2015年 05月 02日
正月から決めてました
基本的に仕事は有給休暇取得願いで書くような「私事都合」で休む事がない。

よく言えば働き者、その実態は働かなければならない状況に置かれている者だから。
余裕のない完全歩合給の定め。

1日位休んでもそんなに変わる訳じゃないでしょ、と言う意見も無い訳では無いが、なぜか休めない。
いわゆる貧乏性のなせる技なのだ。

それでも年に1度位休む事は無い事があるが、それは多くは仕事のため(と言う名目もある)がほとんどだったりする。
自分の気持ちの中に「これは仕方ないんだ」と言い聞かせるパワー満開で出掛ける。


でもやはり世間様と同じ様な事をしてみたい気持ちは無い訳では無い、と言うか強烈にある。
いや人一倍あると言っても過言ではないどころか正面切って言い放っても差し支えない位の勢いだ。
自分は基本的に強烈なまでの怠け者である。
明日出来る事は、今日しない。
こんなことを平気で思ったりもするどうしようもない輩だったりする。


やってみたいこと
完全私事都合による泊まりがけの旅行。

今の自分の生活の中で泊まりがけでどこかに出掛けるってのは基本的にない。

なぜなら自分は盆暮れの長期休みもない週休1日だから。
怠け者なのに?

ケツに火が付く位の勢いで借金が後から襲ってくる現実の前には、流石に怠け者の本性は前面に出せない。
つまりはチキンなのである。


加えて休日に内職をぶち込んでたりするから、2ヶ月位平気で全休がないなんて事もざらだったりする。
怠け者なのに?

完全に時代に逆行するような生き方だと自分でも思っている。
週休二日制導入、どこの世界の話ですか。


なもんだから遊びに行く時も、早朝というか深夜に出てその日の夜までには帰宅するスタイルを取っていた。
人間やれば出来るものなのだ。
怠け者なのに?

何かが根本的に間違っているなと言う気は、うすうすながら感じている。


ところが今年のカレンダーを見た時に、そんな自分に神は味方したと確信を持った。
自分の休日の前日に祝日がある。
自分が働いている職場は、祝日は半ドン。
半ドンなんて言っても今の若い人には通じない言葉かも知れないが、簡単に言えば昼までの営業。
つまりは午後から休みって事。

午後から休みで、次の日も休み。
パラダイス!

そんな日程が今年は2月、5月(2回)、9月、12月と5回もあるのだ。

ここ数年はハッピーマンデーとか訳の判らない国策のために祝日が勝手にずらされてしまい、週の中日に祝日が存在するってのが極端に減ってきていたのに、今年は何と5回もある。
パラダイス!&ミラクル!

てことで正月からずっとこの日を指折り数えていた、というと大げさになるがその位の気持ちでこの日を迎えるにあったのは紛れもない事実。

ただ自分の仕事柄、突然仕事が入る事があり、それは問答無用だったりするから質が悪い。
勤めてた時代も、職場の社長から「仕事終わりに友達と遊ぶ予定を入れない方が良いよ。友人との約束は休日だけにしておきなよ」と言われていた。
約束を入れた日に限って仕事が入り、ドタキャンをせざるを得なくなりそのうち友人をなくすってのが相場だからだ。

自分が勤めていた職場は、今で言えばブラックもブラックな労働環境で、夜の11時で終わるコンビニに立ち寄る事もままならない生活がデフォ、帰ってテレビをつければ山本晋也監督が「ほとんどビョーキ」とか言ってるような感じの時間帯に夕食を食べてたりしてた。

今思えばブラックな環境であったが、その頃は外部との接触がほとんどないような状況で仕事をしていたため、個人的にはこれが普通と思っていたから洗脳って怖い。

過去最高な出来事は仕事が29時終わりで、その日の始発の飛行機に乗って関東の友人の結婚式に出掛けた事。
飛行機に乗った瞬間に気絶だった。

実際人間の若いお医者さんなどはこんな生活が日常繰り広げられているらしいから、これくらいで弱音を吐いててはいけないんだろうけどね(って比較対象がおかしいだろ)。

そんな感じだから、その日の仕事が何時終わるかなんてのはその日の夜になるまで判らなかったのだ。

当時の勤務時間:仕事の始まりから終わるまで。
給料:時給計算すると労基署が飛んでくる。

そんなシステムが今の職場と体に染みついてしまってるため、その日を本当に迎えるまでは正直穏やかな気持ちではなかったのは事実。

実際の話、その日も職員さんのちょっとしたミスで予定が入ってしまい、悪夢の再来を思わせる事態になっていた事は紛れもない事実だったりするが、それでも色々と都合をつけて何とか昼で仕事を終える事に成功した。

そしてとうとう自分は正月から5ヶ月夢を見ていた泊まりがけの旅に出掛けたのであった。


この時期に泊まりがけで出掛けるべき場所、それは道南函館地方。

5月の北の大地は桜の季節とドンピシャだったりする訳で、今年は例年よりも行く分桜の開花が早まっており、GWとともに桜がドンドン北上しているという絶好の年。
と言うかちょっと早すぎるんじゃないかと思う位の北上速度。
あんまり早いと嫌われるよとは全然関係ない。

函館は桜もそうだが夜景もある。
夜景なんて何時以来観た事がないだろうと考えても、恐らくは20年以上見ていないはず。

泊まりがけに伴う夜景観賞、桜鑑賞、そして名物料理に舌鼓。
完璧なスケジュールだ。


現地には夕方までに着けば良いのんびりした旅なので、前回同様途中まで下道を走る算段をする。

色々と計画を立てている中で、週末と祝日って高速料金が3割引って事を知り愕然とした。
そうか、一般社会の人は年に100回以上このような恩恵を受けてるんだ。

週末とか祝日があまり関係ない人間は、国が決めたこの恩恵を受けられない事に対して選挙の際の一票の格差が合憲か違憲かよりも大きな問題じゃないかと思うのだが如何だろう。
各人にとっての週末はそれぞれであろうから、予め個々人の週末の申請を行いETCカードに登録しておくシステムを取ってくれると有り難い、と思う小市民。
どなたかコンピュータプログラマーの方でその辺上手い事やってくれる人いませんかね。

てことで、今回の旅は件名の通り正月から決めてたので、例えその日に業界の大きな総会が開催され、会の事務局から連日のように参加を促すメールやファックスが届いても、全く聞く耳はもてないのであった。

会に対しては申し訳ない事をした、今は反省している。

つづく

by Wonderfullifewith | 2015-05-02 16:41 | くるまのこと | Comments(10)
Commented by 南の女 at 2015-05-02 18:27 x
ステキな旅となりますよう・・・・いや、なったはず・・・・

旅行記お楽しみでございます♪(*^_^*)
Commented by pedi5 at 2015-05-02 20:03
お土産まで頂き恐縮しております。6月の予定はぜひ明けて待っていて下さい。
Commented by d5svb98 at 2015-05-03 00:40
こんばんは、マル運です。

年間に何日も休んでしまう、私・・・<(_ _)>
6月も・・・

でも、週に二回は職場で宿泊勤務、こんな事をいつもしているので、ご勘弁を(^^ゞ
ちなみに、定年後、直ぐに亡くなる方が多い職場でもあります(笑)

Commented by detour135 at 2015-05-03 08:18
ホントいつもお忙しそうですよね。
素敵な休日をお過ごしください!
Commented by Wonderfullifewith at 2015-05-03 09:09
南の女さん
お陰様でステキな旅になりました。
泊まりがけですと時間の余裕があって良いですね。
Commented by Wonderfullifewith at 2015-05-03 09:10
pedi5さん
色々とありがとうございました。
まんま地元の物ですので皆様には馴染みの深い物かと思いましたが、邪魔になるものでもないと思い選んでみました。

6月楽しみにしています
Commented by Wonderfullifewith at 2015-05-03 09:13
マル運さん
仕事の出来る人は、働く時にキッチリ働き、休む時もキッチリ休むようです。
自分のように仕事の時も働いているのか休んでいるのか判らないような人間は、その意味からも「クズ」な人間です(^_^;)。

多数の命を守ってるお仕事ですから、日々ストレスの溜まるお仕事と存じます。
時々リフレッシュが必要ですよね。
Commented by Wonderfullifewith at 2015-05-03 09:22
detour135さん
この様な人間の事を「貧乏暇無し」と呼びます。
実際貧乏というと色々語弊がありますが、精神的にはかなり貧乏な方だと自負しております。
Commented by miu_north at 2015-05-04 00:12 x
乙でした!
って、前置き長いよっ!
いつ、私が登場するのかww
Commented by Wonderfullifewith at 2015-05-04 07:19
みうさん
乙でした。
ビックリしましたよ。

そのうち登場するかも知れません(笑)


<< 前後賞には気をつけろ      Momo cafe >>