2015年 01月 26日
そうだ旅(どっか)へ行こう 夕張三弦橋
冬場はどうしても出不精になってしまうが、それでも「思い立ったが吉日」ってことで、尻は軽いが腰は重い自分を奮い立たせ車に乗り込む。

向かう先は夕張。
その昔「バリバリ夕張」ってCMが流れたり、もっと昔なら「幸せの黄色いハンカチ」で有名になったりしたが、炭鉱も閉山になって久しく今は完全に「ほぼ忘れ去られつつある街」って感じの夕張。

特段見る場所もない様な状況だが、ここに来てにわかに色めき立ってる施設が出来た。
ここは季節限定でしか見る事が出来ないのだが、それがこの冬の時期のみで、季節さえ間違わなければトマムの雲海を見るよりは遙かに確実性が高い。

トマムのそれは見られる確率30%だが、ここのそれは「その季節にその場所にたどり着ければ必ず見る事が出来る」施設なのだ。


この日は夕方から業界の集まりがあったにも関わらず、行くなら今しかね〜って感じで昼間での営業が終わった後、カメラを持って車に乗り込み高速の人となる。

高速道路は路面が出ていて非常に走りやすく、基本夏と同じペースで走行。
札幌南インターでは休日恒例の「シートベルト検問」が執り行われていたが、我々は常に傍観者でありたい精神の元、何事もなく通過。

道東道に入り、制限速度が70kmになるが、大きな問題は無い。
なぜならナビ計算は高速道路走行速度を100km/hで行っているので、それにあわせるしかないからだ、と言う時点でどこかで理論が破綻している気がしないではないが、そのことを論じている時間は無いので先に進む。


で、向かう先はシューパロ湖。
そこには三弦橋なる橋が架かっているらしいが、ここは夏場は湖の下に沈んで見えなくなっており、冬場だけ試験的に湖の水を減らす事で観察が出来るらしい。
そのことを去年の夏に聞いた自分は、ここなら日帰りで行ける場所だから是非とも見てみたいという気持ちをずっと持っていた。

そして先日新聞で三弦橋が取り上げられていた事で、一度見てみたいという気持ちに勢いが付いたら、この先畳の目を数えても、天井の木目を睨んでも、嫌いな上司の顔を思い浮かべても止められないのは男の性である事に異論を唱える人はいないはず。

事前情報で場所を探り、夕張インターを降りた後は何となくナビの通りに走って行くが、それも途中までしか案内してくれずこの先本当にその場所に三弦橋があるのだろうか?と疑問を持ちつつも車を走らせると、そこにはダムの事務所のような建物があり、車が何台か駐まっていた。

a0015198_11273562.jpg
10台程の車が駐まっていた。
にしてもこの寒い中ご苦労様な事だ。

a0015198_11421236.jpg
たこ焼きの屋台まで出ているんだから、休日にはそれなりに人が来ているんだろう。


で、三弦橋だが、
a0015198_1143518.jpg
こんな感じで湖の真ん中を突っ切るように架かっている。
a0015198_16464049.jpg

と言うか、もともと橋が先に出来ていて、そこに湖を作っちゃったからこんな風になってるだけで、橋にしてみれば良い迷惑というか、大体がこの湖の下には以前は集落があって、でも30年くらい前の石狩川氾濫の事とかあってダムを造る上で街がなくなってしまってこんなことになってるって、なんだかよく判らないけど、とにかく大変な事になってるって事は、事務所の中の資料によってある程度離解が出来た。

a0015198_11465951.jpg
その時の資料がこれ。
確かに橋の下には色々あったようだ。

a0015198_11415042.jpg
三弦橋のアップ。
なるほど橋の中には単線の線路が残ってるように見える。
そして特徴的な形状の橋で、これは鉄骨の節約からこの様な形状になったらしいが、ずっと水の中にあったのでさび付いているのが判る。

a0015198_11415978.jpg
対岸には何もなくて、果たしてどんな風に列車が走っていたのか全然判らないが、昔はここもキッチリ整備されていたんだろう。

今現在シューパロ湖畔を通っていた国道が付け替えられた事で、一般人はこの位置くらいからしか写真を撮る事が出来ないが、以前はここが国道だったようだ。
a0015198_1153211.jpg
湖の左側に道がある。

アップはこんな感じ
a0015198_11535718.jpg
元少年のおっさんは、友達とチャリンコに乗ってトンネルの中を探検してみたくなる衝動に駆られた。


a0015198_11494986.jpg
大夕張ダム。
大きな建造物を見るとワクワクしてしまう元少年のおっさん。

a0015198_1155424.jpg
ダムの反対側に回ってみるとそこでは放水が行われていた。
ドキドキして動画まで撮ってしまうおっさん。
左側に見える橋からはダムの全貌が見えると思われたが、残念ながら通行止めになっていて立ち入る事が出来ない。
安全のためだとは思うが、一筆書いた上で自己責任で通行可能にして貰いたい。

a0015198_1157281.jpg
この様に道はある程度整備されているので、一般乗用車でも乗り入れは可能となっているので、もし興味がある人がいたら是非!。
ただし天候次第ではとんでもない事になる地域なので十分気をつけて貰いたい。

今回、冬の高速道路を走行した事で車両は塩にまみれてしまった。
a0015198_11594888.jpg
見事なまでに真っ白。
これを放置すると数年後には鉄の部分が見事にボロボロになっていく。

a0015198_124333.jpg
今現在の車高、約690mm。
これでもリップを付けてると冬路の段差はキツイ。
雪の降らない地域の人がつくづく羨ましい。


帰宅後は断腸の思いで自動洗車機に車を投入。
a0015198_1202973.jpg
傷ついたら磨いて貰えば良いさと自分を慰める(これを自慰行為とは言わないのでお間違えなく)。

往復4時間弱のドライブだが、天候に恵まれたために良い気分転換になった。

by Wonderfullifewith | 2015-01-26 12:05 | くるまのこと | Comments(8)
Commented by ドラえもん at 2015-01-26 20:35 x
>帰宅後は断腸の思いで自動洗車機に車を投入。
新車なんだから、せめて手洗いを指定してください、
わたしのような年式だったらまだしも(笑、
洗車ブラシに前に洗った車が汚れがひどい場合に、
そのブラシに着いた汚れの残りで傷が付くとか、って、
聞きましたけど、むかしの話なので今の機械は、
進歩してそうなのかどうかは、定かでありませんが、<m(__)m>
Commented by Wonderfullifewith at 2015-01-27 11:45
ドラえもんさん
新車と言ってももう3年オチですから。
汚れたままにしておく方が全体的に宜しくないと考え、そしてケツカッチンの予定もあったので洗車機にぶち込みました。
でも初めての行為です。

手洗い洗車も考えましたが、どうしても洗車に数千円の出費は出来ませんでした(ケチ)。
Commented by pedi5 at 2015-01-27 11:54
雪が無いと砂利道なんですよ、あそこに行くのに。
団長についていったら延々と砂利道で20インチどうしようかと(爆)
Commented by ALPY at 2015-01-27 15:20 x
爺行為。( ̄▽ ̄;
Commented by Wonderfullifewith at 2015-01-27 18:42
pedi5さん
あの道、夏は砂利なんですか?
見られないし傷つくし汚れるしだとちょっと辛いですね。
でも基本夏場は見られないんですよね。
今ならバッチリなので、Xの方で是非!
Commented by Wonderfullifewith at 2015-01-27 18:42
ALPYさん
あの方とかあの方なら頑張れるかも?(爆)。
Commented by d5svb98 at 2015-02-02 23:14
こんばんは、マル運です。

pediさんのB5を砂利道に誘導したのは、この私です(^^ゞ
って、私の20インチで、それもまだ半年しか経っていない時でした。。。
今の時期のが走りやすいようですね

私、一応、まだ水没する前に、現在沈んだ国道と共に、三弦橋を見てはいるのです。
訪問時のブログは、こちらです(^^ゞ
http://minkara.carview.co.jp/userid/173494/blog/19250214/

洗車機ですか・・・もったいない(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2015-02-03 19:14
マル運さん
5年前には夏場も見る事が出来たんですね。
地元にいながら何も知らず、恥ずかしい限りです。
と言いますか、マル運さんのブログで勉強させて貰ってるようなていたらくな北の大地住民です。

美瑛の丘、今年も頑張って行ってみたいと思います。

洗車機、錆びで腐るよりましと考えました。
こっちですと高速道路の塩カル被害は冗談にならないんです。


<< 新年会第二弾      新年会 >>