2015年 08月 11日
E39のライトを弄る
北の大地は今E39が熱い。

あの方もすったもんだの末に無事530へ乗り換えとなったのは記憶に新しいが、やはり車齢から来る各所の「経年劣化」は否めないので、今はその辺りをこつこつと復元する作業が行われている。

定番の交換部品である「水回り」「足回り」から整備を始めて行くわけだが、重整備には持ち前の色男パワーでは如何ともし難いので、その辺は経験のあるお仲間(naoさん)がヘルプに入って頂いていた。

命賭けずに馬掛けて、オーナーとnaoさんがリヤのアームをそれぞれ左右で分けて作業開始。
自分は外すネジを教えて頂いてE39の前期と後期のライトアッセーを外したり、ハイビームをHIDに交換したり、フォグランプをHIDに交換したり。

なるほど色々と工夫されたパーツに感心したりしながら、膝を伸ばした状態で前屈の体勢を強いられながらの作業では、誰しもがその理由を忘れてしまうような3日後に太もも裏側が強烈な筋肉痛に襲われることとなり、こんな所で自分の年を痛感する自分。


ハイビームのバーナー交換は作業スペースが大変狭く、バーナーをライト内に挿入するのに難儀したが、それでもどうにかして、ってだからどうにかしてって所がメンテ初心者は知りたいのにそこを初心者のお前が「どうにかして」って書いてどうするんだよって意見もあろうが、こればかりは本当にどうにかしてと言うしかないような方法でバーナーを入れる。

バーナーの固定は裏の爪を3カ所引っかける感じで回すだけだから、これも状況をきちんと目視しながら行えばさほど問題は無い。
ただ爪の部分をしっかり目視するためには、ライト裏に装着されているロービーム用のバラストを外した方が作業は楽だったりする。
a0015198_11335720.jpg
写真は右のライトアッセーを後ろから見たところ。
ロービーム用のバラストはハイビーム後面に背負われている。
このバラストを外すとハイビームの作業が少し楽になる。

この辺は過去にライト交換やHID装着の経験がある方であれば問題ないレベルと思われる。
なんせこの初心者でも出来たことだから。


今回の作業で一番厄介だったのがフォグランプのHID化だった。
別に何も難しいことはない話ではあるのだが、そこには見事なハニートラップが仕掛けられていた。

前車から取り外したパーツ一式が保管されていた箱を見ると、そこにあったのは「バーナー」「バラスト」、そして「リレーキット」。

自分:「リレーキット使ってたんですか?」
オーナー:「うーん、よく判らないっす(笑)」

そこにあったって事はきっと使っていたんだろうって事で、リレーを噛まして配線を行うことにした。

フォグランプ周囲のカバーは力ずくで引っ張れば外れる仕組みとなっているので、それを頑張って外し、フォグランプを固定している8mmのボルトを外してフォグランプをフリーの状態にする。
裏の配線を引き抜きHIDバーナーが装着されているフォグに交換。

リレーにはキャンセラーらしきものも付いていたが、果たしてこれがどのように装着されるかがよく判らず、先ずはそれなりの格好になるように配線。
スイッチオン!
シーン・・・。

電気が来ていることを確認してしばし考える。
「そうか、フォグに電気を送る連絡をしなくちゃならないのに、それをしていないから繋がらないんだ」とこれまたその筋の人が聞けば「何言ってるの?。もしかしてアホ?」という感じのところで第一弾のトラップ。いやトラップと言うよりも道ばたの小石に勝手に躓いて体勢を崩したレベル。

それで取り敢えずは片側のフォグの配線をバラストに接続して、キャンセラーらしきものを付けて色々やって12Vの所に配線していざスイッチオン!
フォグ無事点灯!
「やった〜!」
「ポーン、ポーン、ポーン」
「check front fog lampみたいなの点いてる(笑)」
「え〜?なんでぇ?」

片側にしかフォグの配線を接続せずもう片側はフリーになってるから、コンピュータがそれを検知してフォグランプが切れてるって言ってるのか?とか言いながら、それでもゴソゴソやって、最終的には反対側の配線に純正フォグをつけて全てのコネクタを接続したのにやっぱり「フォグランプをチェックしろ」と言ってくる後期型。

「ちゃんと点灯してるんだから少し位は空気読めよ」とクルマに向かって呟いてもそれは到底聞き入れてくれない実際。

「もうさ、リレー使わないで普通に繋いでみたら?」とオーナーからの助言の元、足回り作業が終わった事でフォグランプの配線におっさん4人がやいのやいのと繰り出す。

結局純正配線をバラストに接続して点灯させたら何事もなかったように車も何も言わない。

「最初からそうすれば良かったね」
「こんなことできっと2時間はタイムロスしたね」
「でもなんでここにリレー配線があったんですかね」

よく判らないままに最後はアンダーカバーを取り付けてこの日は終了。

a0015198_11335942.jpg
毒キノコ周辺のパーツ、一体何回脱着したか判らないが、それでも何とか無事全ての前照灯がHID化されたので良しとする。
突入電流が大きくなるから、そのうちもしかしたらヒューズが切れるかも知れない懸念はあるが、そこはきっとオーナー様がどうにか対処してくれると思う。

このあと千歳空港までひとっ走りして、ANA799便の到着を待つ世帯主(小間使い)なのであった。


by Wonderfullifewith | 2015-08-11 14:35 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by コロすけ at 2015-08-12 08:57 x
いやぁ~お疲れ様でした(笑)

完全に、ハニートラップ(笑)
ってか、当の本人がチンプンカンプンで申し訳ありませんでした。m(_ _)m

あと…大物が残ってます。(笑)今日昼からかなぁ(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2015-08-12 10:22
コロすけさん
おふっ!さんも交えて暫く体育座りになりそうになりました(笑)。
でも無事点灯して良かったです。
昼、時間があれば立ち寄ります。
Commented by hiro.E39 at 2015-08-21 16:43 x
39フォグHID化の前後期の洗礼・・貴殿が受けましたか!(笑
そうなんですよ、ボクも前期でまったく問題なかった配線関係が後期ではポ~ン♪っと素敵な音が・・
ボクの場合は直でもダメで別のキャンセラー使いましたから。orz

F10は元よりE34から何でもござれっすね!
宜しくお願いします。←何が?(爆
Commented by wonderfullifewith at 2015-09-07 18:00
hiro.E39さん
すっかりコメントレスが遅くなり申し訳ありませんm(__)m。
39は前後期で色々と違うんですね。
ほんと勉強させられます(だから違うって)。

私なんて小僧のいたずらレベルの車いじりですので、hiroさんの様な「車を作っちゃう」って人と一緒にしないで下さいよ〜。


<< 暑中お見舞い申し上げまする      第3のネジ解決(追記訂正アリ) >>