2015年 09月 06日
異音 その4
家族が職場の社員旅行でキムチの国に行くって事で、5時50分のバスに乗るために早朝こっ早くの5時35分に集合場所のバスターミナルまで送り届けるその到着する100m手前で「あ、携帯忘れた」っていきなり言い出すもんだから、本人をバスターミナルで降ろしてすぐさま家に戻り携帯とiPodをむんずとつかみ取り、再びバスターミナルまで走りバス出発3分前に無事手渡してホッとする間もなく、犬の散歩を済ませてから休日の部活に出掛ける娘のために冷めてもふっくらさせるためにマヨネーズを少し入れることを忘れたネギ入り厚焼きだし巻き卵を焼いてブロッコリーを茹でて肉団子を温めて惣菜のマカロニサラダを詰め込んで三角おにぎりを2つ握って娘を送り出し、これから水曜日の夜に空港まで迎えに行くまで半独身を謳歌しようと心に誓ってイマココ。

にしても10名ほどいる職員さんを社員旅行と称してキムチの国に行かせる甲斐性のある院長先生の経営手腕を少し見習いたいと思う貧乏店長。
どうやったらサクッと100万からの余剰金を生み出せるものなんだろうか。
たぶん自分なら100万円の余剰金が出ると見込まれるのなら、あんな装置やこんな装置を買い込んでしまうんだろうなぁ。
もっと職員さんを大事にしなくちゃならないとちょっとだけ心に思ったりする。



異音の原因を探る日々が続いていたが、関係各位の全面協力によりある程度犯人絞り込みが出来た。

容疑者としては音の位置関係から「アッパーマウント」説と、音の出方方面から「スタビリンク」説が有力となった。
ここから犯人を特定するためには事象を一つ一つ消していくしかない。

そこで取り敢えず簡単に検証出来る部分として「スタビリンク」から始めてみた。
と言っても作業を行ってくださったのはK氏とN氏、Motomachi Baseを提供してくれたT氏。

リヤをジャッキアップしてスタビリンクを外して走行し、異音が消えれば犯人は「スタビリンク」となる。

Baseに車を入れて「ウマを掛けずに命賭ける」って感じでジャッキアップした状態でサクッとリンクとロアアームを分離してみる。
写真は分離する前のスタビリンク。
a0015198_20583464.jpg
分離したリンクはスタビライザーにタイラップで固定していざ試走。

近所を回るが例の音が聞こえない。

「やっぱりスタビリンクっすね(笑)」ってことで話が終わった。


これで話が終わらないのが良いところ。
スタビリンクから音がする場合、ネットで検証するとやや音の種類が違うような表現が多い。
一般的には「コツコツ」とかそんな感じだ。
だが自分の車体から聞こえる音は「ギシッ」。
リンク部分のオイル切れなどで音が出れば大概はコツコツ的な音がするらしいがどうも腑に落ちない。
実際作業を行ってくださったK氏も「うーん」と首をかしげる始末。

取付け後は一瞬音が静まるのだが、また威勢の良い「ギシッ」という音が木霊する車内。
何がダメなんだろう?
でもスタビリンクを切れば音がしないのだから、スタビリンクに何某かの問題があるのは間違いない。
てことで、Dにスタビリンクをオーダー。
FのパーツってのはまだOEMパーツが余り無いので、パーツ取り寄せは国内の場合は基本Dにお願いするしかないようだ。

念のためにリヤのアッパーマウントを1つだけ購入。
これが無駄金になるかも知れないのに、本当に困ったものだ。
異音の探究の場合、手っ取り早くかつお安く済ませるのはプロにお任せする事だが、どうも間違った車の楽しみ方を覚えてしまった自分は目に見える小さい部分のパーツ交換を外注する気にはどうしてもなれない。
それに自分には大変心強いお仲間が沢山いるし。


自分もやっぱり納得がいかないので、スタビリンク交換の練習を兼ねて自宅前で再度リンクを撤去してみる。
かなり斜度のある駐車場に車を駐めて、当然「命賭けずにウマ掛ける」でタイヤを外しリンクへアプローチする。
以前の検証時はロアアームとリンクだけを外しての試走だったが、今回はリンクとスタビライザー側も撤去してみる。

ちなみにスタビリンクを外すには、下側は18mmギアレンチとT40のトルクス、上は16mmギアレンチとT35のトルクスを必要とする。
ギアレンチがなければスパナやメガネレンチでも良いが、作業性が格段に落ちる。
スパナやめなねレンチを使用する場合、しっかりしたトルクスのコマとラチェットがあれば良い。
どちらかがあれば作業は楽だが、自分はインチキL型トルクスセットしか持ってなかったので上記の方法を採用した。
ボルト中心にトルクスでボルトを差し込んで供回りを抑えつつギアレンチでナットを緩めるのだが、セルフロックナットなのでなかなか緩まない。

無理な体位の中で何とか上下のナットを外しスタビライザーを完全にフリー状態にしてみる。
a0015198_20585328.jpg
この状態でギシギシと音がする道を走ってみるが、ほぼ異音が消失していた。
検証には以前と同様iPhoneをリヤスピーカー付近に設置しビデオ撮影で音声を録画して客観的にも確認してみた。

このiPhoneは外部スピーカーが壊れて電話が来たのも判らない状態であるため一体何のための携帯電話か良く判らないため、近日6sを購入予定だったりすることを呟いてみる。

てことでここまでは想定の範囲内のことだが、問題になるのが助手席の足元に転がっている13kもしたアッパーマウントが無駄になってしまったことだ。
また不良在庫を抱えてしまった(懲りないねぇ)。


今回の検証で本当にスタビリンクが異音の原因だと確証したので、再び取り付けを行った。
その際にどれだけ効果があるか判らないが、嵌合部に軽くグリスをスプレーしてみた。

後で気づいたことだが、ここでちょっと間違ったことを行ってしまったようだ。
どうやらスタビリンクは1Gで締め付けることが基本らしい。
つまりはタイヤが地面に接地した状態で締め付けることが原則らしい。

またスタビリンクもネットなどでは「規定トルクで締め付ける」とあるが、果たして規定トルクが判ったとしても、この場所にトルクレンチを入れて作業が出来るかは甚だ疑問だ。
(フロントのスタビリンクの18mmのナットなら64Nm位で締め付けると「前倒しさん」が書かれていたのを参考にすべきか。)

なんたって手持ちのシグネットの首振りギアレンチをもってしても、リヤの足周り部分は作業を行うにギリギリの隙間しかないのだから。
セルフロックナットをレンチのストロークが15度位しかない状態で締め付ける作業はとても骨が折れた。
ディーラーではどの様に作業をするのだろうか?
同様に大変な思いをして作業するのだろうか?
何か特別なSSTでもあるのだろうか?

でもってこのトルク管理に手持ちの短いトルクレンチが使えるだろうか?
使えるにしても、その為には固定方式の関係からクローフットレンチを新規導入しなければならない。
何度も使うものじゃないのにどうしたものか。
ディーラーさんにお願いして「1G状態で規定トルクに締め込んでください」と頭を下げるのも一興か(だから一説にはトルクは64Nmだって)。
ただそんな事はその時には全く気づかなかった訳で(といきなり北の国からの淳の口調になってしまう北の大地の人間)。

その後異音が出た道を試乗をしてみたが、これがどうしたことか異音が見事に消えている。
なんてこった!
スタビリンクも注文してしまったというのに、これまでが不良在庫になってしまうのか?。
でも悔しいから新しい物に交換しようっと。
その時は1G締め付けを心がけたい。


by Wonderfullifewith | 2015-09-06 22:45 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by 前倒し at 2015-09-07 00:14 x
こんばんは。

異音の原因が概ね特定できたようでなによりです。

確かにスタビリンク=ボールジョイントのガタなら異音は普通打撃音であって、ギシギシはいまいち合点がいかないですね…

それにしても、スタビリンクの1G締付は私的にちょっと解せぬところがあります。
リンクも車種によって多様でしょうが、F10のように上下ボールジョイントのリンクならば宙ぶらりんで締めても1Gでも同じような気がしますが…

ところで、リンクを切った状態でスタビを動かしてみましたか?マウントからギシギシと音は出ませんでした?
そもそもリンクを切って無固定状態で(走ったのなら尚更)スタビが回転して落ちてこない時点で、あまりスタビがスムーズに動いているとは言い難い気が致しますが…


F10のスタビリンク周辺、レンチ使いが面倒ですよね。
でも何回も脱着してるとロックナットがユルユルになって「ただのナット」になってくるんで、比較的楽にはなってきます(笑)

トルクス、F10では(BMWでは?)内装から足回りまで至る所に使われてますので、もうソケット一式を揃えたほうが良いかもです。
そうすれば、スタビもナットをメガネで固定してトルクスで軸をグルグル回して一気に抜けますので。

スタビリンク、最初の方はちゃんとトルク管理してましたが、いつからかもう手ルクになっちゃってます。
クローフットを購入すればカタいですが、手で適当に締め込んだ後に普通にソケットで締めれば…運が良ければ、ボールジョイントの軸が共回りせずにトルク管理出来るかも(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2015-09-07 08:38
前倒しさん
この度は色々と御助言を頂き、本当にありがとうございましたm(__)m
スタビリンクの異音としてはちょっと合点がいかないんですが、外すと音が消える事実から、そこが何某かの原因になってるのは間違いないんですよねぇ。

1G締め付けに関しては余り気にしなくても良いものでしょうか?
そうであれば作業が色々と楽になるので助かります。
で、セルフロックナットがユルユルになるって(苦笑)、それってもはや機能を果たしてないというか・・・。
まぁちゃんと締め込んであればきっと大丈夫ですよね。

>リンクを切って無固定状態で(走ったのなら尚更)スタビが回転して落ちてこない
右側のリンクは切ってないのでスタビが落ちてしまうことはありませんでした。
でもこの辺も検証しておけば良かったですね。
スタビを揺すってみましたが、半分しかリンクを切ってないためか音は聞こえませんでした。

>もうソケット一式を揃えたほうが良いかもです。
あ、いやいや自分は普通に乗って楽しむだけのユーザーなので、そこまでの工具を揃えても・・・。
ことF10に関しては「乗ること」を楽しもうと思ってます、と言いつつ色々弄り倒してるのはどうなんだ?と突っ込まれると反論のしようもないんですが(^◇^;)。

トルク管理、熟練の方になるとある程度手ルクレンチの感覚で締め付けられるようですが、自分は全然判りません。
もう少し修行を積まないとダメですね(そもそもそこから間違ってるし)。

また宜しくお願いいたしますm(__)m
Commented by d5svb98 at 2015-09-08 09:58
おはようございます、マル運です。

これで決着ですかね(^o^)
スタビリンク・・・変形していたとかでは無くても音が出るとは、設計が悪い???
取付部が悪かったんですかね???

トルクレンチが入らないのに、取付トルク指定とは・・・プロの方は、手ルクレンチで指定値に出来るのでしょう(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2015-09-08 10:31
マル運さん
これで解決か?と思った矢先、昨日のお昼に内職場まで車を走らせたのですが、見事に症状が再発しました_| ̄|○。

スタビの捻れで音が出る事は間違いないと思うのですが、それがスタビリンクのせいなのか、両方にスタビリンクをつけたことでスタビの動きが制約されるためにスタビとスタビブッシュの間で微妙に音がするのか、恐らくはこの辺じゃなかろうかと今疑っています。

両方のスタビリンクを切ってスタビがブッシュの中でスムーズに動くかの検証は必要となりました。

トルク管理、おそらくは前倒しさんが書かれていたようにナット側ではなくボルト側で管理しているんじゃないかと想像します。
ほんとスペースが少なくて作業が大変な場所ではあります。
リフトでガッチリ上げると作業性も違うのかなぁと思っても、どこにもリフトを設置する場所がありません(予算もないけど)。
Commented by domo-domo-alaise at 2015-09-11 14:02
治るとイイですね!! 見守ってます 爆
Commented by wonderfullifewith at 2015-09-11 18:12
domo-domo-alaiseさん
ほんと直ると良いなぁと日々思ってます。
温かい愛で見守って下さい(笑)


<< 異音 その5      ALPINA D5に乗る >>