2014年 07月 21日
四季彩の丘
お腹も満たされたし、次は先月訪れたときにはまだ花も咲いてなかったが、今時期なら大丈夫だろうって事で再訪。

さすが観光名所だけあって、駐車場は一杯。
それでも何とか車を駐めて敷地内に突入。
ここも観光客はほとんど大陸方面の外国人。

こちらの施設は「感動したら200円ほど寄付して欲しい」と募金箱を置いてある。
中身をのぞいたらそこそこの金額が入っていた。

a0015198_10432888.jpg

こんな風に花を育てるのも苦労だろうなぁと。

a0015198_1043517.jpg
敷地はとても広大なので、人がある程度居てもそれほどの窮屈さは感じないし、観光客のほとんどはトラクターの牽引するトロッコのような物で敷地内を観光していた。

a0015198_10433128.jpg

これで空が青ければ美瑛の丘とのコントラストがとても綺麗なのに、この時間帯だけ曇ってちょっと残念な感じだった。

ちなみにこちらには「アルパカ牧場」もあるので、時間とお金に余裕のある方は是非見学して貰いたい。
自分も見て行こうかと一瞬思ったが、何となく財布に手が伸びなかったのはなぜだろう。

先を急ごう

つづく

by wonderfullifewith | 2014-07-21 11:01 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by kitanoeos at 2014-07-21 13:30
綺麗な風景ですね。
行く勇気(いや気力か?)が有ればさして遠い距離ではないのですが
毎年チャンスを逃してしまいます。
きっと心が洗われる様な光景なのでしょうねぇ~。

そうそう、例のお店行きましたか?
Commented by wonderfullifewith at 2014-07-22 07:23
kitanoeosさん
そちらからですと私の所からよりも若干近いですよね。
確かに心の中の「なぜそこに行く?」が解決されないと行動出来ないような距離でも正直ありますが、自分の場合は「定点観測」とか「お約束」とか「ネタ」とかがその原動力になっています。

心が洗われるかどうかはちょっと判りませんが、いつも思うのは「管理している人は大変だなぁ」です。

例のお店?
あれ?なんでしたっけ?
最近は短期記憶がかなりマズいことになってます(^_^;)
Commented by マル運 at 2014-07-22 23:08 x
再度こんばんは、マル運です。

四季彩の丘、外人・・・と言うか、中国人が多いですよね~
それも、「はいるな!」って書いてあっても平気で畑に入って写真を撮っていたりしますからね~

四季彩の丘、前より大きくなったように感じますが・・・




Commented by wonderfullifewith at 2014-07-23 13:58
マル運さん
四季彩の丘はほぼ大陸系の方で占拠されていました。
なのでトラクターを運転していた人もそちら方面の言葉で案内してましたね。

規模はドンドン大きくなってるような気がします。


<< 青い池からの〜千望峠      シットココ >>