2015年 05月 05日
まさかここで
週末、祝日30%割引運賃で洞爺湖虻田インターから函館までのんびり走行。

クルコンをセットして加減速も全て左手親指で済ませてしまうていたらくな運転をするが、道が混雑している訳でもないので、時々遅い車をぬくときだけ加速する程度で至って真面目な運転を心がける。
というのも、数日前に厚真に出掛けてその後給油を行っていなかったため、燃料計の針は一目盛り減った状態からのスタートとなっていた。
普通この様な長距離走行をする前は、基本的に満タンスタートってのが原則のような気がするが、その辺の原則を完全無視した行動ってのもなかなか乙な訳は全くない。
実際その後大変な目に遭うのだから。

当日の天気予報では道南(どうなん)地方は晴れと出ていたが、森町辺りまで来た時に視界が一気に悪くなり、一気に気持ちが暗くなる。

夜景観賞が一つの目的なのに、天気曇り。
そりゃないでしょって感じだが、こればかりは致し方ない。
トマムの雲海もそうだが、泣く子とお天道様には勝てない。
あれ?勝てないのは地頭だったか。

加えて気温がドンドン下がっていく。
予想最高気温が21度位のはずなのに、車両外気温計の表示はまさかの9度。
所々で一気に気温が下がる地域に遭遇し、そんな事になれていない旅行初心者はこんな些細な事でドキドキしてしまう。

iPodに入れた曲も50曲目位になり、ようやく目的地に到着しました的なナビのアナウンスが流れる。

今回は翌日の予定なども考え、宿を駅前方面にした。
本当は湯の川温泉なんて泊まってみたかったが、大手インターネット旅行サイトで検索して、宿泊前日に大人一人素泊まりで検索してそんなご大層な温泉旅館がヒットする訳がない。

そういう施設に宿泊したいのならもっと前に予約を入れておくべきなんだろうけど、出発するその時まで本当に行けるか判らないような状況では、予約も何もあったものでは無いからどうしようもない。
この前日予約だってある意味賭けなのだし。

て感じで駅前に到着する頃、とある知り合いから一本のメッセージがiPhoneに届いた。
「これからP様と合流」

なんだなんだなんだ?、あの人も函館に来てるのか?。
まぁ旅行好きな人だから、函館に来る位は全然問題ないんだけど。
市内でも遭わないのに、まさかここで遭遇するとはねぇ。
世の中広いんだか狭いんだか判らないわ。

「ロシア領事館近くにいる」って連絡があり、ホテルのチェックインもせずにそちらに向かい、Pさんとの久々の再会を悦ぶ。

Pさんの写真、透明感を感じるステキな写真。
公私ともに激務のまっただ中にいるらしく、カメラを持つ事もほとんど出来ないような日々を送られてると聞く。
実際この方が忙しいのは世の中的にあまり、いや全然宜しくないのだが、こればかりはどうしようもない。


海沿いの外人墓地近くにある「ティーショップ夕日」で日没までプチオフ。
店内はほうじ茶の香りがほのかに漂い、時間の流れがココだけ違うような空間。
匂いの出所はこの様な香炉、この上に茶葉が乗っていた。
a0015198_1022037.jpg


日本茶の喫茶店なんて行った事が無かったが、これはこれで十分ありな気がする。
ポットにお湯も供されて、何杯か自分で淹れて飲む事が出来る。
入れるお茶の温度も教えてくれるので、美味しく頂ける。

お茶に添付されるお茶菓子も美味しかったが、空腹時にこの様な一気に血糖値が上がるタイプの食品を胃内に投入するとその後しばらく食欲が減退してしまう自分は食べる事を一瞬だけ逡巡したが、やはり空腹には勝てずにパクパクと頂いてしまう。
a0015198_1022527.jpg


お茶も上手に入れると本当に旨いね。
よく言う茶葉の甘みが出て、渋いだけのお茶じゃなくて甘みのあるお茶ってのは気持ちが落ち着くよ。

その後、外人墓地などをサクッと見学案内して頂きお別れする。
函館どつく(おおおっ「はこだてどっく」と入力するとちゃんと「函館どつく」に変換されるぞ!)も入っていけるようになり、目の前で大きなタンカーを見て興奮するおっさん。
学校の練習船のようなのも停泊していて、時間があればここでものんびりしたいと思う場所だった。

その後、ロシア領事館でお別れ。

自分は夜のイベントへ突入する運びとなる。

by Wonderfullifewith | 2015-05-05 10:37 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by miu_north at 2015-05-05 23:00 x
おうおう、ずいぶんとあっさりじゃね?
もっと劇的な登場させてよww
 
あ、そか、、、、まだ登場できるなw
 
確かに旅行好きって新西蘭、豪州、欧州に限ります!
Commented by Wonderfullifewith at 2015-05-06 07:26
みうさん
感動の再会って程でもないでしょ?(笑)
なんでそこにいるかなぁってのが、そこにいる自分が言うのも何ですが正直な感想でした。

旅行好きは海外も国内も、自分にしたら同じだから〜。
Commented by d5svb98 at 2015-05-06 21:02
こんばんは、マル運でする

長距離、満タンスタート、基本です~
っが、ディーゼルにしてから気にならなくなりましたよ~
1000キロは余裕なんで(^O^)
札幌から函館、余裕で往復出来ますよ
是非、D5のご予約を~

日本茶の喫茶店、大人の雰囲気がしますね
Commented by Wonderfullifewith at 2015-05-08 11:27
マル運さん
ちょっと見くびってました。
やはり満タンスタートは基本中の基本ですね。
D5だと楽勝で1000kmオーバーですもね。
今からオーダー入れても、手に届くのはきっと次のGでしょうか(買えない買えない)。
でも夢は捨てないで頑張ろうと思います。


<< 夜の函館観光      前後賞には気をつけろ >>