2013年 10月 11日
紅葉を観に行こうよう・・・
a0015198_19164984.jpg


去年は北の大地も夏が長く、何時になったら秋になるんだ?と言ってたら、あっという間に冬になった。

秋がなかった。紅葉もなかった。青い葉っぱからいきなりの落葉。

葉っぱもビックリしたことだろう。

今年、内地はとんでもないことになってるようだが、北の大地は順調に秋の気配。

そうだ紅葉を観に行こうようなのである。


本当は紅葉狩りに旭川の先、層雲峡(そううんきょう)方面まで足を伸ばそうかと思っていたのだが、休日の内職がこの先雪が降る頃まで続くため計画断念。
近場まで紅葉が下りてくるのを待つことにしていた。

そして休日、前日の雨が嘘のような晴天。
午前中の4時間トークをこなし、ヘロヘロになりながらも出掛ける気合いを入れる。

気合いを入れたは良いが、当初は支笏湖方面まで行く予定だったのが、途中で豊平峡(ほうへいきょう)に進路変更(笑)。
だって、運転してて強烈な睡魔が襲ってきたんだもん!。

豊平峡は以前知人等と温泉に行った場所、ひなびた温泉なのになぜかそこの売りがカレーという不思議な温泉なのだ。
その先に豊平峡ダムってのがあって、その辺が紅葉が綺麗な場所として知られている。

豊平峡到着。
手前の駐車場に車を駐め、そこから先は環境保護の観点と安全対策からと思われるが、施設内の有料バス、もしくは徒歩でダムの場所まで移動するシステムとなっている。
ダムまでは2kmちょっとあり、バス料金は300円。

運動も兼ねて自分は徒歩で向かうことにした。
a0015198_1917263.jpg
冷水トンネルを抜けてトンネル右端にチェーンで区切られた狭い歩行空間をひたすら歩く。

a0015198_19172961.jpg
冷水トンネルを抜けると左手に九段の滝、右手にはこの様な空間が広がる。
滝野前で記念撮影をしている熟年カップルがいたりして、観光客の年齢層は(自分を含め)やや高め。

冷水トンネルの次は豊平峡トンネル。そこを抜けると目的地到着。

a0015198_1917169.jpg
札幌市民の水瓶、豊平峡ダム。
約半年間の間雪に閉ざされるお陰で、幸いなことにこの地では「水不足」の心配はほぼ皆無。
それもこのダムのお陰と言って良いだろう。

自分が到着した頃、丁度放水が行われていた。高所恐怖症で局所がちょっと「キュッ」としたが、それでも頑張って放水を撮影するおっさん。
a0015198_19172346.jpg
真上から撮影しようと思って移動しているうちに、丁度真上付近に来たときに放水完了って、コントか?って位のタイミングに苦笑いするしかなかった。

ダムの上をテクテク歩き戻ってきた方向を見て一枚。
a0015198_19171469.jpg

今日は本当に天気が良いなぁ。
きっと普段の行いが良いからに違いない。


こんな感じでかなり気合いが入ったカメラマンもいる。
a0015198_1936059.jpg

写真には写っていないが、太くて黒い鏡筒はたぶんニコンユーザーだろう。
ガッツリしたカメラバッグに三脚(一脚?)を付けて、「写真撮ります!」オーラバリバリの人もいる後ろで、開くカメラバッグを斜めがけして、16-35を付けたカメラを手に持って歩くおっさんの対比。

紅葉はあと1週間位先が良いのかも知れないが、天候次第ではあっという間に葉が落ちてしまうこともあるから余り贅沢は言えない。
a0015198_19172086.jpg
それでもそれなりに色づいてきている山は、少しずつ冬支度を始めているようだ。

バス停付近まで戻ると、赤い葉っぱもあったのでパチリ。
a0015198_19171149.jpg

アンニョン系の旅行客と思われるカップルが写真を撮っていた。

一応レストハウスも併設されているのでそちらも覗いてみるが、そのネーミングのセンスはどうなんだ?
a0015198_1917588.jpg

「よくすべーる」でおなじみのバッファロー吾郎じゃねーんだからして。

レストハウスまでは無料のゴンドラがあるのだが、もちろん徒歩でも行ける(5分程度)ので徒歩で登る。そう、今日は運動も兼ねているのだ。
a0015198_1917163.jpg

レストハウスは食事も出来るが、まぁ正直な話、個人的な意見としては「豊平峡温泉でカレーを食べた方がずっとコスパ高い」と思う。
あくまで個人の感想なので、鵜呑みにされることはしないで欲しい。

渓谷展望台もあるので、そちらまでも歩いてみるが、体力の低下を如実に感じる結果となった。
a0015198_1945379.jpg

森林浴をしながら登れば良いやなんて考えていたが、こんなにも階段徒歩がキツイなんて。
カバンを背負っていたこともあり、背中には結構な汗が滲み始めていた。

漸く渓谷展望台到着。
a0015198_19453997.jpg
先客がいたが、正直ここからの眺めはさほど宜しくない。
木々がうっそうと生えているため、視界が狭いのだ。

サクッと写真を撮って下山。

帰りも徒歩で戻ったが、なんだかんだで1時間30分くらいこの場所にいてしまった。

森林浴と紅葉狩り、かかった費用はガソリン代だけ。
気持ち良い疲れとともにノンビリ帰宅の途についた。

おしまい。

by wonderfullifewith | 2013-10-11 19:52 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by kotodaddy at 2013-10-12 12:43
もうそちらでは紅葉の時期なんですね。
実は私はダム好きでして、よく野鳥撮影などで山奥に向けてクルマを
走らせててダムを見つけると、大抵はクルマを駐めてダム見物してます(笑)。
そういう話をすると大概(゚Д゚)ハァ?って言われるんですがヘンでしょうか・・^^;
以前、誰一人としていないダムをウロついてたら中から管理員の人が
出て来まして、「好きなんです」って言ったらやたら喜んでくれて、
なんと中を案内してくれた事もあります。
人工のデカい建築物の威容って、なんか好きなんですよねぇ(笑)。
Commented by wonderfullifewith at 2013-10-12 14:52
kotodaddyさん
そうですね、こちらはもう紅葉の季節になりました。
個人的には京都の真っ赤な紅葉を清水寺に行って観てみたいのですが、なかなかそのような機会に恵まれることはなく、いつもズームインなどの情報番組でお茶を濁しています。

ダム、良いですよね。
ダムマニアって結構いて、写真集もありますよね。
黒四が一番だとか言う人が結構いたり。

自分はダムもそうですが、やっぱり消波ブロックです(笑)。


<< 恵庭 Try again!1      誰に似たんだか ┐('... >>