2013年 04月 15日
なまら良い音祭り
a0015198_1121329.jpg


今年で4回目となるカーオーディオの祭典、なまら良い音祭りを見学してきた。

会場には北の大地のオーディオショップが自慢の車両を持ち込んで、大試聴大会が繰り広げられていた。

車を換えてからはオーディオ方面はスピーカー交換だけだが、それでも「聴くだけならただ」だし、行くだけ行ってみようと。

にしても、イベントの告知がいまいちな気がした。
自分は何となく知っていたから行けたようなもので、告知はFacebook位でしか行っていないような気がした。
車関係のイベントだから、一応ラジオCMもやってたようだけど、みんカラとか各ショップのHPとかでもガッツリ宣伝して良かったような気もした。


車両の前のカードにはどの様な装置をインストールしてあるか書いてあるプラカードがあるが、どれも軽自動車が買えそうな金額の物ばかりで、これに工賃を入れたら優に諭吉様100人体制で動員されるような設備ばかりだ。

趣味の世界だから、興味の無い人には全くどうでも良いものかも知れないが、やっぱり拘りって大事だと思う。
それがモチベーションで毎日暮らすことも出来るだろうし。
ただ惰性で生きていくのは勿体ない。


今年はさらりと会場内を見学しただけにしたが、一番高価なのはメルセデスベンツに搭載されていた200諭吉オーバーのシステムかな?
「出るからにはトップ狙わせて頂きます」って感じで、車両横にいた営業さんも他のショップさんと違って、バリッとスーツ姿だったのが印象的。
他店の方々はそれぞれの店舗のスタッフジャンパーなどでカジュアルだったのに比べて、あの場のスーツ姿は車両の厳つさと相まって良い感じに場を締めていたような気がする。

去年はアンケートに答えたところ、抽選でショップさん特性のごつい腕時計を頂いたので、今年も「二匹目のドジョウ」を狙ってアンケートを記入。
ちなみに頂いた時計だが、余りにごつすぎてそのまま箱に入れて飾ってある始末。

本当なら全部の車両の音を聴いて心の洗濯でもしようかと思ったのだが、どの車両も何人かの客待ちがいたために、そそくさと会場を後にして家路についてしまった。

帰りは結構な雨降りで、足回り交換などの外作業は無理と判断して正解だったと思った日曜の午後だった。

by wonderfullifewith | 2013-04-15 11:03 | くるまのこと | Comments(0)


<< よその土地      春作業 >>