2014年 10月 10日
初ポーンか?
休みの日、夜に高速道路を気持ちよく走っていたら、一瞬前方が明るくなった?と思った次の瞬間、インパネ内に「ポーン、ポロローン」と音とともにこの様な表示が出現。

a0015198_11213625.jpg
左のロービームに異常が出たらしい。
デイライトが点いてるので左側が極端に暗くなる事はなかったが、一般道に降りて前走車に写る愛車を見てライトが不点灯な事を確認。

一度ライトスイッチを切って再点灯させるとライトは点きインパネ内の警告も消えたが、数分後にまた不点灯状態。
何度かそんな事を繰り返して確実に同様の現象が発生する事を確認。

ググってみると「バーナーの寿命」って事らしい。

奮発してベロフを入れたのに3年持たなかったのはちょっとだけショックな出来事だったりする。


ロービームってどうやって交換するんだったかな?と「BMW F10 ロービーム 交換」ググってみたら、自分のサイトがトップヒットになった(苦笑)。

取り敢えず純正に戻して考えようと思うが、貧乏暇無しでなぜか修理の時間が取れない。
内職に行った先の駐車場でジャッキアップだな(場所わきまえろよ、笑)。





内職から戻って、午後の営業開始までの30分の間に修理完了。

ジャッキアップしてタイヤを外して、タイヤハウスにあるカバーのネジを外して、ライト裏の蓋を外して、配線を外してバーナー撤去。
タイヤを固定するボルトがアホみたいな力で締め込まれていたので、「誰だよこんなに締め込んだのは!」と思ったが、作業は自分以外誰もやっていないので泣く泣く色男パワーで緩めたが、ボルトの先端を見たら錆びが付いていた。
そこそこのお値段のボルトを入手したつもりでいたが、やっぱダメだなぁ。

撤去したベロフ
a0015198_17534555.jpg
見事に中央の丸い部分が黒色変化していた。

取り付けは取り外しの全く逆の手順。
バーナーに黒枠を取り付けて純正品をはめ込んで点灯確認、ライト裏の蓋を取り付け、タイヤハウスのカバーのネジを付け、タイヤを嵌めてジャッキを下ろしてトルクレンチでボルトを締め込む。

反対側のバーナーも念のために交換。
同様の作業を行う。

タイヤを外してもバーナーへのアプローチ部分が狭いので、バーナー取り付け、裏蓋取り付けに難儀してしまったので、左右交換で都合30分も費やしてしまった。

もっと作業性の良い形状にして貰いたい。
え?そんな事はディラーのメカニックにやって貰えば良い?。
それを言われると反論のしようがないです。

by wonderfullifewith | 2014-10-10 11:46 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by detour135 at 2014-10-11 09:50
あの音はいつ聞いても嫌なものですね。走行中に鳴ると「爆発するんじゃないか?」という気にさえなる事もあります。それにしてもベロフって3年もたないってビックリですね。私は使っていませんが、高そうなのでもっと使えるのかと思ってました。。。。
Commented by BONBY at 2014-10-11 10:14 x
バーナー交換ご苦労様でした。
ホイール締め付け用アダプターに触れられなかったのでちょっと残念でした(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2014-10-11 11:55
detour135さん
あの音は寿命が縮まりますね。
自分も長寿命を期待して有名メーカー品にして見てんですが、何となく裏切られたような気がしますが、これが工業製品のサダメですね。
Commented by wonderfullifewith at 2014-10-11 11:56
BONBYさん
今は一身上の都合によりロックボルトを装着していません。
なので気楽と言えば気楽なんですが、ネタ的におもしろみが少ないですよね(笑)。
Commented by マル運 at 2014-10-18 01:01 x
こんばんは、マル運です。

30分で交換出来るのが、凄いです\(^_^)/
私だったら・・・片方に1時間、合計で2時間ってところですかね。。。
Commented by Wonderfullifewith at 2014-10-18 11:32
マル運さん
何をおっしゃいますか、貴殿なら両方合わせても30分で解決しちゃってるかと(笑)。


<< 出会い系サイトで知り合いました      あの人が帰る >>