2014年 01月 13日
こんな所で凄さを思い知らされる
毎年年の初めには、残念なお仲間が昼間のファミレスに集まって楽しくワイワイ車談義に花を咲かせるのが恒例となっている。
今年はちょっと遅めの新年会となったが、それでも4人の残念な大人達(長男病、もとい超難病罹患患者複数含む)がガストに集まった。

お店の売り上げに貢献すべく、適当に昼食を頼み、外の思いも寄らぬ大雪を横目に席を陣取るオジさん達。

色々な業界の裏話などに、他の一同が「ふーん、大変なんだね」と相づちを打ちながらドリンクバーの飲み物を啜る。

今回集まった面々の共通項目は「フロントブレーキがブレンボ製」。

「ぼっちにならなくて良かったっすね(笑)」とE39ツーリングの重鎮に言われ、何となくホッとしてる自分。

そんな重鎮のお一人もここ最近は○ク○に乗り換える発言をして世間を騒がせているが、ここで本当に黄色いア○アなんぞに乗り換えた暁には、蝦夷の沽券に関わり全国のオーナー様に示しが付かないって事で、あの車は是が非でも、それこそどんな力を利用してでも次回の車検を通すって事で話が纏まった。

なに、いざとなれば認め印を何処かで入手して、愛車を奪取し車検場に向かえば良いだけなのだから(笑)。
その際の法定費用のカンパは関係各位にお願いすることで話が纏まった。
もしそのような通知が手元に届いた際は、気持ち良くカンパの程をお願いしたい次第m(__)m。

今回、運転席のドアノブがもげ取れるというアクシデントで凹み加減のあの方へ、応援メッセージを頂ければ幸いである。

にしても、ドアノブが壊れるって事、あるのね。


で、外はやはり大雪が降り続いている。
どの位の雪かと言えば、数時間で車が埋まる位。

高速道路は一部通行止めになっているのだが、それは大雪のためではなく「除雪が間に合わないため」らしい。
そしてその雪の降り方は、豪雪地帯である空知よりも、この政令指定都市の、それも「ごく一部」だけが凄いというのが判明した。

「伏古から向こうは全然雪降ってないっすよ」と、そちらから掛け付けてくださった方のお話。
「空知もこんなに降ってないですよ」と仰ってくれたのはE38にお乗りの方。

豪雪地域は市内北区、東区に局在していたようだ。


夕方5時近く担ったので、そろそろお開きにしましょうって事で店を後にして、各が各車の雪を下ろし始める。

そんな中、一人だけ雪を下ろさない人が。
「スノーブラシ積んでないんです(笑)」

さすがE39ツーリングオーナーだ。
すぐさま周りの人間が車体の雪を下ろし事なきを得る。

a0015198_1011512.jpg
あの方のE39セダン、スノーブラシを積んでいなかった平成25年度残念大賞受賞E39ツーリング、車検場の昼休みの間に指摘されたアームを交換して、第3ラウンドで再検査を受けたE34。


a0015198_1011242.jpg
右端は今回事実上自分の命の恩人と言っても過言ではないE38


自分の車は他の方の列とは違う場所に駐車していた。
a0015198_107239.jpg
車両に積もった雪を下ろし、さて帰宅しようと思ったその時、悲劇は起きた。

シフトをDに入れ、いざ発進・・・、出来ない。
インパネには車両のスリップサインが点滅している。
「ん?スタックしたか?」と思い、シフトをRに入れ多少車を揺すぶろうとするが、これがほとんどびくともしない。
DSCをカットしても車は動く気配を見せない。

その異様さに気づいたE38オーナーさんが、車両を見て一言

「前輪廻ってないです」

一瞬その言葉の意味が判らなかった。
前輪が廻ってない?、どゆこと?。
シフトをDやRにして車両を前後に揺らしてみても、前輪は一切動こうとしないのだ。

どうやらこの寒さでブレーキが固着したらしい。

この時期、この地ではそのような事が時々起きるのだが、それでも大体は発進時の衝撃で「ガツン」と言う音と共に固着が外れて通常走行が可能となる。

どうしようもないので、車体をジャッキアップしてタイヤを腕力で廻そうとしたが、自分が目一杯の色男であることをすっかり忘れていた。

ジャッキアップして前輪が浮いたところで、ホイールに足を掛けて踏ん張っても、スポークを握って廻そうとしても、前輪はびくともしない。

そりゃそうだ、2t近くある車がその前輪を動かそうとして動かないんだもの、60kg位の人間が何かをしてどうなるものでもない。

びくともしない前輪を前に、正月に階段から落ちて負傷した肘と背中の痛みを再発させているだけの色男一人。


にしてもこの真冬のさなか、まさか本当にパンタジャッキを使うようなことになるとは思ってもみなかった。
備えあれば憂い無しとは良く言ったものだ。
ただ、ちゃんと使えることも判ったし、今後何かが起きた時には「良い実績」として残ることだろう。


もどって、
途方に暮れて気持ちは体育座り状態。

それでもE38オーナーさんが側にいてくれたお陰で気持ちの上ではものすごく助かった。
大体が前輪固着を指摘してくれなければ、これから先の解決法も何もなかった訳で。
取り敢えず応援部隊をと思い、あのE39セダンオーナーさんに電話を入れて事情を説明。

そこで気持ちが少し楽になったのか、ふと頭に閃く物が。

「凍ってるんだったら溶かせば良いんじゃね?」

普通に考えれば当たり前のことなんだが、パニクってるときにはこんな事すら思いつかないものだ。

ファミレスの店内に入り、店員さんにバケツにお湯を分けて貰う。

お湯は余り熱い必要も無く、と言うか熱湯は危険なので、40℃くらいのお湯で大丈夫。
それをキャリパーめがけてザバーッと掛ける。

ジャッキアップされて浮いている前輪は程なくしてくる来ると何事もなかったように回り出した。

「6ポットの固着力、恐るべし」
いや、そんな事でこのブレーキの威力を実感する必要性は全くないのだが、実際この時期は床まで踏み抜くようなブレーキングをしても、ABSが無情にガガガガと機能するだけの世界だから、こんな事でも無ければその威力を感じることも出来ないのかも知れない(違)。

E38オーナーさんやあのE39セダンオーナーさんに礼を言い、駐車場を後にした自分は、車内で色々と考える。

「万が一出先で固着したとき、そこに運良くお湯の供給があれば良いが、そうじゃない場合はどうしたら良いか?」
「固着を融解させる何かを搭載しておかなければならない」
「お湯の代わりになるもの、ラジエーター液は危険だから、温かくなくても凍らない液体は?」
「・・・・・・」
「そうだ、ウィンドーウォッシャー液だ!」

こちらでは-30度まで凍らないウォッシャー液が安価で供給されているので、DIYセンターでウォッシャー液とスプレーボトルを購入した。

ボトルにウォッシャー液を入れておけば、万が一の場合でもキャリパー周囲にスプレーすれば固着は外れる。

我ながらナイスアイディア!。
ウォッシャー液なら金属に対する攻撃性もそれほど高くないだろうから、たぶんそのままでも大丈夫だと思うし。

てことで、ドタバタな残念な大人の新年会は幕を落としたのだった。

by wonderfullifewith | 2014-01-13 10:49 | くるまのこと | Comments(12)
Commented by ぞっかー at 2014-01-13 12:54 x
昨日は大変お疲れ様でした。


命の恩人なんて大げさな~
こんな私でもお役に立てて光栄です!(笑)

6ポットの力もそうですが、いいだけ空周りさせツルツルにした接地面
なのに、前輪フリーになるとすんなり脱出するあたりタイヤにもびっくりでした。(笑)

しかし、T氏のスノーブラシ積んでないし、夏ワイパーだし、さすがにタイヤは夏タイヤでなっかたですが… (爆)

2014年もよろしくお願いします!!


Commented by BONBY at 2014-01-13 13:11 x
今年はブレンボで盛り上がったんでしょうね(笑)

しかし、ブレーキのアイシングには参りましたねぇ~
キャリパーの水ハケが良くないのでしょうか

ウォッシャー液で融けてくれれば良いのですが
凍ったフロントガラスに掛けて融けましたっけ?

超解氷スプレーなんてのも有った様な
防氷か解氷かの違いだと思いますが 
理系男子としては試してみたい所です。
Commented by mikamikuma at 2014-01-13 18:39 x
えっ、そういうことあるの?
今までそんなこと聞いたことない、、、

むかし、長野にスキーに行って、その時に車で来ていた、
当時のブルーバードSSSが朝になってサイドブレーキが
凍ってしまって戻らないってことは現場にいて、…(@_@;)

この人も、真冬にサイドを引くなんて、、、東京の人、(@_@。

やはり、札幌の気温が違うんでしょうね、、、
ウィンドーウォッシャーも、30度じゃ厳しいかも、
60度にパワーアップしてください、、、<m(__)m>
Commented by wonderfullifewith at 2014-01-13 18:51
ぞっかーさん
ほんとありがとうございました。
貴殿に「廻ってないです」って言われなければ、一人ではまず解決に向かわなかった事案だと思います。
あの車、ドアが開いてると動かないんです。
面倒な機能ですよねぇ。

にしても夏ワイパーでブラシ未搭載、漢ですよね(爆)

今年も宜しくお願いいたします。
お仕事、頑張りましょう!
Commented by wonderfullifewith at 2014-01-13 18:54
BONBYさん
盛り上がるまでは行かなかったですが、もしノーマルだったらものすごく肩身の狭い思いをしたのは間違いなかったです。

キャリパーの水はけに関しては良く判りませんが、あの日の天候では仕方ないのかな?と思える感じでした。

解氷スプレーもありますね。
でもオイル成分とか入ってないでしょうか?
その辺がちょっと引っかかったので、まぁ溶ければ良いやって事でウォッシャー液にしました。
これから暫くはこの気温が続く地ですので、何回かテストしてみます。
Commented by wonderfullifewith at 2014-01-13 18:57
mikamikumaさん
レアケースだとは思うんですが、実際にあったので・・・。
サイドブレーキを引くってのは、サイドターンの時しか使わないですよね。
でも本州出身の知人は、何事もなかったように冬でもサイドブレーキを引いて駐車してます。
自分はワイヤーの凍結が怖いのでやったことはありませんし、ATならPに入れておけばまず問題ないと思ってるので、今ではサイドブレーキなんて物は車検の時のための物に成り下がってますね。

気温は-10度位でした。
なので-30度のウォッシャー液の原液があれば大丈夫です(笑)。
さすがに本目的仕様の際は半分位に薄めて使ってます。
えぇこの辺なら-20度までも下がりませんから。
Commented by detour135 at 2014-01-14 10:18
北の大地おそるべし、ですね。
東京にいる限りそのような現象が起こる事はまず無いと思いますが、
そんな状況に陥ったら都民は間違いなくパニックになる事でしょう。
ウォッシャー液、、、、覚えておきますwww
Commented by wonderfullifewith at 2014-01-14 15:23
detour135さん
東京でこれだけの雪が降ったら、間違いなく新聞一面トップを飾るでしょうし、7時のNHKニュースやワイドショーはこの状況一色になること間違い無しですね。

でも悲しいかなここは北の大地、普通のことのようにニュースでも「今日も真冬日更新」くらいな扱われ方です。
一応高速道路が通行止めになったとか、JRが遅れたとかは記事になりますが、道民は皆通常案内レベルの感覚子か持ち合わせてないと思います。

ブレーキの固着はちょっと焦りましたが、こんなこともあるんだという経験にはなりました。
次回からは万が一車が動かなくなっても一人で対応が出来ると思います。
Commented by mikamikuma at 2014-01-15 15:41 x
思い出していうか、長くなるので書かなかったんですが、追加です、、、(笑

むかし、長野にスキーに行って、その時に車で来ていた、
当時のブルーバードSSSが朝になってサイドブレーキが
凍ってしまって戻らないってことは現場にいて、…(@_@;)

凍るのは、サイドブレーキだけじゃなく、、、
その時に、フロントガラスも当然凍っていた、、、

誰か、やはり東京以西の人、、、
やかんを持って来て熱湯をガラスに掛けようとして、、、

やめてぇ、(辺見マリ・経験)、、(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

さらに、その時にNO2、ボディも当然バリバリの氷漬け、、、

誰か、やはり東京以西の人、、、
スノーヘルパーの片側についてる鋭い刷毛で、、、

あれやっちゃうと、氷と一緒に塗装も剥がれるって、やめて辺見マリ、(経験2)、、(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

いいなぁ~!(^^)!、雪の降らない所は、勉強になります。。。(^^)/
Commented by kotodaddy at 2014-01-16 19:04
寒さでブレーキが凍る・・!?
キャリパーとディスクの間に入った水分が凍ってしまったって事ですか。
うぅむ、この場に駐車するまで走って来られた訳ですよね。
当然ながらその時点ではキャリパーもディスクも相当な熱を持っていた筈
なのに、そこから凍るまでに至るとは・・。おそるべし蝦夷の冷え込み・・^^;
って言うか、更にクルマに積もった雪の量・・。何時間でこの状態に・・^^;?
Commented by wonderfullifewith at 2014-01-19 07:23
mikamikumaさん
寒暖差でフロントガラス破損、結構あるみたいですね。
さすがに今の時代はそんな事をする人もいないでしょうけど、昔はやっちゃったんでしょうね。
解氷スプレーなども一本搭載しておくと何かと便利ですね。

はけ、さすがに今の車の塗装は大丈夫かと(^_^;)
Commented by wonderfullifewith at 2014-01-19 07:26
kotodaddyさん
さすがにここまで凍るとは思ってもみませんでしたが、寒い時期なら時折発進時に「バキッ」と音がすることがあります。

この位の雪なら普通に走ってますし、これは3時間ちょっとの積雪量ですから、少なくはないですが強烈に多いって感じでも無かったと思います。

でもこれが夜中ならちょっと泣き入ってたと思います。


<< 谷本光      そうだ旅(どっか)へ行こう 新... >>