2013年 11月 14日
パンタジャッキを改造する
オレンジのアルミジャッキの他に勢い余って油圧式パンタジャッキを購入したは良いが、有事の状態で低姿勢な車両はジャッキアップ出来ないという話を聞いていたので、それは果たして本当なのか?と実際に確認してみた。
やはり科学者の端くれ、この目で検証再現してみたいのである。
a0015198_20375919.jpg
なるほど、確かに入らない。
入ってるように見えるが、ギリギリ入ってない。
てゆーか、写真撮影するのに取説がジャッキに挟まった状態ってどうなの?って気もしないでもないが、その辺は大目に見て貰いたい。

これ、冬期期間用の車高にした状態だから、夏場の低姿勢な状態では絶対無理。
それから、本来のジャッキが使われるであろう「パンク時」には車高はもっと下がるわけだから、何をどうしたところでこのままではこのジャッキは使い物にならない。

なので加工することにした。
もう金は払ったから、ジャッキを煮ようが焼こうがこっちの勝手なわけで、まず邪魔な部分を削り取ることにした。

a0015198_2041826.jpg
アルミで出来ている(と思われる)台座部分をこんな感じでカットすることとした。
ビニルテープは台座が動かないように擦るための小細工。

自宅前で電動グラインダーを持ち出していざカット!。
だが、家庭用グラインダーでは全く刃が立たず、少しだけ切れたところでグラインダーがうんともすんとも動かなくなってしまった。
モーターが焼き付いてしまったようだ。

こうなったら自分が出来ることは一つ、いつもの社長に泣きつくだけ。
ジャッキをトランクに入れて、車を走らせる。

仕事前の社長に「斯く斯く然々で台座部分をカットして欲しい」と懇願。
二つ返事で引き受けてくれた社長は、やおらコンプレッサーのスイッチを入れ、一気に作業に取りかかる。
a0015198_20452291.jpg
当初簡単に切れると思った台座だが、さすがにそれは硬かった。
プロ用機材を持ってしても、切断には結構な時間が掛かってしまった。

a0015198_20467100.jpg
途中まで切れたところ。
今後この作業を行う人は、ってこんな事をする人はそうそういないと思うけど、安い電動グラインダーで挑むと、返り討ちに遭って痛い目をみるだろうことは心しておいて頂きたい。

何十分かの格闘の末、漸く台座が切断され、綺麗に面取り作業に移る社長。
a0015198_20472546.jpg
この辺が素人と職人の違いだ。

a0015198_2049410.jpg
写真右上は自分がやってミスった部分。
若干斜めに削れてしまっている(恥)。

ヘアライン仕様から鏡面仕上げまで出来ると言われたが、さすがにここの部分に鏡面仕上げは必要ないだろうと丁重に辞退。
お願いしたら本気でやってくれそうだから怖い(笑)。
言えば車体と同一色にも塗ってくれるんだろうな。

社長にお礼を言って帰宅。

車を駐車場に止めて台座部分とジャッキアップポイントの関係を確認するため、ジャッキをあてがってみる。
a0015198_20513335.jpg
ちょこっとジャッキアップした状態だが、問題無さそう。

本当は小細工してこの様にゴム板を挟もうと思ったのだが
a0015198_2053103.jpg

実際に使うのは「パンク時」であることから、出来るだけジャッキの高さは低い方が良い。

そこで実際パンクするとどの様になるのかを検証してみることとした。
a0015198_20554220.jpg
タイヤのエアーを抜いてしまうと、思った以上に車高が低くなる。

パンク状態でジャッキアップ出来なければならないので、実際にジャッキを入れてみるとこんな感じ。
a0015198_20554887.jpg
これが結構ギリギリだったりする。
これにゴム板を挟んでみたが、ジャッキは入らなかった。

○○の考え休むに似たり

万が一のためにトランクにスロープなどを入れておけば良いのかも知れないが、普段からそこまでするのもどうか?って感じなので、やはりデフォルトの状態でジャッキアップが出来るって事を最優先に考えた。
いや、そんなことしないでランフラットのままにして置けよって話なんだけどね。

検証が済んだのでタイヤにN2を注入。17インチの場合フロントは2.0kpa。
a0015198_2057416.jpg
そろそろ窒素ボンベも1本目を使い終わるなぁ。

業務連絡
ボンベは2本目ありますんで、いつでもどうぞ(ただしセルフです)。

最後にトルクレンチでボルトの締め具合を確認。
a0015198_2057955.jpg

ジャッキをトランクに積み込み、今までのBAL製手回しパンタジャッキはガレージの肥やしとなった。

おじさんはね、ちょしてるだけで良いんだよ。

by wonderfullifewith | 2013-11-14 21:12 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by medama1go at 2013-11-15 10:41 x
白黒が真っ黒になったんですね。


え?違う?
Commented by BONBY at 2013-11-15 15:32 x
私の車載ジャッキは飾りに成ってます。
えせエアロが邪魔して使えません。
なのでパンクしてもタイヤ交換は出来ません。
いつかジャッキを用意しようと思っていますが(笑)
きっと一回痛い目にあってからになると思います。



Commented by ドラえもん at 2013-11-15 16:20 x
執念ですね、、、
ちょしてるだけで良いんだよ、じゃ
どうしてどうして、できない芸当でして、、、
なによりも、いいお友達をもって幸せですね、!(^^)!

ジャッキが不要のおクルマなのに、なぜか用意する人と、、、
ジャッキが搭載されてるクルマなはずなのに、
そのジャッキがどこに入っているのか、いないのか、
全く記憶がなくなったのと、どっちがどっちなのか、、、

ジャッキが必要な事態になっても、
保険についているロードアシスタンスに電話する事に決めています、

昨年ガス欠の時も、寄んだし、ただし、年一回20リーター限定、(笑
Commented by wonderfullifewith at 2013-11-15 16:29
medama1goさん
白黒が真っ黒?

え?え?
Commented by wonderfullifewith at 2013-11-15 16:31
BONBYさん
サンヨンのジャッキもなかなか手強いですよね。
自分もあれで何度か痛い目に遭ってから、純正ジャッキが日の目を見ることは無くなりました。

パンクしないことに越したことはないんですが、万が一はあってはならないので、転ばぬ先の杖と言いながら、ホント「ちょしてるだけで良い」んです(笑)。

やっぱり後悔ってのはあとにするもんですから、貴殿の行動は全く問題ありません(違爆)。
Commented by wonderfullifewith at 2013-11-15 16:32
ドラえもんさん
ほんと頼りになるお仲間に囲まれて助かってます。

有事の際には専門家を呼ぶのが一番なんだと思いますが、どうにかしたいって変な気持ちが消えないのが玉に瑕です。

弄りぶっ壊しが関の山のは判っているんですけど、やっぱり何かしてみたいんですね(笑)。


<< とある呟き      車高調整とジャッキと >>