2013年 07月 20日
そうだ旅(どっか)へ行こう 富良野から美瑛へ2013
ラベンダーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
a0015198_15142869.jpg

ファーム富田のラベンダー畑。
このあたりでは一番の有名どころな畑だろう。
規模も最大級と思われる。
大体7月の中旬から下旬にかけて見頃を迎えるわけだが、その年によっては雨が多かったりすると花の色つきが悪かったりするのだが、今年は当たり年のようで良い感じに色が出ていた。

観光地らしく、大陸から来ているような人や、関西方面から来ている人の声が目立つが、円安になって海外からの旅行者が増えたのは良いこと。
まぁ輸入がほとんどの自分としては1ドル80円位の方が大助かりなのだが。

ここに来たからには花の写真を撮ることは勿論、もう一つ忘れてはいけない仕事がある。
それは
a0015198_1517521.jpg
ラベンダーソフト。
ラベンダーの香料が入ってるらしいが、まぁそんな事はどうでも良いわけで、この色のソフトクリームはなかなかお目にかかれない。
この時期、この地でしか食べられないと言っても過言ではない(と思う)。
なのでソフトスキーな方は、是非ともこの地に足を運んで食して頂きたい。
他にもメロン味のソフトもあるので、何時もの定番ソフトに飽きたときの「変化球」には最適だ。
今から夏休みの申請を会社に出して間に合うかは判らないが、もし来年以降の夏休み計画に導入して頂ける運びとなるならば、季節は「今でしょ!」って事で、7月中旬から下旬って事で一つm(__)m

てことで、白レンズを構えてローアングルから花を狙う人しかり
a0015198_15224966.jpg
70-200のF2.8かしら?

お互い記念撮影を撮りあったりする人や
a0015198_15245479.jpg

どこかしこで皆が写真を撮り、アイスを頬張っている。

絵はがき的撮影ポイントではそれぞれが記念撮影を行っているが、
a0015198_1527477.jpg
撮影する被写体がいない自分は、後ろの方から腕を大きく伸ばしてブラインドで撮影。
ま、一人旅は何時もの事だけどね。

この時間でほぼ昼食時になったのだが、先ほど食べたラベンダーアイスが胃袋の中で良い感じに吸収され、満腹中枢を適度に刺激してしまい余り空腹感を感じない。
これは非常に宜しくない傾向な訳で、このままズルズルと何も食べずに移動する羽目になってしまうのは過去の経験からも明らか。
何か食べようかと思いはするものの、食べたい物が見つからない。
こんな時、連れでもいれば「何か食べますか?」的な流れになるのだろうが、決定権は全て自分にある状況では「ま、良いか」的な感じとなってしまう。

日差しは強いが気温は25度程度、熱中症になることはないが、それでも過去の経験から水分摂取を意識的に行いつつ、場所を移動して綺麗な花たちを撮影。
a0015198_1531699.jpg
これら全てが無料観覧出来るのだから、この辺の人達の太っ腹さ加減って凄いわ。
自分なら、金を払ってでも観に行くね。
ただし金を払うとそれなりの見返りを求めてしまうから、後であること無い事ネットに書き込んだりする輩も出て来るんだろう。
そう考えると無料観覧の方が得なのかもしれない。

自宅到着時刻は17時30分とキッチリ決まっているので、そこからまた逆算をして行動開始。
次なる目的地は、前回のリベンジだ。

iPhoneのナビをに目的地を入れ、念のために車載ナビにも場所を入力(車載ナビが2ndナビに格下げ)。
気持ち良いワインディングコースを良い感じの速度域でひた走ることしばし。
a0015198_1537513.jpg
青い池
池の水が青く見える本当の理由は良く分かてないらしいが、アルミニウムがコロイドになり、それと光との相互作用により青く見えるとか。
まぁ理由は何でも良い、能書きたれてないで早く青い池だ。

はい、青い池
a0015198_1540788.jpg
前回の単なる濁った池とはかなり違って、それなりに青く見える。
これはリベンジ成功と言って良いだろう。
やはり晴天が数日続かなければダメらしい。間違っても前日雨って日の池の色は期待出来ない。

引いた写真がこんな感じで、池の清掃員が藻などを綺麗にしていた。
a0015198_15421787.jpg
ここも勿論無料。
駐車場は砂利だが数十台駐車可能なので、全く問題ない。
この手の青い池は全国にあるようで、青森にも同様のものがあると聞くからお近くの方はそちらをご覧下さいm(__)m。

さぁ次はリベンジその2の「森の時計」だ。
その前に、富良野マルシェでドレッシングを購入。
a0015198_1552366.jpg
タマネギ好きにはたまらない味のドレッシングが売られている。
サクッと購入して森の時計へと車を走らせる。

森の時計は富良野プリンスホテルの敷地内にある喫茶店。
ここは数年前に放映していた「優しい時間」のに使われた場所。
ここのカウンター席で幽霊になった(?)妻がコーヒーを自らの手で挽くシーンが特徴的だった。
a0015198_15464277.jpg

店内に入ると予想に反して超満員。
30名ほど入れる店内だが、入って直ぐの場所にウェイティングスペースがあり、そこにも人が約10名ほど。
一人であることを告げ10分ほど待つが、この時既に15時20分。
富良野を16時には出たいので、どう考えてもここでゆっくりケーキセットをって考えは無残にも打ち砕かれた。
よって後ろ髪を引かれつつ店を後にするおじさん一人。
夜は9時位までやってる店なので、いつかまたケツカッチンじゃない日に(そんな日はないと思うが)来ることにしよう。

今のところ朝のカマンベールチーズパンとラベンダーソフトのみで動いている自分、さすがに空腹感を感じてきたので、またもやホテル併設のパン屋でパンを購入して車に乗る。

あとはノンビリ流れに沿って三笠経由で帰るだけ。
自宅到着は17時35分。
何事もなかったように一日が終わった。

さて、次はどこに行こうかしら。

by wonderfullifewith | 2013-07-20 15:42 | くるまのこと | Comments(10)
Commented by コロすけ at 2013-07-20 16:18 x
>さて、次はどこに行こうかしら。
うに!どうぞ!
我が家では、私以外でいったらしい。。。_| ̄|〇
Commented by wonderfullifewith at 2013-07-20 19:03
コロすけさん
うに!ですね。
了解しました。
晴れたら積丹方面突入します。

本日○葉さんが御愛犬とともにお見えになりました。
Commented by mi-bar at 2013-07-21 00:59
この時期の北海道はいいですねえ
なぜかここしばらくは出張がありません(^^;;
富良野、行きたいです!
Commented by wonderfullifewith at 2013-07-21 07:11
mi-barさん
この時期の蝦夷は最高です。
冬のあの時期があるから尚更そう感じるのかもしれませんが、是非会社経費(笑)でお越し下さい。
Commented by BONBY at 2013-07-21 14:48 x
いいなぁ~ やっぱり北海道一番だわ

あと1045日ですねん。
Commented by kotodaddy at 2013-07-22 07:12
当然ながら富田ファームも行きましたし、ラベンダーソフトも食べました^^
当時はカメラの趣味も無く、ここで一泊した後は日高の競走馬牧場にウマを
見に行った訳ですが(笑)、今現在は富良野周辺で撮影をしてみたい気持ちが
強いです。この色が撮れる夏場も良いでしょうし、真冬もいいでしょうねぇ。
Commented by wonderfullifewith at 2013-07-22 07:18
BONBYさん
灼熱の関西は本当に大変そうですね。
溶けないように気をつけて下さい。
うっかりすると脱水症状から干物になって発見なんて事にもなりかねないようなんで(^_^;。

壁のカレンダーにはバツ印付けてます?(刑務所かよ)
Commented by wonderfullifewith at 2013-07-22 07:20
kotodaddyさん
馬も良いですよねぇ。
自分は綺麗なサラブレッドよりもごついペルシュロンの方がグッと来るタイプです。

えーっと真冬のこの辺は札幌のあれとは全く寒さが異なりますので、かなりの覚悟が必要となります。
普通に冷凍庫並みの気温まで下がりますよ〜。
Commented by kitanoeos at 2013-07-22 19:52
いやぁ~綺麗ですねぇ~。
北海道それも結構近いにもかかわらず、イカンのはなぜなのか?
きっと遠い昔に行った時の渋滞の光景が頭に浮かんじゃうから
なんでしょうかね。
森の時計、カウンターで豆をゴリゴリですよね???

青い池も北海道人なら押さえておくべき光景なんですが
なにせEOS MのCMでガッキーが撮影していた場所ですから(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2013-07-23 09:26
kitanoeosさん
そちらからですと「ちょっと現場視察してきますわ」で直ぐじゃないですか(笑)。
今週末の渋滞はきっと強烈でしょうね。
以前知人が富良野から美瑛方面に曲がる道の所で渋滞が始まってて、ラベンダーを断念したって言ってたことがあります。
さすがにそこまで渋滞されると自分も断念しますけど、今回はそんな事も無くすんなりと行くことが出来ました。
やはり平日休みの特権ですね。

森の時計、恐るべしです。
今だ人気衰えずでした。
ゴリゴリに拘る人は、半年前も5年前も10年前も大した変わらない時間軸で生きていらっしゃるご婦人がメインでしたが(笑)。

青い池、ガッキーも来てたんですか?
それはそれでワクワクです(ミーハー笑)。


<< 鉄仮面!      そうだ旅(どっか)へ行こう 占... >>