2013年 10月 22日
恵庭 Try again!2
a0015198_19333937.jpg


恵庭市盤尻付近でUターンをせざるを得なくなり、予定が大幅に狂ってしまった。
本来ならばそのまま直進して支笏湖に抜けようと思っていたのに、千歳からグルッと回っていかねばならなくなってしまったのは大誤算。

下道をチンタラ走り、千歳から支笏湖に向かう。
この道も綺麗な並木道で、夏場などは本当に気持ちが良い。
その昔、タイヤのCMにも使われたんじゃなかったかな?

支笏湖に着いたら湖畔付近を散策しようかとも思ったのだが、車両外気温計は12℃を指していたので即行計画の変更を行い、丸駒温泉に向かうこととした。

ここで日帰り入浴も乙って考えるあたりが、年に1個ずつメガネを作り替えなくちゃならないアラフィー。

その前にところどころで記念撮影をしてみたが、この日は全道的に「曇り」の天気な訳で、余り良い色味の写真は撮れない(カメラの腕はそっちに置いとくのは基本)。

a0015198_19392057.jpg

湖畔沿いの道から見える紅葉はこんな感じで、どうも一面真っ赤って感じにはなかなかならない。
いつかは見たい、清水寺の紅葉。
日帰り弾丸ツアーでも組んで行って観ようか。


a0015198_1940427.jpg

そうこうしているうちに丸駒温泉到着。

施設前の駐車場に車を入れると案内の人が出てきて「お泊まりのお客様ですか?」と。
いいえと答えると「日帰り入浴は3時までなんですよ」。
時計を見れば3時30分。
はい、タイムオーバー。
遠回りしたツケがここに来て重たくのしかかったのだった。
仕方が無いので、風呂は諦めて旅館周囲を散策するに留めた。
次いつ来られるか判らないが、もっと時間に余裕を持ってお邪魔することにしよう。

a0015198_19453960.jpg

旅館の裏手に回ると、写真中央付近に別施設の露天風呂がみえる。
誰かが入浴しているのがチラリと見えたが、そのような場所で露天風呂に入っているのはほぼ男性だろうから、それ以上の行動は何もせず軽くスルーの方向で。

a0015198_19465371.jpg

遊覧ボートも完備しているとは知らなかった。
今度機会があればゆっくりこの様な施設を利用してみたいと心に誓った。
ま、そんな日はきっと来ないと思うけどね。

a0015198_1948181.jpg

施設を裏から見ると、何だかとっても風情のある建物に見えてくるから不思議。
ちょっと馬鹿にしていたけど、どうしてどうして良い感じの旅館だわ。
泊まりはムリだから、せめて日帰り入浴は敢行したい。

a0015198_19485465.jpg

入り口付近を横から。
紅葉が良い感じで風情を醸していると思うのは、余りにひいき目か?(笑)。
ノンビリ温泉に浸かって、旨いものを食べながらビールでも飲んで、日常を忘れるってのも時には必要だよねぇ。
定年退職と言う言葉が脳裏を過ぎったが、自分にはそんな物は無いって事に直ぐ気づく哀しい名ばかり店長職。

a0015198_19513182.jpg

ボチボチ帰らないと夕食時間に間に合わないんで名残惜しく帰宅の途につくが、道の横には雪が残っていた。
先日の「台風プラス初雪」の影響だろう。
これからどんどん寒くなっていくので、あと何回ドライブ出来るだろうかちょっと哀しくなってきた。

おしまい。

by wonderfullifewith | 2013-10-22 19:55 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by BONBY at 2013-10-22 21:02 x
丸駒温泉ですか~

ここ良いですよねぇ~
樽前山に登った後のコースにしてます。

ただ、湖と繋がってる湖畔の露天風呂は深くて一瞬ドキっとして
その後、沈殿物が結構湧いて来てエェ~でしたねぇ~。


露天風呂は建物に併設された方が良いですよね。
風不死岳を眺めボーとしてるのが最高です。

風呂に入った後に「チップの塩焼き定食」を食べてバイナラでした。

平日は風呂と食事がセットになったリーズナブルなサービスも有りましたよ。

風呂に入れなくて残念でしたね。




Commented by wonderfullifewith at 2013-10-23 09:15
BONBYさん
丸駒温泉、穴場ですね。
露天風呂の深さは内職先の社長も同じ事を仰ってました。
湖面と同じ高さになるって。

あの事故が無ければ温泉に入ることも可能だったかも知れませんが、次回に持ち越しの楽しみにとっておきます。

でもそろそろ雪が降る感じなんですよねぇ。


<< EOSM買ってみた      恵庭 Try again!1 >>