2013年 08月 16日
そうだ旅(どっか)へ行こう 墓参編
お盆休みってわけじゃなく、単なる定期休業日。
家族は仕事、娘は自由研究の真っ最中。

何処かに出掛けようかと思ったが、娘を一人にしておくと碌でもないことしかしないので、(一人で)どこにも出掛けず家で監督せよとの命を頂き、仕方なく午前中は撮りためたビデオを消化しつつ、ベッドで意識不明に陥りつつ休日の貴重な時間を浪費。

そのうち「お父ちゃん、手伝ってください」と泣き言を言い出す娘。
仕方が無いので自由研究の「沖縄について調べてみた」を手伝う。
と言っても自分が出来るのは、下絵に描いてあるシーサーに色を塗る程度。

担任の先生へ、
シーサーの色塗りはお父さんがやりました。


そうしているうちに何とか目処も付いたので、30℃の室内から逃げ出すように墓参りに出向く。
自分の実家の墓は、実家の墓地に設置されてる水汲み場からちょっと下がったところの大きなお墓の隣にあるので判りやすい。
「うちの墓は○○家の黒い大きな墓の隣だから」と教えておく。
「その覚え方で良いわけ?(笑)」と娘に突っ込まれたが、これが一番覚えやすいんだから仕方ない。
場所を覚えるときは何かランドマークを元に覚えるのが一番なのだ。

持って行った洗車バケツとマイクロファイバータオルで墓を洗い清める。
線香も仏花も忘れたので、ちょこっとだけ手を合わせて墓参りお終い。
序でにそのバケツとタオルを使って墓地の中でフロントガラス方面を簡易洗車する不届き者。

このまま帰宅するのも芸が無いので、すながわハイウエイオアシスまでちょっとドライブ。
さすが世間はお盆休みだけあって施設内は激混み。
残念な事に通る度にご贔屓にしていたソフトクリームショップ「あいらん堂」が撤退していた。
あの店は夕張メロンゼリーでおなじみのHORIが経営していた店だったとさっき知った。
ご贔屓にしていた割には知識がなさ過ぎな自分。

仕方が無いから他の店のソフトを購入。
a0015198_9593640.jpg
普通の味、でも外は30℃なので一気に溶け始める。

手がベタベタになるのでソフト地面落下許すまじの精神で一気に頬張ってみたが、そうなったら今度はアイスクリーム頭痛が容赦なく前頭部を襲う。
ソフトは溶ける氷頭痛はするし、二重苦に襲われながらそれでも何とか完食。
1本でこれなのに、これを行く先々で行っているあの方はやはり凄い人だと再認識する次第。

薄曇りではあるが妙に蒸し暑く、そして外気温30℃の下、水辺に行けば少しでも涼しいかと思い、施設に併設されている池に向かう。
池には可愛いを通り越してグロいサイズの鯉の集団が、口に入れても誤差範囲じゃね?ってレベルの「鯉のエサ」を待ちわびて大口を開けている。
a0015198_15442621.jpg
ツウな人は鯉のエサなどではなく、山崎の食パン6枚切りを手に持ち、食パンを千切っては投げ、千切っては投げをして、ついに一斤ものパンを池に投入していた。

池のところどころに「ミシシッピアカミミガメ」がいるのだが、鯉の勢いに押されてしまい、蓮の歯の隙間から時々首を出しているレベル。
ここでは鯉>亀の力関係らしい。
数と大きさで全く太刀打ち出来ない領域だった。


ソフトも食べたし、魚も見たし、それに第一暑いし、そろそろ帰るとしますかって事で、再び高速の人となる。
こちらの高速、お盆期間ではあるが渋滞はない。
渋滞はないが、訳の判らないドライバーはいる。

「右車線が空いてるから右車線を走っちゃお、帰りはママが運転しちゃうわよ」ってノリのミニバン家族。
「私たち、運転上手いでしょ」って感じで右車線を85km/hで走り続ける軽自動車のギャル。

なんで右車線と左車線が同じ速度域で走ってるわけ?と思いつつも、それでも後続車に気づいてくれるドライバーはまだ道を譲って左車線に戻ってくれるから良いが、全然道を譲らないドライバーにもしばしば遭遇。

「追い越しが終わったら何時までも右車線を走らず左車線に戻ってください」サインを数回送ってみるも全然気づかないため、それを繰り返すことまた数回。
それに気づいてプチパニックになったからか、それとも「なに車間詰めてんだよ」的な威圧なのかは判らないが、高速道路上でいきなり意味無くブレーキを踏むのは止めてくれ。

漸く左車線に戻ってくれたので追い越す瞬間にそのドライバーの顔を見ると、そう言う時に限って絶対こちらを見ない。
確かに丸目4灯の車が後ろからライトを点けて追いついてくるんだから、出来ることなら関わりたくないって感じでシカトなのかもしれないが、たまにしか運転しないドライバーさんのマナー(モラル?ドラテク?)の低さは「しっかしあれだい」的素敵な表現をされるブロガーさんのブログを読むまでもなく本当に困ったもの。
サンデードライバー以下の、ホリデードライバー、恐るべし。

知人にそんな話をしたら同様の状況に出くわしたらしく、
「道交法が変わったのかと思って最近免許取った息子に聞いてみたけど、今も高速道路の右車線は追い越し車線だったわ(笑)」って笑っていた。
高速道路の走行車線は左車線だって事を知らないドライバーさんが、この時期にどうやら大量発生するようだ。
ただ年末年始の帰省時にはそのようなドライバーさんが発生しないのがせめてもの救い。
「冬は危ないから運転しないの」ってのが主な理由らしいが、出来ることならその金色の線が入った免許証、レンタルビデオ屋や郵便局で出す身分証明書だけに使ってください。

無事帰宅してガソリン注入。
a0015198_9594136.jpg
病院で採血されるとき、看護師長さんがこの腕を一瞥しにやりと笑みを浮かべ直ぐに新人ナースを呼ぶ。
どこからでも好きなだけ練習に使ってくだされ。

ここ最近は長距離運転にしか車を使ってないため、燃費は12km弱とまずまず。
もう少し我慢の運転をしたら、満タン1000km走破も夢じゃない、かも知れない。

by wonderfullifewith | 2013-08-16 16:39 | くるまのこと | Comments(12)
Commented by ALPY at 2013-08-16 17:38 x
>満タン1000km走破も夢じゃない、かも知れない。


姫路まで1555kmですから一回給油ですね。(笑)


ぜし、チャレンジを。( ̄▽ ̄;
Commented by wonderfullifewith at 2013-08-16 19:13
ALPYさん
渋滞さえなければ行けるかもしれませんが、問題は「オーナーに休みがあるのか?」です。
日帰り、もしくは1.5日で往復出来る距離じゃないと実現はなかなか難しいです。

それよりも、貴殿が色々と理由をくっつけて蝦夷へ出張頂く方が容易かと( ̄ー ̄)
Commented by コロすけ at 2013-08-16 21:34 x
>満タン1000km走破も夢じゃない、かも知れない。

流石!現行車!旧式はつらいっす(笑)

私も本日土砂降りの中、初心者マークのエクスで帰還しました。(ズブの素人なんで初心者です)
Commented by wonderfullifewith at 2013-08-17 07:24
コロすけさん
オツトメご苦労様でした。
燃費に関してはサンヨンとは雲泥の差ですね。
以前はどんなに頑張っても7.5km/Lでしたから。

エクスはまた後部座席でノンビリですか?
うちはどこぞのお嬢様宜しく、娘は何時も後部座席です。
今まで助手席に家族が乗ったのは、それぞれ1回ずつです┐('〜`;)┌ 。
Commented by pedi5 at 2013-08-17 10:01
そもそも左車線の前方が開いている場合に限るわけですが、わたしならまず左で追い抜いて、しばらく走ってから左車線の前が詰まってきた場合にその左車線の車を追い越すために右に入ります。おそらくグレーゾーンですがその方がさっさと行きますね。追い抜きと追い越しの違いですね。
Commented by BONBY at 2013-08-17 17:21 x
12km/2L じゃないですよね(笑)

燃費も機動性もクリアして 残りは制動力だけですね ^^


Commented by wonderfullifewith at 2013-08-17 18:38
pedi5さん
何時もはそのグレーな方法を採用して走行するのですが、さすがにこの時期は左車線もそれなりに車両がいましたので、正攻法で右側からの追い越しを基本と致しました。

一番困るのが右車線を制限速度以下で走行するドライバーさんですよね。
Commented by wonderfullifewith at 2013-08-17 18:52
BONBYさん
ふふふ、もう私は昔の私じゃないんですよ(笑)。

>残りは制動力だけですね ^^
うっ、その台詞、一体誰の差し金ですか!(T&K爆)
1ドル80円になれば考えます。
Commented by skoyama at 2013-08-17 23:51 x
夏場に外で食べるアイスやソフトは時間との戦いになるので、
写真を撮っているその数秒の間も無駄にせずに
各部状態の確認と、どこからどのように食べ進めるかを
シミュレーションしておくようにしています(^^)。
Commented by たくみちゃん at 2013-08-18 06:41 x
連日蒸しますよね・・しかも雨。
僕も昨日は高速(和寒IC)の人でした。

僕は最近一切洗車をしていないので、
きっと何かが動こうとしているんだと思います(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2013-08-18 07:30
skoyamaさん
まずは全体像の把握とともに攻撃の作戦を立てるわけですね。
私はまだ初心者で、写真を撮りながら「あぁもう溶け始めてるよ」と思いながら、写真も中途半端にボケちゃってどうしようも無いです。
店員さんからソフトを受け取る段階から戦いは始まってるって事を肝に銘じなければなりませんね。
これからもご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたしますm(__)m
Commented by wonderfullifewith at 2013-08-18 07:30
たくみちゃんさん
全くスッキリしない日が続きます。
内地までの暑さは御免ですが、せめて太陽が出てきてくれないと、夏の行事が何も出来ません。
あまりの蒸し暑さに、この私が家で缶ビールを呑んじゃったりする位です。

>きっと何かが動こうとしているんだと思います(笑)
何か強い力が水面下で動いているんでしょうか?
円高にならないかなぁ(爆)。


<< そうだ旅(どっか)へ行こう 願...      アカシアのハチミツ >>