2014年 06月 06日
そうだ旅(どっか)へ行こう 江部乙菜の花祭り
Facebookを見ていると、滝川の北にある江部乙(えべおつ)では菜の花が満開との情報をあげている方がいた。

菜の花を栽培している農家が点在している地域で、これを町の活性に生かせないかって感じで始めたようだが、今間だ発展途上の感も否めない中、農家の人などが中心になって頑張っている(ようだ)。

産業が衰退している空知地方、何でも良いから活性化されれば嬉しいってことで、応援がてら見学に出向く元空知の人間。

滝川駅で情報を入手し、場所を確認。
その前に「たこ丸」さんで腹ごしらえ。
北の大地なのに本格的たこ焼きを食べさせる店がこの地にあるとテレビで知り、一度訪れてみたいと思っていた。
店構えは昔ながらのと言えば聞こえが良いが、単なる古い建物で、家賃相場で言えば1万円くらいでも誰も借りないかも?って感じの建物。
逆にそれがたこ焼きの8個300円というお値段に繋がっているのだとすればとてもありがたい。
持ち帰りの客がほとんどみたいで、客が次から次へと訪れてはできたてのたこ焼きを持って帰っている。
どうやらテレビ放送があってから繁盛に勢いが付いた感じのようだ。

自分は持ち帰りではなく店内でお召し上がりのお客なので、しばらくボーッとたこ焼きが出来上がるのを待っていた。
「おまちどおさまです」と出されたたこ焼きは、ほんの少しだけ小ぶりな感じはするが生地はフワトロで一口で口に入れたことを思い切り後悔するくらいに熱い。
アフアフアフと小声で言いながら何とかのどに通るに十分なだけ生地を冷ましてから嚥下作業に移る。
危なかった。
でも味はとても美味しく、次に滝川に来たときはまた立ち寄ろうと思う。
たこ焼きの写真?
ないですけど?。


道の駅から循環バスを出しているようだが、車で現地まで直接出向くことも出来るようで、現地到着時刻が循環バスの終わり時刻だったことも手伝い、自分は現地までと言っても数分だが車で出向くことにした。
臨時の交通規制が敷かれていて、菜の花祭り会場付近は一方通行になっていた。
開催時期のみ許されている(と思う)路駐をして会場に向かう。
会場と言ってもそこは単なる菜の花畑。
菜の花の作付状況を確認しに農家の畑を見に行く農業調査員みたいな仕事を果たして祭りにして良いのか?って気もしないでもないが、そこはそれ「やったもん勝ち」的な要素も大きいので大目に見ておく。

菜の花畑はその辺に点在しているため、別にメイン会場以外にもどこでも良いと思うのだが、ここは火の見櫓的なものが作られているので見学にはちょうど良い(らしい)。

a0015198_103520.jpg
見物台の付近では無料写真撮影サービスなども行われいて、それなりに盛況のようだ。

a0015198_1025557.jpg
見物台に上って一枚。
確かに圧巻。
菜の花のスパゲッティ何人前だろう?

a0015198_1031237.jpg
見物台を反対側から見てみるとこんな感じ。
単管パイプで簡単にこしらえたものだが、それでもこれがあると無いとでは「単なる菜の花畑」なのか「菜の花会場」なのかの区別になって良いもんだ。

a0015198_10131364.jpg

注意書きには「農家の畑なので、中には立ち入らないでください」と書いてはあるが、山登りの隠語のお花摘みにでも来たのか、畑の中に入っている人が数名。
困った大人はどこにでもいるものだ。

さくっと菜の花祭りを見学して、道の駅へ戻る。
道の駅に来たのならやはりこれは外せない。
a0015198_1031727.jpg
おや?隣に駐まっているのはE90、ナンバーも90とは。
なぜに隣に駐めた?と言う気もしないでもないが、少なくとも家族大勢が乗ったミニバンの横よりは安全と考えたのだろう。

ソフトクリームはバニラ、イチゴ、リンゴとあったが、ここ江部乙はリンゴも有名な地域なのでリンゴにしようと一瞬思うも、イチゴソフト260円とリンゴソフト290円との価格差30円に負けてイチゴを選択してしまった自分、あまりに貧乏くさくて、ただ今絶賛後悔中。

帰りも水分補給を怠らないよう、しっかり体液保持に努めながら無事帰宅。
ちなみに滝川は以前も書いてあるがグライダーも有名なので是非一度体験してもらいたいし、自分もいつか体験してみたい。

by wonderfullifewith | 2014-06-06 10:31 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by miu_north at 2014-06-13 02:02 x
VOLVOのオーナーは、かなりの数で型式を車番になさいます。
70とか40とか・・ 整備工場に車番70が3台とかもよくありました。
Commented by wonderfullifewith at 2014-06-14 07:23
みうさん
最近の希望ナンバーを見て、何を根拠にこの番号にしたのかなぁと思うことを楽しみにしています。
それが愛車に関するものであったり、誕生日であったり、名前の語呂合わせであったりと、勝手に想像してるのも楽しかったりしますね。


<< そうだ旅(どっか)へ行こう 三...      そうだ旅(どっか)へ行こう 近... >>