2014年 05月 10日
体力勝負
a0015198_21542360.jpg


休日、3時間のフリートーク内職をこなし、雨も降ってないこと出しどこかに出掛けようと思い、雨雲がない場所はどこ?って探してみれば、どうやら洞爺湖方面に行く道すがらには雨雲は見当たらない。

自宅からやや南にいた身としては、中山峠経由で洞爺湖に行くには好都合。
よっこらせと車を走らせ、まずは腹ごしらえのために南区にある隠れ家的ラーメン屋「しんがり」で腹ごしらえを企む。

ここはまぜめんで有名になった店だが、以前それを食べてあまりのネギの多さにちょっとギブって感じだったので、今回は日替わりで出ていた「担々麺」を頂く。

担々麺、個人的には175DENOの方が好きだなぁ。
a0015198_21542553.jpg


それでもうっかりスープまで完食して若干の後悔を感じつつ店を後にし、山に向かって車を走らせる。
特に混んでいることもなく定山渓温泉街を通り抜け、途中工事中の交互通行で止まったりしながら車は中間地点付近の中山峠を目指す。


中山峠到着
先ほど担々麺を食べたので、峠のイモやアイスクリームを食べるだけの胃袋の隙間は残っておらず、トイレタイムだけ済ませて車に乗り込んだところで、何となくの体の違和感を感じるアラフィー。

ダルい。
何だろうこの言いようのない怠さは。
内職がヘビーだったこと、胃袋が一杯になりすぎていること、その日の天気がいまいちなこと、洞爺湖と言っても行き先はたぶんレイクヒルファーム辺りで終わらせてしまうだろうという何となくのやる気のないドライブ行程のこと、その日の3時30分からNHKでお知り合いがテレビに出るらしいからちょっと見てみたいなと思ったこと等が一瞬にして脳裏をよぎってしまった。


どうしよう、このまま喜茂別方面に車を進めるか、今来た道をそのまま戻るか。
気持ちは五分と五分。

あとは峠の駐車場から本戦に出たときに、どちらにウィンカーを出すかで決めようってことにして車を走らせる。

本線合流で自分が出した答えは
右ウィンカー、すなわち自宅方面へ車を走らせることにした。

やはり「疲れていた」ってのが自分に右ウィンカーを出させた一番の理由だろう。
こういう日もあって良いさ、今日は中山峠にドライブに来たんだと自分に言い聞かせ、下り坂を走り出す。

が!
どうしたものか、前方を走るトラックが凄くのんびり坂を下っているではないか。
「何やってるのよ!」と車の中で叫ぶものの、その声は前方のトラックに聞こえるわけもなく、いらいらだけが募る。
だがしかし、のろのろ走ってるのはトラックではなく、その前方のカローラバン。
これがまたカーブのたびにブレーキを踏んでるような走り方で、イライライライライライライラ・・・・・・・・。

真冬の峠じゃあるまいし、制限速度以下でブレーキ踏みながらカーブ曲がる馬鹿がどこの世界にいる?。
もう一度教習所行って車の運転の仕方習ってこい!。

完全に脳内は今までのだるいとか疲れたとか面倒だとかそんな気分は吹っ飛び、気持ちは一転にカローラバンに向かう。

a0015198_2154283.jpg


一気にぶち抜いてやろうかとも思ったが、いかんせん上りの車が良い感じでやってきたり、センターラインが黄色だったりで抜き去るチャンスがなかなか来ない。

結局なんだかんだで定山渓温泉までこのカーブのたびにブレーキを踏んで走る車の後ろの後ろについて走ることになった。

こんなことなら喜茂別方面に向かって走れば良かったと一瞬思ってしまった自分が情けない。
自分で選んだ道だもの、誰に八つ当たりできるわけでもなく、自分を恨むだけ。

そうこうしているうちにようやく定山渓温泉街に到達し、片側二車線の道まで出たので左側車線からすーっとそれらの車を追い抜く。

その後は気持ち良く里まで下りて来られた。

a0015198_21543124.jpg



教訓
休みだから、天気が良いからと、自分の体力を考えずに無理矢理出掛けるのは止めよう。

写真と文章は一切関係ありません。

by wonderfullifewith | 2014-05-10 22:19 | まぜまぜ | Comments(4)
Commented by mikamikuma at 2014-05-11 16:26 x
わんにゃんたちがいい顔してるね、、、!(^^)!
やっぱり、飼い主に似るんだろうね、、、( ..)φメモメモ

今年は何とかおじゃましたいと思ってましたが、曜日でのプランは、↓

木曜朝にフェリーで函館昼着、
その夕に管理人様宅を、前回同様ピンポンして、(笑
金曜夜に、札幌の同業と一杯やって、
土曜にライブ観て、、、
日曜はどこもお休みでしょう、、、
月曜に帰りのフェリーって、ことで、実現の折はよろしくお願いします、<m(__)m>
Commented by wonderfullifewith at 2014-05-12 07:24
mikamikumaさん
イヌたちは台所の上から落ちてくるであろう「キャベツの芯」をひたすら待ち構えているのです。
しつけが行き届いているというか(苦笑)、こちらのご家庭のお父さんは何を生業になさっているんですか?と訊きたくなりますね。

北の大地ツアー日程、了解しました。
夜なら大体大丈夫だと思います。
詳細の日程が判りましたらご一報くださいませ。
Commented by pedi5 at 2014-05-12 11:20
先日中山を走ったときはやや早めのペースだったのに札付きナンバーの車にびったりつかれ非常に不快でした。登りでいやと言うほど性能差を見せてやりましたが大人げないと思い登坂車線で抜かせてやりました。最初から最後まで2車線に出来ないんですかね。
Commented by wonderfullifewith at 2014-05-12 17:52
pedi5さん
何という怖い物知らずなドライバーさんなんでしょう。私ならあのエンブレムを見た瞬間に道を譲ります。
間違っても煽ったりするような行為は出来ません。
万が一にもがつんとブレーキ踏まれたら、保険屋さんが「勘弁してください」と言うほどの修理代になりますでしょうし(笑)。

峠の道は時々路肩が崩れたりとなかなか大変ですが、道央と道南を結ぶ大動脈ですから、早く完全2車線になってもらいたいですね。


<< そうだ旅(どっか)に行こう 戸...      そうだ旅(どっか)へ行こう 「... >>