2015年 04月 24日
べんべ乗りがべんべやでソフトを食らう
休日は内職ってのがここ何年も定番になってきていて、それでも内職先は有り難い事にその出番をドンドン増やしてくれている。

何のために働くのか的な疑問が沸かない訳でもないが、有り難い事にこの内職があるお陰で家から小遣いを貰わなくても済む生活ができている。

ありがたい。
いや小遣いを貰わないとか、小遣いを自分で稼ぐとか、根本的に何かが間違ってるような気がする。


内職先から受け取る賃金も勿論しっかり確定申告しているから、その分の税金はきちんと二重取りされるような形になってて、実質手取りがどの位になってるのかってのは全く判らない訳だし、ヘタしたら「○○でお金が足りないから貸せ」と家族から言われれば、二つ返事で口座から現金を引き出し家族に手渡すのだからからして、果たして自分の行ってる事は本当にそれで良いのか的な考えもある事に疑問を抱かないのかと訊かれれば、抱かない訳でもないと答えるしかない。

ただ一つ言えるのは、背に腹は代えられないという言葉が答えって事。

まぁそれでも内職のコマ数は年々増加の一歩を辿っている現在、職員さんからは「タイムカード作りますね」と冗談とも本気とも取れるような事を言われて苦笑いしているおっさん、本業は何ですかと自問自答したりする。

その内職に出掛ける前の一瞬の時間を利用して、24時間営業のスポーツクラブに通い出し、端から見れば「そんなに生き急いでどうする、人生は短いようで長いんだよ」と言われそうな生活をしているが、週休二日の経験が無いような底辺チームの人間は、マグロやサメのようにずっと動いていないと死んでしまう恐怖に駆られちゃうのよね。

それにバイク事故で一瞬にして亡くなってしまった俳優さんのように、一寸先は闇なのも間違いの無い事実な訳だし。

てことで、2時間位汗をかいてシャワーを浴びて内職へゴー。
「焼き肉のホルモンってのは内分泌のホルモンとは一切関係なくて、要らない臓物で放るもんって所から訛ってホルモンになったって説もある」とどうでも良い話で盛り上がったりする内職風景、本当に大丈夫なんだろうか。

内職を終えてランチは何にしようかしら的な話を職員さんとして、そうだ広島風お好み焼きにしようって事になって、そう言えば広島の人に言わせれば広島風の「風」ってのはどうしても許せない的な事をテレビで言ってたよなぁなんて思ったりするが、広島からも大阪からも遠く離れてる北の大地では、そんな事は一切関係ない。

でも北の大地でお好み焼きと言えば、大坂風の小麦粉メインのお好み焼きが主流。
大坂風って「風」をつけたら、大坂の人から「風って何やねん、風って」って突っ込まれるかも知れないけど今回はお好み焼きの話ではないので軽く流してしまう。

なので「風」に関して何か言われても全然何も反論出来ないのでしないで下さい。


てことで、ランチのお好み焼きは狸小路6丁目に移転してきた「ひなちゃん」で適当に済ませる。
携帯だけ持ってほとんど手ぶらだったために写真はiPhoneの写真しか無いためにここには載せないでおく。


朝起きてここまでに3つのタスクを済ませてる訳だが、実は結構疲れてたりする。
昼過ぎに疲れが来る辺りがおっさんのおっさんたる所以。

折角の休日なんだから体を休めた方が良いんじゃないかという意見も無い訳では無いが、命短し遊べよおやじをモットーとしているため、どうしても何かをしていないと勿体ないと思ってしまう貧乏な性分。

加えてその日はとても天気が良く、最高気温も20度を超えた晴天だったため、家で撮りためたビデオを見るなんて事に時間を使う事はとてもじゃないが許されない気がしていた。

そこで「本当ならここで海なんだよなぁ」と思いながら、「でも海はちょっとなぁ」って事で、行き先をちょっと離れたケーキショップにする。
なぜそこでケーキショップなのかと訊かれるとよく判らないが、もしかしたら体が糖分を欲していたのかも知れないって、それ単に疲れてるだけだろって気もするがそれは認めたくない。


とにかくケーキショップなのだ。
市内にケーキショップなどあまたあるが、自分が結構気に入ってるのは、町の外れにあるケーキショップべんべやさん。

もうちょっと走ったら隣町って所にあるケーキショップだが、これがどうしてどうして結構な混雑具合だったりする。

町の中心街から15kmほど離れていて、ちょっとしたドライブ気分。
a0015198_14585819.jpg

駐車場に車を駐めると店の外でソフトクリームを食べているカポー発見。
そろそろそういう季節かとソフトクリームで季節を感じるおっさん、きっとあの人もこの人もそうかと思うが、あの方だけは年中無休でソフトを食べてるから季節感なしって事で話を進める。

イートイン施設もある店だが、何となく外でソフトが食べたくなり、取り敢えずケーキを幾つか購入して、最後に「チョコとバニラのミックスソフト」をオーダー。

どうやらソフトが5月から50円値上がりするらしいので、その日に行った自分はラッキーだったかも知れない。

値上げの理由が書かれていたが、原材料と人件費の高騰だそうだ。
人件費の高騰ねぇ、うちもそれで値上げさせて貰おうかなと半ば本気で思ったりする。
だって、職員さんの給料が上がる度に、店長の給料が下がっていくっておかしいでしょ。
物理の質量保存の法則が、人件費のそれに採用されるって話、あまり聞かないもの。

それを補填するかのように内職のコマ数が増えていって、きっとこれで経済が成り立ってるなんてのはやはり間違ってる理論だろうし。

うん、人件費高騰って事で値上げをお願いしよう。


そんな訳でソフトを手に持ったおっさんは晴天の元にソフトを持ち出し食らう。
a0015198_14595917.jpg
乳臭い味ではなく、初めて食べたような味。
これ好き。
ソフトの巻きがちょっと小振りなのは頂けないけど、濃すぎず、乳臭すぎず、自分が好きな味のソフト。
小振りと書いたけど、実際全部食べ終わった時にはお腹の中でずっしり存在感を誇示してくれた辺り、自分の胃袋ってどれだけ小さくなったんだよとこんなところでも老化を感じるおっさん。

件名のべんべ乗りがって、今時BMWをべんべって呼ぶ人なんてまずいないだろうけど、時々そんな風に言う人がいた場合、その人はベンツとビーエムの区別がイマイチ付かないような人だったりするレベルなのであまり気にもしないけど、つまりはべんべ乗りがべんべやでソフトクリームを食べるってのはネタなのかと訊かれたら、そうですまんまネタですと答える自信満々100%濃縮還元。

だってこの日はこれから娘の歯医者の送迎と夕食の支度とワイルドスピードのレイトショーを観に行く予定があるんだから、こんなところでケーキ買ってソフト食べて「リヤタイヤ結構ツライチだよな」とか思って写真撮ってる場合じゃないんだわと言う前にたった1日しかない休日に予定入れすぎって事を少し反省した方が良いじゃないかと。
a0015198_14595445.jpg

12.5mmのスペーサー噛ましてギリ。
マッドフラップもあまり効果無いって感じ?

ワイルドスピード、結構面白かったり。

by Wonderfullifewith | 2015-04-24 15:23 | まぜまぜ | Comments(6)
Commented by skoyama at 2015-04-25 00:36 x
季節感が無くてスミマセン(T-T)。
でも「夏は暑いから」と毎日冷ご飯しか食べない人なんていないでしょ?
ま、そういう事ですヨ(どういうこっちゃ)。
Commented by Wonderfullifewith at 2015-04-25 07:24
skoyamaさん
最近多忙を極めていらっしゃるようで、くれぐれもご自愛下さい。

年中無休でのアイス賞味、私は「アイスはskoyamaさんの主食なのでは?」と常々疑っておりました(^_^)。
Commented by d5svb98 at 2015-04-26 22:04
こんばんは、マル運です。

Wonderfullifewithさんは、一日が、30時間あるのかってほどの過ごし方ですね(^o^)

私だったら、休みの日は、まずは大好きなお昼寝から・・・っで、気付いたら夕方になっていたりして、一日を無駄にしたと思う事が何度も。。。(^^ゞ

反省。。。

Commented by Wonderfullifewith at 2015-04-27 11:44
マル運さん
休みが少ないのでどうしても休日に予定を目一杯押し込んでしまうんです。
悪い癖です。

休みの日に朝寝坊、物凄く憧れる行為なんですが、遠足当日の幼稚園児か?って位に朝早く目が覚めてしまいます。
そして夕方前にはエネルギーが切れて、何やってるんだろうって思う自分がそこに(苦笑)。

昨日も午後からドライブして、夜にはスポーツクラブ行ってボロボロになって月曜日を迎えてます(バカ)。
Commented by M_World at 2015-04-27 12:19 x
マフラーカッターがチタン焼けしているように見えるのは僕だけ?
ディープシーブルーの映り込み?
Commented by Wonderfullifewith at 2015-04-27 14:49
M_Worldさん
確かにそんな風にも見えますね。
でもマフラーは完全純正ですし、最近は大人しい走りしかしてないのでそのような高級品的な変色はきっと映り込みだと思います。
チタンマフラー、憧れますがこの車にはこれ以上何もしないで静かに借金の返済を遂行する事に決めました。


<< Momo cafe      ダルセーニョ ドゥエでランチ >>