2013年 08月 10日
そうだ旅(どっか)へ行こう 神威岬から京極経由で
懸案のウニ丼も頂いたところで、時刻はまだ11時前。
このまま帰宅しても良いのだが、せっかくの休日に何が哀しくてウニ丼だけで家に戻らなければならないのか。
てことで、ちょいとドライブを敢行することに決定。

この辺はドライブコースとしても良い場所だが、如何せん今日の天候が宜しくなさ過ぎる。
前日の予報では「晴天」だったのに、蓋を開けてみれば曇天から小雨。
それでも美国から空を見たらところどころ雲が明るい部分もあるため、一縷の望みを持ってくる間を走らせる。

向かった先は神威岬。
a0015198_20393949.jpg
数年に一度訪れているが、いつも強風が吹き荒れてる難所だ。
強風の余りドアを開けた瞬間に逆海老固めを食らうことにもなりかねないので、そっと慎重にドアを開けるも思い切り拍子抜けする位の凪。

こりゃ微妙に雨が降ってるけど、この凪なら神威岬の先まで行くしか無いでしょって事で、テクテク開始。

a0015198_20442536.jpg
自然環境保全協力金を100円入れていざ出発。
そう、自分は「口は出さないが金は出す」のだ(小口に限る)。

a0015198_20411555.jpg
女人禁制と書かれている鳥居を潜って岬の先に向かう。
なぜに女人禁制なのかという疑問は、適当にググって貰えばキッチリとした答えが出ているので自分は先を急ぐことにする。

a0015198_2111344.jpg
なかなかどうして道は険しい。
片道大体20〜30分位か。
風が強いときは立ち入り禁止となるらしいが、なるほど頷ける。

a0015198_2047270.jpg
岬の先端からはこの様な景色が見えるが、これが晴れていればもっと綺麗だったろうに。
ここ最近の天気予報はイマイチの正解率だ。

a0015198_20482893.jpg
その昔に遭難した人が出たとのことで、数年の歳月を掛けて作った手彫りのトンネルがある場所。
写真中央下部の砂利があるところに見える小さな穴がそれらしい。
岬の先にある燈台までは、本当に苦労してたどり着いたことが伺われる。

a0015198_2051270.jpg
あいにくの天気ではあるが、水の透明度はかなりのものだ。
もう少し暖かければ泳いでみたいと思わせる海の色、でも日本海なんだよなぁ。

神威岬も満喫したので次の目的地へ移動。
道に沿って車を走らせていると、右手には日本海、左手にはウニ丼を食べさせる店が続く。
旅行雑誌などで常連となっている店の看板が続く。
今度は積丹のウニも食べてみよう。そうだエゾバフンウニ(アカ)を食べてみたいぞ。

次に立ち寄ったのはとまりん館。
今何かと話題になっている原子力発電所のPRセンターだ。
a0015198_2054536.jpg
ここは地元の小学生が夏休みなどの自由研究や暇つぶし、プール学習などに利用しているようだ。
自分はそのようなものは余り興味が無いが、面白い計算装置があってそこに立ちよっては数字を入力している。
この日現在で18069日の生存。
よくぞ今日まで一度も死なずに生きてこられたものよ。
出来ることなら明日からもこの数字を伸ばしていきたいものだわ、と思いつつ施設を後にする。
にしてもだ、駐車場の係員が2名もいるってのは一体どういうわけ?
入場料無料なのに、この費用はどこから出るわけ?
それに、それに、それに、どうして泊村に入った途端、色々な箱物施設がメチャクチャ立派になっちゃうわけ?
他の近隣漁村にはないコミュニティセンターなんかがドーンと鎮座しているのは一種異様。
これだもの地元としては何が何でも原子力だよな。

車を走らせていると羊蹄山が見えてくる。
a0015198_20533945.jpg
さすがに蝦夷富士と呼ばれるだけあって綺麗な稜線だ。
車を駐めて撮影すれば良いものを、横着して運転席の窓を開けた状態で何枚か写真を撮るずぼら親父。

次の目的地は特に決まってないけど、ここまで来たらふきだし公園のコロッケを買わないわけには逝かないだろう。
特に名物でも何でも無いだろうけど、小腹が減ったときにはこの程度のコロッケで充分。
a0015198_2132780.jpg
肉入りコロッケ150円。
本日の2食目。
1食目が3200円で、2食目が150円。
この金額の乱高下が良い。

名水を飲んでいこうかとも思ったが、そのまま帰宅することに。
あとは峠を抜けてひたすら走るのみ。
あの方の秘密基地の前を通り、途中の露店で燻製卵を買い帰宅となった。
本当はもう少しゆっくり走りたかったのだが、車が汚れていることにどうにも我慢がならず、先を急ぐように家に戻ってしまった自分は一体何ものなんだろう。

帰宅後、夕方4時にも拘わらず外気温31℃、湿度80%(推定)の中、ケルヒャーで汚れを落として心も車もスッキリスッキリ。

本日のお盆休み、これにて終了。
8時に家を出て16時に帰宅。
ほぼ下道の走行距離約300kmはまずまずのドライブコースだと思う。

おわり。

by wonderfullifewith | 2013-08-10 21:10 | まぜまぜ | Comments(2)
Commented by kotodaddy at 2013-08-11 21:27
女人禁制とは書いてはありますけど、入っちゃってもOKなんですね(笑)。

この原発付帯の見学館って結構あるみたいですね。
実はワタシ行きたくってですね。ここらだと静岡の浜岡原発にもあるし、
いっそ福井の柏崎刈羽原発まで突っ走ってみようか、とも・・。
しかし、「あなたの体内放射線量は◯◯ベクレルです」って、今となっては
なかなかセンセーショナルな測定ですわなぁ・・^^;
Commented by wonderfullifewith at 2013-08-12 09:14
kotodaddyさん
今は色々整備されて、チャレンカさんの嫉妬心も起きなくなったらしいです(笑)。
と言うか、やっぱりこんな所にも「既得権益」を守ろうとして逸話を作り出していたって事を聞くと、つくづく人間という生き物は強欲なんだなぁと。

原発関連施設の金のかけ方、半端ないです。
ここまで潔くやってくれると、よそ者からするとある意味天晴れです。これなら近隣住民(特にその町の人間)から文句は出ないでしょう。
やっぱり人を動かすのは「恐怖」ではなく「甘い蜜」のようです。

放射線量は、生きていれば自然に浴びる量って事で表示されてますけど、あの場所に行けば一瞬に越えちゃう勢いですね。


<< キリ番ゲット      そうだ旅(どっか)へ行こう 積... >>