2014年 09月 30日
ステーキ宮
アウトレットで友人とばったり遭遇し、プライベートで会うのは久しぶりだから夕食でも一緒に如何?って話になる。

この場合「一緒に如何?」ってのは「運転手してね」って事になるわけだが、それも最近は長男が免許を取ってその役目もご無沙汰となっていた。

ただ大学生もアルバイトなどで忙しく、そうそうオヤジの運転手をやるって事もしないわけで。

向かった先は最近勢力を伸ばしている(と思われる)「ステーキ宮」手稲店

オープンしたてで、休日って事も手伝って店内は大混雑。
それでも30分位で席に案内されるが、アルバイトの店員さん達も初々しさ満載。

順番待ちの時点でメニューを決めていたので、オーダーはすんなりいったのだが、面白いのは「オーダーを取る人と配膳する人の仕事がハッキリ分かれている」って事。

料理を持ってきてくれた人に追加注文をしても「係のものが参りますので」と言って受け付けてくれない。
この様な店で「それではダメだろ!」なんて無粋なことは言わない我々は、おとなしくオーダーを取る専門の人が来るのを待つ。

オーダーの端末を持った人がやってきて、こちらの注文を受け付けるのだが、一応経営者である我々の興味は「配膳係とオーダー取る係と、どっちが時給良いんだろうね?」って事だったり。

「お金を扱う方が時給良いんじゃないか?」って事で一応の決着を見たが、もしかしたら同じなのかも知れない。
だって店長以下ホールに出ている人のほとんどがアルバイトっぽい感じだったから。

配膳も一々「○○(料理名)のお客様」って言いながらテーブルに置くんだけど、終始徹底してその言葉を繰り返しており、最後の一名分までそれを言ったときには思わず苦笑。
「どこに何が並べられてるか見れば判るでしょ。最後の料理は目の前に料理がない人の分だって大体想像が付くでしょ」なんて無粋なことを言わない我々は黙って受け取る。

受け取るが、どうしても数が合わない。
「このライス誰が頼んだの?」って感じで多く運ばれてきたが、「ライスとソースはおかわり自由です」みたいなことを言われたので、心が広い我々はあまり深く詮索せずに頂いておいた。

メニューを見ると「インジェクション加工肉」のような表示があったが、これは安くて固い肉を柔らかくするために、注射器の様なもので脂を注入する方式を採用した肉のことなんだろう。

そんな肉を50をとうに過ぎた友人は300gでオーダー。
a0015198_1732795.jpg
これに店の酒がなくなる位に飲んでるんだから凄い食欲だ。

自分はインジェクション加工肉のどこの部分を使ったか判らないようなミンチ肉で作った(と思う)ハンバーグをオーダー。
a0015198_1733019.jpg
味はお値段なりのもので、びっく○ドンキーよりは美味しいと思う。

食後のデザートを欲したので、ご飯やパンなどのサイドメニューを頼まず、ミニチョコパフェを頼むおじさん。
a0015198_173324.jpg
ロイヤルホストのホットチョコファッジサンデーが恋しくなった。

北の人間って「熱しやすく冷めやすい」ので。一時的なブームで終わらずこれからも頑張って繁盛して貰いたい。

by wonderfullifewith | 2014-09-30 17:10 | うちのこと | Comments(4)
Commented by マル運 at 2014-09-30 20:40 x
こんばんは、マル運です。

インジェクション加工肉・・・たぶん私が普段食べているお肉は、こんなお肉ばかりなんでしょうね。。。

このお店、手稲駅から歩いて行ける範囲なんですね(^o^)
Commented by mi-bar at 2014-09-30 23:37
今や手稲の駅近くは西友と某病院に席巻された状態ですよね。
もしかしてここも病院食堂の一部だったりして。。。
Commented by wonderfullifewith at 2014-10-01 10:46
マル運さん
たぶん「軟らかいですよ〜」なんて売られてる肉の半分位はそんな感じなのかも知れないですね。
これはこれで素晴らしい加工技術だと思いますので、それをきちんと消費者に説明しているのには好感が持てました。

ここは手稲駅から歩いて行けると思います。
でも道民は歩いて行かないです(笑)。
Commented by wonderfullifewith at 2014-10-01 10:48
mi-barさん
手稲の病院と言えばあそこって感じで基幹病院という感じで機能してますね。
うちの家族も胆石など諸々でお世話になってます。

ステーキが出る病院ご飯ならちょっと入院しても良いかも?と思っちゃいますが、悪いのは頭と性格だけの人間には入院のご縁はなさそうで、PPKを狙ってます。


<< 電池交換してみようかと思い立つ      再度アウトレット突撃 >>