2013年 11月 06日
車高調整
壊れたジャッキは板金の匠へ寄贈することにして、何時もの如く泣きつきに向かう。
雪が降る時期までもう時間がないので、車高をどうにかこうにかせねばならないのだ。

この車高調ってのがくせ者で、その時の状況で微妙に前後左右の高さが変わってしまう。
当たり前の話だが、世の中に真っ平らな地面を探すってのはなかなかどうして困難なわけで、一見平らかな?と思っても、そこではミリ単位の誤差があるのは当然。
キッチリ測量でもしてコンクリートを流し込んだような場所ならいざ知らず、普通の駐車場で水平を求めるのは酷ってもの。

なので「大体こんなものだろう」ってのが素人の調整領域となる。

調整にはお皿をクルクルしなければならないのだが、その為にはバネの反力を消さなければならない。
その為に色々考えてみて、取り敢えず購入したのがこれ。
a0015198_15121735.jpg
構想としては、ロアアームをジャッキアップして縮んだバネをこのロープで固定する方式。

その為に色々と創意工夫して材料を加工してみた。
a0015198_1513471.jpg
大きなフックはバネの内側に入らないだろうとフック部分を切断する。

a0015198_15135246.jpg
分離したフック。
これと小さなカナビラで留めてバネを固定しようと思ったのだが、ヘタな考え休むに似たりで、なんとロープを短くする部分が大きすぎてレバーが動かない。
材料代の1500円が無駄金となった。

結局いつもの工場に泣きついて色々と教えを請い、結果一番オーソドックスな方法であるPPバンドを使うことで結論に達した。
a0015198_15141018.jpg

その時のコツとしてはPPバンドを2重に回すことでバンド同士の抵抗が生じて緩みにくいとか。
ボーイスカウトの経験がある人なら、緩まないロープの縛り方なども判っているかも知れないが、今の自分にはこの方法にすがるしかない。

フックに滑り止めを点けてくれたり、お皿部分だけに潤滑油を塗ってくれたりと、板金の匠とアルファの匠は色々と手伝ってくれた。

右フロントをあと2回転ほど回してタイヤを取り付ける。
a0015198_1518667.jpg
2回転廻したからって車高が2回転のミリ数分だけ上がるって事はないらしく、そこには「レバー比」ってのが絡んでくるらしい。

レバー比?何ですかそれ?(笑)。
こちらの仕事では、レバーと言わずに「肝臓」と呼ぶのだが、どうやらそれとは全く違う話らしい。

ま、冬だし、基本は「下回りを擦らずに走ることが出来る高さ」に大体なっていれば良いことにした。

続いて後ろだが、お皿を7回転ほど廻してみた。
a0015198_1528397.jpg

これだとかなり車高が上がって、見た目4WD状態(笑)。
それでも雪道で腹を擦るよりは良いわけで、半年間はこれで行くことにする。
微妙な車高の調整は2回目の1年点検の時にでもちょっと調べてみるとして、今回の反省並びに考察。

前輪のお皿を廻すのは大変苦労した。
これはフロントのバネレートの問題もあろうし、もしかしたら片側だけジャッキアップしたことでスタビに力が掛かった事が関係あるのかも知れない(ないのかも知れない)。

後ろはデフにジャッキを掛けて両輪持ち上げたからか、それともバネの長さの問題からか、お皿はとてもスムーズに廻った。
もしかしたらスタビなどの干渉がなく両輪が一気に下がったからかも知れない(関係ないかも知れない)。

次回フロントのお皿を廻すときは、両輪を一気に持ち上げる方式でやってみたいと思う。

お皿を廻すことが苦にならなければ、車高調はとても良いアイテムだと思う。


今回、快く作業場を提供してくれた「カスタムハウスハッピー」の社長、並びに定休日にも拘わらず飛んで火に入る夏の虫の如く仕事にやってきて我々に捕まってしまった「マッキナミヤタニ」の社長に感謝する。
何かあった時にはまた泣きつきに行きますので、その節は宜しくお願いしますm(__)m。

でさ、やっぱね、作業は道具だわ。
インパクトでタイヤのボルト外したら、十字レンチでシコシコボルトを緩めるのがアホらしくなる。
「滑り止めグリス」ってのとかも初めて見たし、やっぱ餅は餅屋だよ。

by wonderfullifewith | 2013-11-06 15:32 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by mikamikuma at 2013-11-06 16:57 x
おめでとうございます、(^^)/
これで擦らないで済みそうですね、今冬^^;
やっぱり、プロは違いますか、、
管理人様もセミが付きますけど、わたしから見るとプロの領域なんですけどねぇ~、、、

わたしのお世話頂いているカーショップからは、
やらない方がいいって言われてます、というか
今迄にやってもいいって言われたことがない、、、(@_@;)

ヘッドユニットのカバーだけ買った時の色違いの塗装、、、
やる手順をやる振りして聞いたんですけど、ダメだって、(笑
Commented by ALPY at 2013-11-06 17:15 x
スプリングは、大き目のインッシュロック(タイラップ)数本で十分固定できますよ。

縮めておいて固定すればOK。


小さいのはすぐ千切れるので30cmくらいの大きいやつね。


外す時は切ればいいし。( ̄▽ ̄;
Commented by wonderfullifewith at 2013-11-06 18:19
mikamikumaさん
私なんて素人も素人、ドが付くほどの素人です。
ただ「車を弄ってるのが好き(壊すけど)」なだけです。

これを生業にしている方々は、どの職業もそうでしょうけど「リカバリー」の方法を知ってます。
今回も大変お世話になりましたが、幾分車高が上がりすぎたかも?(^◇^;)
Commented by wonderfullifewith at 2013-11-06 18:21
ALPYさん
太めのタイラップ、それは良い方法ですね。
では早速手配したいと思います。
貴重な情報ありがとうございました。

寒くなると、屋根と壁のある場所じゃないと車弄りが出来ないんですよねぇ。
丁度内地の夏場と同じ感覚ですね。
暑さで死ぬか寒さで死ぬかの違いです(爆)。
Commented by zingbay at 2013-11-07 13:50
前足外してスプリングコンプレッサで…
ってのはダメなんすね?

もう、リフト買ったらどうすか?
色々と捗りますよ。
Commented by wonderfullifewith at 2013-11-08 09:40
zinbayさん
毎回足外してバネ縮めててって、誰がそんな酔狂なことを(笑)。

リフト欲しいですね。
でも今の私の車が置かれてる状況ではそれは到底叶わぬ夢なので、宝くじ当たって土地を入手する事が出来たら、1階部分はガレージの家を建てます。


<< COX BODY DAMPER      タイヤ交換したけれど・・・ >>