気があって良いなぁ。

a0015198_09505509.jpg
この日の気温28.5度。道民にとってはかなり厳しい気温だが、幸いなことに吹く風がカラッとしているのであまり汗はかかない。
だが油断しているとうっかり熱中症になるので、汗が出ていないと思っても予防的にドンドン水分を取らないと危険だ。
この日もスポーツドリンクと緑茶で水分補給を充分に行って行動していた。

また7月末には富良野へそ祭りも開催されるようなので、お時間がある方は是非!


富良野、良いねぇと思われた貴兄、この時期の富良野は最高であります。
今年は天気にも恵まれているので花も綺麗に咲き乱れています。
ちょっと早めの夏休みを取得して是非この北の大地に足をお運び頂き、冷え切った北の経済の活性化に一役買って頂ければ大変有り難く存じますので、高橋はるみ北海道知事に成り代わりまして皆様にあつくお願い申し上げます。

てことで
フラノミクスクリーックm(__)m

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-07-22 15:34 | くるまのこと | Comments(8)
Commented by コロすけ at 2016-07-23 07:28 x
日曜、昼からの為の現地調査ですか?(笑)
呑気にしていると、火の粉が降りかかるかもしれませんよ(大笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2016-07-23 08:54
コロすけさん
富良野は最高です。
是非この景色を生で見て頂きたいと思ってます。
積丹から富良野、そして千歳の豪快ドライブ、素敵だと思います(笑)。
Commented by TAK at 2016-07-23 09:58 x

おはようございます。

富良野、いいですよね。
来月家族サービスで北海道突撃するんですが、まだ富良野はラベンダー残っていますかねぇ??
(8月にはもう終わっていたような気がしていて)

あと、宗谷岬へも突撃(一応旭川から)しようかと思っているのですが、阿呆でしょうか?(爆
Commented by Wonderfullifewith at 2016-07-23 11:30
TAKさん
8月上旬なら大丈夫だと思いますが、お盆の時期にはラベンダーは終わってる可能性がありますね。

旭川から宗谷岬ですか?
何の問題もないですね。
えぇ聞いた相手が悪かったと思って下さい(笑)。
以前旭川から140km南の実家から稚内に行ったことがあります。
当時はまだ高速道路もなく大変でした。
駅で入場券を買ってラーメンを食べて帰ってきました。

稚内へのルートはオロロン街道など見どころ一杯なので是非!
だだしその後ご家族に色々言われても、私には一緒に土下座すること位しか出来ませんm(__)m
Commented by siro-chameleon at 2016-07-24 15:24
とても綺麗なラベンダー畑ですね!
紫以外の色もラベンダーなのでしょうか?

フラノミクスクリックしておきましたので是非「ニドム」も探索お願いします(笑)
Commented at 2016-07-24 19:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-07-24 19:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Wonderfullifewith at 2016-07-24 21:25
siro-chameleonさん
紫色以外は色々な種類の花です。
この時期の富良野・美瑛は本当に見応えがありますので、是非ともご自身の目で確認してみて下さい。

ニドム、元のスタッフさんが結婚式を挙げました。
あそこもとても素敵な場所です。
確かゴルフ場もあったと思いますので、是非是非!

フラノミクス、ありがとうございます(笑)。


<< 富良野でデリる?      空知の花を愛でる >>