2014年 08月 22日
そうだ旅(どっか)へ行こう トマム雲海ツアー
休日前夜、翌日も仕事がないわけじゃないが、状態が安定しているものばかりなので、夜の見回りを済ませばあさまでは時間が取れると踏んだ自分は、風呂に入ってさっさと布団の人になることを決心。

2時30分、目覚ましで布団から出て仕事の「夜警さん」を一通り済ませ、安全安心安定を確認した後に車中の人となる。
a0015198_19461115.jpg
時刻は午前3時13分。


雲海発生確率50%、ただし北向きの風のため雲中となる恐れありなので、どうかな?と思ったが、行かずに後悔するよりも、胃って後悔した方がいいって事で、覚悟を決めたおっさん。

現場近くにさしかかると、なにやらいい感じで雲が見える。
これはトマム産の雲海の可能性あり?と心が躍り始める。
a0015198_194757100.jpg
ハワイに向かうときどんどん明るくなる感じを体験したが、雲海を見に行く最中はいつもそんな感じで車中で夜が明けていくのを感じる。

ゴンドラの乗り方が去年とは若干違ってチケットも券売機で購入スタイルとなっていたが、基本何も迷うことはない。
当然と言えば当然だが、ゴンドラに乗る人数は複数がほとんど。
自分のように「お一人様」はほぼ皆無。
まぁそんなこと知ったこっちゃ無い訳で、1人1900円の所が、2人なら3800円、3人なら5700円。
とてもじゃないが色男の自分には複数の費用はまかないきれない。

ゴンドラ内でコンビニで購入したパンやおにぎりを食べて朝食を取っていると、程なくして山頂到着。
トマム産の雲海は残念ながらほとんど出ておらず、と言うかやや雲中(雲の中)状態で、テンションだだ下がり気味。

それでも太平洋産雲海と思われる雲が遠くに見える。
前回訪れた際も太平洋産雲海を確認したが、24-105しか持ち合わせていなかったために上手く写真に納めることが出来なかった反省点を元に、今回は70-200も持参。
早速レンズを交換して太平洋産の雲海(と思われるもの)を撮影。
a0015198_1949862.jpg
かなり遠い。そしてちょっと高いか。
見ていた人も「少しずつこっちに来てる風なのに、なかなか来ないねぇ」と。
たぶんこれが流れてくれば「全面雲海」になったであろうに。

トマム付近はこんな感じで「視界良好」。
a0015198_1956147.jpg
一般生活において視界良好は喜ばしいことだが、ここではホテルのタワーが見えるようなことはあまり歓迎されない。
摩周湖の湖面が綺麗に見えるのと同じだ。

時折グワーッと雲が流れてきて雲中気味になったり、それが一気になくなって快晴になったりおもしろい天候だったが、肝心の雲海はついぞ流れてくることはなかった。

1時間30分ほど粘ってみたが、休日の朝の仕事があるのでこれ以上の観測は断念。
ゴンドラで地上に降りるのであった。

このまますごすご帰宅するのも悔しいので、朝一番のそんなに暖かくない時間ではあったがソフトクリームを査収。
お値段450円!。
購入を一瞬躊躇ったが、そんなことでは師匠に顔向けが出来ぬわと心を決めてポケットにあった小銭を差し出す。
a0015198_195866.jpg
タワーよりも大きいソフトクリーム、な訳ない。

味は牛乳ソフトのそれ。
特に「特記事項なし」って感じだが、唯一牛乳の生産者をリスペクトするかのようなクッキーが搭載されていた。
このソフトの値付けをするならば、クッキーに50円、ソフトとコーンに250円、残りの150円が労働者の早朝割増料金。

帰り際、屋外サービスでBBQスタイルで色々と朝食を提供していたが、これも非日常を味わう旅の醍醐味なんだろう。

非日常を味わう感覚は全くない自分は、とっとと車中の人になり帰宅開始。
a0015198_2092266.jpg
札幌まで134km。
旭川から戻る位の距離があるが、完全に違うのが高速道路の制限速度。
基本片側1車線、時々追い越しゾーンありの道東道はペースカーに阻まれるととんでもないことになる。

幸いこの日はペースカーがなかったので、安全な速度域で巡航することが出来た。

途中で雲海確認。
a0015198_2092579.jpg
なぜにあの場に出てこない!と雲に向かって叫んでみてもどうしようもないわなぁ。

ガッツリいい感じで出てきてるのに。
a0015198_2092745.jpg
車中からメクラでばしばしシャッターを切る。
悔しい。

途中でとんでもない位に睡魔に襲われたため、PAで缶コーヒーを購入したりして、何とか無事帰宅。
朝の仕事をしながら宅配便が来たので例の非難囂々な商品を受け取る。

a0015198_19582655.jpg
ものが悪いわけじゃない、写し方が悪かっただけなんだ、と言い聞かせてみるが、やはり白や黒や灰、青でももっと濃い青なら良かったのかも?。

今回、残念ながら綺麗な雲海は見ることが出来なかった。
雲海を見に行くと、ガソリン代や高速代、ゴンドラ代など経費が1万程掛かり、正直結構ハイリスクな旅だったりするわけだが、それでも行程が真夜中から朝に掛けてのことなので、家族の誰にも迷惑を掛けないところがこのお出掛けの良いところだと思う。

この日はその後もそこそこ予定があり、結局23時過ぎまでなんだかんだと仕事をしていたため、体力的には厳しいものがあった。
積極的に休日の行動を取ると、気持ちはリフレッシュされるが体がボロボロなのが難点なおっさんであった。

by wonderfullifewith | 2014-08-22 20:18 | くるまのこと | Comments(12)
Commented by chandra at 2014-08-22 21:07 x
わたしの4もそうですが トランクの後端エッジに面取りとRが付いていて 完全にエッジに付かないわけで ちょっと前方にスポイラーがついたところで
シャープにはならない という所見です (^o^;)ゞ
同色に塗ったほうが 目立たないから 付けない状態に近いから いまよりベター という意見は ちょっと私的には痛すぎます (^O^;)
Commented by マル運 at 2014-08-22 23:05 x
こんばんは、マル運です。

早朝から見に行かれたのに・・・雲海・・・残念でしたね~
お疲れ様でした。。。

2時30分に起床とは・・・新聞屋さんです(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2014-08-23 07:16
chandraさん
メーカーもなぜこの形のものを作ったのか、と言う辺りで検証してみたいと思います。
別か一緒か判りませんが、ボディデザインとオプショナルパーツの部門で、ある程度のやりとりはあったと思いますし。
まさかそこで「これさぁ、ダサくね?」、「いや、Mパフォパーツで羽根作らないわけに行かないしょ」とかそのレベルではないと(笑)。
何か理由があって「このデザインで行こう」って思ったはずですし。
「どうだ!」ではなくさりげなく違うを追求していく、そこにも楽しさがルのかな?と思ったりしてます。
Commented by wonderfullifewith at 2014-08-23 07:21
マル運さん
雲海、見られる確率は30%程度なので、まぁこんなものでしょう。
それに目的が「雲海を見に行く」だけではなく「ドライブ」ってものも含まれてるので、ある程度納得しています。
何より少ない自由時間を有効活用するためには、この深夜の時間帯は最高なわけです。

2時30分まで起きていることはほとんど出来ませんが、この時間に起きるのはそれから比べればかなり楽です。
仕事変えようかしら?(笑)。
Commented by pedi5 at 2014-08-23 15:04
私の車にもど派手なスポイラーがついていますが、世に生まれた瞬間からついているものなのであまり悪口を言う人はいないようです(^^;)もちろん500馬力を受け止めるためにしっかりとしたダウンフォースを生むためのものとして、目的があってついているものですが。
ニコルでは外したら保証しませんという意気込みです。

いっそのこと付けるぞって宣言しないで、知らない間についていると、こんなものかという風になるかもしれません。いずれほとぼりの冷めた頃にもう一度チャレンジしてみればどうですか?
Commented by kitanoeos at 2014-08-23 17:00
ご無沙汰しております。
なにやら微妙~なモザイクを複数発見しましたが、気のせいでしょうか(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2014-08-23 19:02
pedi5さん
アルピナのスポイラー、Mとはまた違ってるんですよね。
この辺にもメーカーの拘りを感じました。
ほとぼり冷めた頃にこそっと付けて、何事もなかったようにする。
これアリですね(笑)。
でもこちらのお仲間から一斉攻撃されそうです(大笑い)
Commented by wonderfullifewith at 2014-08-23 19:04
kitanoeosさん
見つかりましたか(笑)。
写真を見たら「世間に公表してはいけない何か」が写ってしまっていたので、モザイクを掛けてみました。
えぇ察して下さい。
右足に力が入りすぎたときに見える光景の何かです。
Commented by kotodaddy at 2014-08-24 20:27
おぉ、トマムのツインタワー^^
むか~し、スキーで行きましたね、ここ。夏場はこんな感じなのか^^
私も、「あれ?あの画にはあったのにこの画には写ってないのかな・・」と
思うところが幾つかありました(笑)。
ソフトクリーム系で450円はワタシ史上、最も高い印象がします。
私は職業柄、なまじこういうモノの原価を知ってしまっているので、おそらく
ヾ(゚Д゚ )ォィォィ感も一般の方々より大きいと思ってます^^;
Commented by skoyama at 2014-08-24 21:04 x
週末江戸にいたのですが、アチラのインフレはものすごく、
450円のソフトなんてかわいいモンでした。。(-_-;)
またブログで書きます。
Commented by wonderfullifewith at 2014-08-25 07:28
kotodaddyさん
トマムですが、冬に行ったことはありません。
だって北の大地を代表する寒い場所なので、私のような寒がりが行ったら死んじゃいます(笑)。

ものの原価、確かに知っちゃうと「何だかなぁ」って思いますよね。
値段のほとんどが「人件費」ですからねぇ┐('〜`;)┌。

写ってないもの、それはきっと「写ってはいけないもの」なんだと思います(笑)。
Commented by wonderfullifewith at 2014-08-25 07:29
skoyamaさん
江戸は凄いですか。
トマムの450円ソフトは、富士山山頂で飲むコーラと同じだと思い込むことにしました。

ブログ楽しみにしてますm(__)m


<< 海王丸      純正品だから >>