2013年 04月 05日
JL Audio tool
車のオーディオにこり出すとキリが無い。

どこかで見切りを付けなければ、それこそ本気で泥沼にはまり込むようなものだ。

サンヨン時代もそれなりに弄って、ヘッドユニットなんて何回交換したか判らない位。

スピーカーは匠の技術でしっかりしたバッフル版を作ってもらってたし、サブウーハーも然り。

何所までやっても「これで良し」ってのがない世界だから、ほんとタチが悪い(笑)。

なのでF10ではトレードインのスピーカー交換という最低限の弄りしか行っていない。

人間、時には諦めも必要なのだ。

と言いつつ、こんなiPhoneアプリを発見。

「JL Audio tool」。

無料で高機能。

取り敢えずは運転席と助手席の間位にiPhoneをセットしてピンクノイズをスピーカーから発生させると、聞こえてくる周波数が表示される仕組み。

赤い棒グラフがなだらかに右肩上がりになると良いらしいが、自分の設定ではいくつかの周波数帯で谷間が出ていたので、そちらを純正イコライザーで補正。

そう、Anniversary仕様にはちょっと高級はオーディオシステムが搭載されているので、この辺の微調整も可能なのだ。

自分の車両環境だと以下のような調整でそれなりの波形になった。
a0015198_1721306.jpg

500Hzをやや下げて、2KHzと5KHzをやや上げてみた。

音なんて基本は個人の好みだから、ドンシャリが好きな人もいれば中音がスッキリって人もいるだろうから、これは本当に一つの目安でしか無いと思うけど、まぁ迷ったときにはこれを参考にするのもありかも?。

だってこのアプリ「無料」だし(笑)。

by wonderfullifewith | 2013-04-05 17:28 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by detour135 at 2013-04-05 21:05
へー、こんなアプリもあるんですね〜。
私も音楽好きなので、スピーカーとか交換したいな、と思う事が
しばしばあるのですが、仰る通り「沼」に嵌りそうな気がして
「これでいいのだ」と言い聞かせて純正のままにしていますw
好みの問題なので尚更「沼」が深くなりそうですよね(^^;)
Commented by e34hatch at 2013-04-05 21:58
私のサンヨン時代は「異音」を聞き分けるために、オーディオはOFFが常識でした。
それ以来、クルマでいい音の音楽は求めるのは無駄以外の何物でもないと・・・

しかし、今日、たまたま新車のレクサスをドライブしたのですが、
その無駄は旧車にしか通用しない無駄なのだと悟りました(号泣)
Commented by Wonderfullifewith at 2013-04-06 14:46
detour135さん
iPhoneアプリって本当に色々ありますよね。

結局底がない沼ですから、嵌まるととんでもないことになるので、そこそこで切り上げた方が身のためだと実感しています。

純正のスピーカー、取り外すと判りますが、本当にしょぼい作りですよね。
さすがにあれは我慢なりませんでした(笑)。
Commented by Wonderfullifewith at 2013-04-06 14:48
e34hatchさん
サンヨン時代、懐かしい(笑)。
変な音と漏れにはいつも神経をピリピリさせていたような気がします。
でもあの時代のくるまって、自力でどうにか出来る部分が結構あったので、それはそれで楽しかったりします。

新型車って、単に載せられてるって感じがして面白みには欠けますね。


<< 春なので      コーヒーはお好きですか? >>