2014年 07月 19日
シットココ
ファーム富田の視察を終えた一行は、と言っても調査団は自分一人な訳だが、パワーランチのために会場に向かった。

その日の会食場所はシットココ
アイヌ語で「目を見開いて良く探す」という意味らしい。
実際、食べログで調べた住所と車載ナビの示す位置が違っていたので、店の名前通りしっかりと目を見開いてお店の看板を探さなければ通り過ぎてしまう可能性も大。

食べログでのお店の位置は間違っているので要注意だ。

今回ばかりは車載ナビの勝利!
a0015198_17142675.jpg
何もないような農道の左側に突然看板が見える。

a0015198_1714297.jpg
店は50mほど奥まった場所にあり、駐車場はぎっしり駐めて10台位か。
ただ注意しなければならないのは、このサイズの車の場合、敷地内で方向転換が出来ない。
自分もあまり深く考えずに車を頭から駐めてしまったために、帰るときは直線バックを強いられた。
トレーラーで来なくて良かったとつくづく思ったが、こんなところにトレーラーで来る人はいないだろうし、大体が深視力検査に落ちて牽引免許を失効してしまった自分には要らぬ考えであったことに直ぐに気づく辺り、まだ色々大丈夫。
a0015198_17213570.jpg
この時点では車両の左右に余裕があるが、帰り際には両隣に車があり、後方は直ぐに店舗となっているため方向転換は無理な状況。

店内は1Fと2Fにテーブルがあるようだが、自分は受付に人差し指1本を立て「お一人様の客」であることを提示したところ、1Fの席に通される。
実際先客が3組ほど居たが、客層によって1Fと2Fの区別はなく、1Fが埋まったら2Fに通すスタイルとなっているようだ。

メニューはハンバーグ、シチュー、カレー辺りにいろいろなアレンジが加わったもの。
地産地消の店と言うことだが、確かにこの辺は農業位しか産業がないし、店の周囲は全て田んぼや畑ばかり。
ご近所から野菜を仕入れ、肉もその辺の農家から出荷された物を使用するって事だから、まさに地産地消にはもってこいの立地、てゆーか田舎。
この場所で商売が成立するってこと自体が凄いと思うが、逆にこの場所で「隠れ家レストラン」という売り方をしているのかも知れない。
少なくともお世辞にも栄えているとは言えない富良野の街中で店を出すよりは効果的だと思う。

メニューをパラパラとめくり、自分は富良野牛の赤ワイン煮込みをオーダー。
パンとライスを選択出来るのでそちらはパンをチョイス、ドリンクは食後にアイスコーヒーと完全な布陣だ。

先鋒はサラダ。
a0015198_17144196.jpg
いきなりの地産地消を前面に押し出したかのような大きなキュウリが目を引く。
きっと市場に出してもあまり良い値段が付かないような曲がったキュウリなんだと思うが、切ってしまえば判らない。

続いて紫色のジャガイモを使った冷製スープ。
a0015198_17143854.jpg
上に何かのジュレが乗っているが失念。
ビシソワーズ好きな自分は一口飲んで歓喜。
「お客様からはラベンダーが入ってるのですか?と聞かれるんですが、ジャガイモの色なんです」と教えてくれた。

続いてメインディッシュ
a0015198_17143667.jpg
富良野牛の赤ワイン煮込み。
富良野和牛って、ちゃんとした黒毛和牛なのね。
最近は国産牛と和牛がごっちゃになってたりするからこの辺は注意しておかないとね。

ガラスのお皿がおしゃれだが、温かい料理なので透明なお皿じゃなくて白いお皿でも良かったような気もしないでもないが、その辺はウルサいことは言わない。
ほどよく煮込んであり、肉の線維が口の中でほろほろととろけていく。
なかなかの美味。
残ったソースをパンに付けて綺麗に頂く。

デザートも地産地消でイチゴとメロン。
a0015198_17143396.jpg
イチゴは小振りだがどうしてどうしてかなりの甘さを誇っていた。
メロンは普通の味、なんて贅沢なことを言うつもりはないが、強いて言えば「異常なし」。

アイスコーヒーをすすりながらこの先のことを考えつつ、小さな子供連れが入ってきてその子供が騒ぎ出したところで店を出る。

本日のランチ代、お一人様1300円也。
地代家賃がほとんど掛かってないから出来る価格設定のような気がした。
デートにはオススメの店。

つづく

by wonderfullifewith | 2014-07-19 18:16 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by マル運 at 2014-07-22 23:05 x
こんばんは、マル運です。

これは、デートなどによさげなお店ですね(^o^)

そのお店に一人で行かれるとは・・・
って、本当は、綺麗なお姉さんとか一緒では無かったんですか?(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2014-07-23 13:57
マル運さん
ここのお店はデートに最適だと思いました。
次は誰かを誘いたいと思います。
本当は家族をと思うのですが、私の休みは他の用事が満載で全然合いません。
困ったものです。

綺麗なお姉さんがもしいれば、現地調達でも全然問題ないんですが・・・。


<< 四季彩の丘      晴れた7月中旬は富良野でしょ >>