2013年 05月 28日
4輪ホイールアライメント
足回りを交換したり、車高を調整したりしたので、念のためアライメント測定をすることにしてみた。

極端な狂いは無いとは思うが、万が一にもガッツリ狂っていたらいたずらにタイヤを摩耗させる恐れもあるため、やはりここは転ばぬ先の杖って事で。

お願いしたのはいつもって程では無いがサンヨン時代から時々お世話になっているPit2さん。

高性能なアライメントテスターを導入しているようで、車両を検査台に乗せて装置をセッティングしたら、あっという間に調整が終了するらしい。

この日もアライメント祭りみたいな感じで、朝からずっとアライメント測定の車両が途切れなかったようだが、事前に予約をしていた自分はサクッと作業を行ってもらった。

結論としては右前輪のキャンバー角が若干基準値よりもマイナス以外は正常範囲内に調整してもらった。

BMWのダブルウィッシュボーンはキャンバー角の調整が出来ないらしい。

というか、他のメーカーのそれが調整出来るかどうかは判らないが、調整するとしたらアッパー部分をピロ化して弄る感じになるのだろうか?。

いやいや、サーキットのコーナーを攻め込むことをしているならまだしも、一般走行レベルしかしない人間にとって果たしてそこまでシビアな設定が必要か判らないので、暫くはこのままで乗っていこうと思う。

それに「弄る」とか「交換する」なんて事をうっかり口に出したら、周囲のお仲間から「吊しって話はどうした?」とか、「やるならいつでも良いですよ」とか、歯止めの掛からない言葉まで飛び交ってくる騒ぎになるし。

ただ吊しって言いながらもアッパーマウント部分に噛ませるスペーサーはちょっと魅力的だなぁと思う今日この頃。

必要になるのは冬だから、それまでにゆっくり採寸しておこうっと(やるのかよ)。

アライメントの結果がこれ。上が調整前で下が調整後。
a0015198_10194078.jpg
右前輪がややネガキャン。
右がネガキャンって事は車両は左に流れるって事で、そうなると若干右にハンドルを傾けた状態じゃないと直進しないって事か?

ま、人生のアライメントが狂いっぱなしの人間が乗ってる車だから、この位で手を打つのが良いのかもね。

by wonderfullifewith | 2013-05-28 11:16 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by ALPY at 2013-05-31 23:23 x
なぜ誰もコメントを?( ̄▽ ̄;


それ位のキャンバーのズレなら、ボルトの遊びで直るかも。
Commented by wonderfullifewith at 2013-06-01 15:57
ALPYさん
ボルトの遊びで行ける角度なんですか?
それなら気にしないで暫く経過を見たいと思います。
ありがとうございますm(__)m。

と言うか、今精神的にも肉体的にも金銭的にも落ち込んでて、それを表に出すにはまだ自分の中で整理整頓が着いてない状況なので、もう少し落ち着いたら続編をお届け出来ると思います。

ったく何やってるんだかって自己嫌悪絶賛開催中です。
Commented by hiro at 2013-06-04 09:59 x
吊るしの車高調入っていることだし、F10は上からボルトですからスペーサーでキャンバー調整できるモノできちゃいますね!
Commented by wonderfullifewith at 2013-06-04 19:40
hiroさん
バネ式車高調なので余り厚いスペーサーは入れられないですが、薄いのをかましてどうにか出来そうですね。
でもそんな器用な細工を行えるのは、私の知る限りでは姫路のあの方くらいだと思います。


<< もう少し      ラッキーいただきましたっ! >>