2015年 02月 14日
ニコル訪問記
a0015198_938799.jpg


禁断の世界に足を踏み入れてしまった自分だが、アルピナは人生の最後に乗る車として相手に不足はないレベルなのだが、こっちがそう思っても相手が「あー君ね、一昨日来なさい」みたいに軽くあしらわれる可能性も無い訳では無いというか、圧倒的に後者の方が絶対的確率が高く、オッズで言えば前者は万馬券、後者はガチガチの大本命倍率1.01倍くらいの感覚。

それでも少しくらいは傷跡を残してやるって感じで、鼻息荒く2Fのショールームに再度侵入、じゃなくて入場、え?入場?。

ショールームには都合4台のアルピナが鎮座していた。
B5、B4、B6、B4カブリオレ。

どれも美しい光を放っており、見るものを恍惚の世界へ誘う。
a0015198_938214.jpg


アルピナとBMWの違い
a0015198_10324764.jpg
フロントフェンダーに変なツバが出ていない。
これは最初から20インチホイール装着でオフセットなども計算された事から日本の保安基準的に問題ないと判断された事によってのツバ無しなんだろう。

やっぱりフェンダーはスッキリしていた方が良い。
黒いツバなんて付いてない方が絶対にスッキリしてるし、実際はみ出ないホイールを装着しているユーザーは取り外しても構わないんじゃないか?と思うが、その辺はDの考え方に依るかも知れない。

巨大なブレーキ
ローターとパッドの接触面の広さと言ったらハンパない。
ブレンボキャリパーの場合はハット部分があってローターとの接触面は前後長で稼いでいる感じだが、これはハットの部分がないだけ前後も幅も全部広く接触するように出来ている。
B5のローターは760iLの流用だとか?

惜しむらくはB4のキャリパーのような感じのものが付いててくれるとよりスペシャル感が出ると思われたが、これはどうやら特別仕様車で現実の物となりそうだ。
a0015198_9381525.jpg
こっちの方が格好良いと思う。

ただB4とてどうしようもない部分があったようだ。
a0015198_9381894.jpg
三角(笑)
どうしてお上はこうも杓子定規なんだろうか。

あとはスペシャリティーありすぎで自分には到底構いきれない2台。
a0015198_11105694.jpg
B6のクーペ?

そしてB4カブリオレ
a0015198_1111140.jpg
北の大地ではちょっと勿体なさ過ぎる感じがあるんで、ハワイに移住した時にでも乗りたいと夢は大きく膨らませてみる。

a0015198_11133486.jpg

こんな椅子に座りながらマル運さんと営業さんと素敵な時間を過ごす事が出来た。

次は椅子の後ろにチラリと写ってる車の話でも。

つづく

by Wonderfullifewith | 2015-02-14 12:23 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by d5svb98 at 2015-02-14 22:19
こんばんは、マル運です。

B3や、B4のブレークキャリパーには塗装がされているのに、B5は素のままですからね~
今度の特別仕様車はどうなりますでしょうか???
下にあった、2500万のB7は普通のキャリパーだったような(^^ゞ
Commented by Wonderfullifewith at 2015-02-15 07:22
マル運さん
確かにあそこはちょっとでしたね。
何かのショットで見たら、特別仕様車は青かったように見えました。

下の車両も普通のキャリパーでしたね。
逆に7は普通が良いのかも知れませんが、あれを買える方であれば気に入らなければ「換えてくれ」の一言で終わると思います(笑)


<< 夢の1.5連休      知ることは果たして幸せなのだろうか >>