2013年 11月 01日
休日だからグランドイリュージョン
休日だけど、いや休日だからこその内職。
朝9時前に車に乗り込み、そう言えば朝食はまだだったと気づいて「すき家」に初挑戦。
正直な話、牛丼チェーンにはほとんど行かないのだが、この日は何となく「すき家のネギタマ牛丼」が頭を過ぎったために、何時も気になっていた店のドライブスルーを利用する。

ネギタマ牛丼ミニ、330円を購入し職場へ急ぐ。
職場?、本業じゃないからやはり内職場か。
ま、面倒だから職場でいいや。

職場に到着して、事務室でおもむろに朝から牛丼を頬張るオヤジ、完全なオヤジ。

腹も落ち着いたので仕事。
本業でもやってることを内職の現場で行うもんだから、今日が営業日なのか休日なのかがサッパリ判らなくなる。
3時間位頑張って働いて職場を出る。

さてさて、何しましょうか?
天気も良いからドライブも良いんだけど、さすがに午前中ビッチリ仕事をすると疲れちゃうので(って、普段はビッチリ仕事してないのか?ってツッコミは却下)ドライブの気分が失せてしまい、何はなくとも昼食でしょって事になった。

昼は一人豪勢に天ぷらと決定。
以前、何かの番組で見たが、一流と言われる店の職人さんが
「天ぷらは蒸し料理です」
と言っていた。

小麦粉の衣で包んだ食材を高温の油に入れることで、食材が持つ水分で蒸し上げるのだとか。
そして周りの衣によって旨みはしっかり閉じ込める。

だから一流の料理人が揚げた天ぷらは、脂っこくないから胃にもたれないと。
そんな事を聞いてしまったら、その一流と言われる人の揚げる天ぷらを食べてみたいと思うのが人情ってものだが、さすがにそのような店に行となれば、1人前数万円は覚悟しなくちゃならない。

鉄板焼きの時とは違って、最初から値段が知っている上でそのような店の暖簾を潜ることは自分にはまだ出来ない。
どうしたものかと思っていたら、食べログでそこそこ評価の高い店を発見。
新宿つな八
場所は大丸札幌店のレストラン街。
車を駐車場に入れていざ出陣!。
a0015198_20453693.jpg

ドアパンチされないような場所に無事停車。

つな八の夜の価格帯は知らないが、ランチなら幾ら高くても2000円も出せば充分だろうと踏んで入店。
お一人様であることを告げると、カウンター席を案内される。
当初は天丼を注文しようと思っていたが、カウンター席なら天ぷらが次々出てくる状況になるので、どうせならと天ぷら定食を注文。

ご飯と味噌汁、漬け物、それと天つゆと塩4種類が先に運ばれる。
味噌汁の味噌は赤だしではなく、白味噌。
天ぷら屋さんで供される味噌汁は、赤だしが多い感覚を持っているが、やはり白味噌の味噌汁が慣れ親しんで飲みやすい。

程なくして職人さんが目の前で天ぷらを揚げてくれる。
揚げたての天ぷらを塩や天つゆなどでぱくぱく。
ご飯も普通森で「ちょっと多いかな?」と思ったが、これがまた思いの外に美味しくて、全て完食。
当然の如く、胃もたれなどは全くなく、気持ち良くお会計をして店を後にする。

やはり天ぷらは蒸し料理かも知れない。
何か手品を見せられたような感覚。

心も体も満足したので、さてどうしましょう?
本はまだまだ積ん読状態のものが沢山あるので、本や立ち入りを断念。

念のため映画の上映案内をと思い札幌シネマフロンティアに出向く。
今上映中の映画で気になるのは、グランドイリュージョン

最新のBMWに寄るカーアクションをお楽しみください的なDMがディーラーから来ていたので、ちょっとだけ気になっていた。
映画の上映案内を見ると、なんとグランドイリュージョンが14時10分から上映されるではないか。
時刻は14時。
うーん、何時もはネット予約だから良い席が取れるんだけど、飛び込みで、レディースデーで、それも上映開始10分前でまともな席が取れるだろうかと一瞬考えたが、財布の中には無料で映画が観られるチケットが3枚、そろそろ消費しなければならないと思っていたので、ものは試しに「席ありますか?」と聞いてみると、やはりそこは天下のお一人様。
後ろから2列目のほぼ真ん中の席が空いているではないか。

サクッと無料券を出してチケットゲット。
内容はネタバレになるから書かないが、BMWの出方には笑ってしまった。
あれじゃぁ「笑う犬の生活」のコント、大嵐浩太郎の出方まんま(笑)。
もしくは三谷幸喜映画の佐藤浩市ばりの出方。
どっちにせよ、それはないだろ!って感じ。
決めのショットは車のCMか?って感じ。

そんな映画ではあったが、内容は結構面白かった。
BMWオーナーさんじゃなくても面白いし、ご夫婦、カップルで観ても面白いと思う。

でもあれだけ見事に人を欺けたら楽しいだろうねぇ。


グランドイリュージョンも観たし、さてさて次なるイリュージョンは?と考えたが、余り良さそうなものが思い浮かばなかったので、一つ敵情視察にでもと思い、メルセデスベンツのディーラーへ乗り込むことにした。
ベンツ、お仲間にお一人だけベンツオーナーが居るが、それ以外は皆BMWオーナー。
よって個人的にはベンツって全然判らない。

軽くお勉強のつもりでディーラーに向かい色々見て回る。
Aクラス、Cクラス、Eクラス、そしてSクラスなどが展示されていた。

Sクラスのロングボディ、後部座席に座ってみたが、なるほど1500万の車って感じだった。
CやEには「ご購入プラン」ってのがボードに出ていたが、Sにはなかった(笑)。
そりゃそうだ。
1500万からする車を「バリューローンで」って買う客は早々居まい。
恐らく購入は法人がほとんどだろう。
いつかは自分も「月30万ずつ経費で落とすから」という理由で購入してみたい。

にしても特筆すべきはドアの開閉音。
ビビり音皆無。

W124時代から比べれば剛性が落ちたなどと言われるが、ドアの音だけは見事であった。
自分の車の音と比べるのが恥ずかしい位だった。
頑張れBMW!。

内装に関しては人それぞれの好みだから敢えて割愛する。

秋も暮れた休日の一日、イリュージョンばかりな一日だった。

by wonderfullifewith | 2013-11-01 20:49 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by 爆裂山 at 2013-11-02 18:56 x
この映画、僕も気になってます(^^)


あと、BMW乗りの皆様方のブログで、メルセデスベンツディーラーを訪問した話はあまり例を見ないので興味深く読ませていただきました。


個人的にはCクラスやEクラスは先代の方がが好きですけどね(笑)…むしろE60よりW211の方が好きだったりして(爆弾発言爆)(^^;


現行ラインナップで興味あるのはSLKですかね?Z4では選択出来ない6MTが設定されてますんで
Commented by wonderfullifewith at 2013-11-05 15:01
爆裂山さん
映画、面白いんで是非!。

ベンツディーラーは初めてお邪魔しましたが、個人的にはCが良いかな?と。
ただ情報がないせいか、それほどドキドキすることはありませんでした。


<< タイヤ交換したけれど・・・      EOSMを家に持ち帰ってみた >>