2013年 01月 22日
そうだ旅(どっか)へ行こう 雪の無い地域へ2
雪の無い地域に降り立った自分、さて何所に行こうか。
いや、行く場所は決まっているのだが、行き方が良く判らない。
取り敢えず今回は一本のレールを跨いで動く方ではない赤い電車に乗っていくことにする。

行き先はギロッポン。
どうやら乗り換えなども必要らしいが、何より切符の買い方が判らない。
判らないときは駅員さんのいるところに出向き、一言
「六本木に行きたいんですけど」で事は済む。

規定の料金を支払い、ホームに立つ。
a0015198_16143967.jpg
飛行機の中でもちょっと気になっていたのだが、どうもカメラの調子がおかしい。
液晶に映る絵が乱れる。
細かな横線も入る。
酷いときには写真の白い部分がピンク色に写ったりする。
これはまた壊れたか?

六本木に向かうには大門駅で乗り換えが必要らしい。
無事乗り換えて何とか六本木駅に到着。
さてそこからがまた一仕事だ。
何せ全くの土地勘が無い場所に降り立つわけだから、頼りになるのはiPhoneのマップだけ。
自分がどこにいるのかも良く判らず、それでも出口を探しながら地上に出る。
「こっちか?」的な当たりを付けて歩く。
ただし何の根拠も無い。

向かう先のHPを見ると、どうやら本通りから一本入ったところにその場所はあるようで、試しに中通りに入ってみる。
この辺になると六本木と言っても、自分の地元の路地裏と何ら変わらない感じだ。
マップを見ると目的地まであと20mと出ていた。
どうやら気づかないうちに目の前まで来ていたようだ。
土地勘も無いのに凄すぎる。
a0015198_1655580.jpg
シナボン
一時期日本を撤退したと聞いていたが、再上陸した店。
以前から気にはなっていたがなかなか行く機会に恵まれず、今回漸くその目的を達することが出来た。
外まで続く行列こそ無かったものの、店内には10組ほどの客が列をなしていた。

お土産用に4個入りを入手し、昼食にシナボンクラシックとコーヒー(S)をイートインとして購入してみた。

店内は2Fと3Fがイートインスペースとなっているようだ。
a0015198_16582710.jpg
どれどれ、一口頂くとするか。
添付されたプラスチック製のナイフとフォークでほのかに温かいシナボンをカットして一切れ口に入れる。

「甘すぎる!」(笑)

匂いからして甘いだろうなぁと想像は出来たが、まさかここまで甘いとは。
和菓子(なのか?)の鯛焼きも甘いが、尻尾部分にあんこが少なくなってほどよく口直しが出来るような物もあるが、このシナボンは全域に渡って甘い。
どこから攻め入ってもまったく隙が無い甘さだ。
どの部分もタップリ甘い。
ブラックコーヒーを飲まなければ食べ続けられない。
アメリカ人、凄すぎる。
一口食べて日本撤退の理由がわかったような気がした。
それでも嫌いな味じゃ無いので、コーヒーを飲みながら1個完食。
質量的にはそれほどでも無いので胃袋の苦しさは無いが、摂取カロリーとしては十分過ぎる。
調べてみたら1個あたり880kcal!!!
チャーシュー麺1杯とほぼ同じか。

食事も終わり次の目的のためにイートインコーナーを出ようと階段付近に向かったとき、階段を上がってくる外国人客がいたので、ちょっと道を譲りつつ持っているお盆を見たら、そこにはシナボンとコーヒー、そしてコーヒーシュガーとミルク。
「コーヒーに砂糖は要らないよ」と言ってあげようかと思ったが、体格を見てそれは辞めることにした。

今アメリカでは肥満が社会問題になってて、コーラなどもそのやり玉に挙げられてると聞くが、シナボンもそのやり玉の一つに挙げても良いんじゃ無いだろうか?

店を出て、何気なく空を見上げるとそこには六本木ヒルズ?
a0015198_1710274.jpg
良く判らないけど、きっとそうだよな。
手前にはコールドストーンクリーマリーがあったが、さすがに数日前に大雪が降ったこの時期では、店も閑散としていた。

来た道を戻ってる所でメールが。
送信者は関西からY浜に拠点を移動して全国行脚をされている方からだった。
「夕方からプチりませんか?」とのお誘いだったが、哀しい自営業者はとんぼ返りの身。
「また誘って下さい」と返事を出す。

六本木交差点付近の交番でバス乗り場を訊き、本日のメインイベントのために新橋行きのバスに乗り込む。
a0015198_17111765.jpg
チーマー崩れみたいな、梅屋敷を拠点にしてるような若い兄ちゃんとねーちゃんが乗り込んできたが、今の若者ってこんな乗り合いバスで移動するのね。
自分の若い頃では到底考えられない光景。
若い頃なんて、バスとか電車で移動するなんて事は全く考えられなかったのに、ここにも若者の車離れが進んでいる痕跡を垣間見てしまった。
まぁあの風体なら車を買うだけの所得は無さそうだったが。

1時から4時間ほど仕事をこなし、夕方の新橋駅ガード下を見学しながら都営浅草線で空港へ向かう。
空港で土産物を買い、ビッグバードの職員からアンケート用紙を受け取り機内の人となる。

あっという間だったが雪の無い所に行って、少しだけリフレッシュ。
仕事のモチベーションも上がり、これからまた頑張っていくしか無いと再認識した次第。
ただ、東京に行ったのは良いが、まともに地上を歩いたのは六本木駅からシナボンまでの往復と、新橋駅から会場までの10分ほどの道のりの往復のみ。
余りに余りだったかも知れない。





by wonderfullifewith | 2013-01-22 18:02 | しごとのこと | Comments(2)
Commented by kotodaddy at 2013-01-24 12:47
もう20年も前の話ですが、当時の勤務地が六本木でした。
渋谷から新橋行きのバスで六本木で降りて通ってました。
今回wonderfullifewithさんが乗られたバスですね。懐かしい^^

アメリカ人の甘いもの好きには私も驚愕したことがあります。
パンケーキに山盛りの生クリーム、それにこれでもかって位の量の
メイプルシロップをかけて食べ、脇にあるコーヒーには3~4つもの
砂糖の空き袋が・・。そういう人を結構多く普通に見掛けましたので、
アメリカじゃ普通なのかなぁ・・^^; 
Commented by Wonderfullifewith at 2013-01-25 11:11
kotodaddyさん
六本木でお仕事をされていたんですか。
なんだか意味無く憧れます(笑)。
この辺り、バブルの時代は華々しかったんでしょうね。
肩パット入ったスーツ着て、ワンレンボディコン爪長ハイヒール。

バス、以外に本数が無いのにビックリしました(1時間に4本くらい)。
我が家の前を通る路線と変わりない本数に、本当にここは大都会なのか?と。

アメリカ人という括りが正解かは判りませんが、遠い昔にハワイに行ったときに、ウエストが3サイズの中で一番大きそうなお姉さんが、甘いジェラートの上にチョコレートのトッピングをしてるのを頬張ってるのを見て、カロリーと体型の相関関係に妙に納得した覚えがあります。


<< 大寒に      そうだ旅(どっか)へ行こう 雪... >>