2012年 09月 23日
小樽観光
休日、内職を終えてから特に用事もない。
家庭内のシフトが全員違うため、終日に渡り家族全員が顔を合わすのは、年に数回だ、

てことで、お仲間と一緒に小樽にでも出かけようという話になった。
ただ、当然この日は世の中的には「平日」なので、おなかまとて当たり前のようにお仕事中である。
そこを何とかしてくれるのが、このお仲間である。
部下の方々には大変申し訳ないが、お仲間を職場から引き離す格好となってしまった
名前は出せないが、仮にK氏と呼ぶことにする。

K氏と2人だけで小樽に行くと、Y浜ホテル事件はやはり本当だったのかと言う事にもなりかねないので、他にもうお一方をお連れして、おっさん3人度となったわけである。

札幌からだとちょっと日常を離れるに丁度良い距離と時間の場所にある小樽。
異国情緒もあふれ、隠れて名店もあるので、何度行っても飽きないのが魅力な街だ。

街の観光のメイン部分に店を構えるガラス工房を覗くと、もうそんな時期の話になるのかと言った、季節先取り商品が並べられている。
a0015198_965397.jpg
夫婦で晩酌を嗜むようなご家庭には最適な一品だろう。
奥さん孝行、旦那さん孝行に如何だろうか?

オルゴール堂に移動して色々物色。
a0015198_10511623.jpg
「千客万来」の招き猫、買ってくれば良かった。

街中を観光客のようにウダウダ歩いていると、ルタオの強烈な店舗展開を目の当たりにする。
それぞれのお菓子を専門化して、それぞれの店舗で販売するスタイルは、そぞろ歩きの客には最適な感じかつ財布の紐も緩みっぱなしになること間違いなし(だと思いたい)。

そんな店の並びを見ている途中、ちょっと一服しましょうって事で、一軒のソフトクリームショップ前のベンチに腰掛け、これも何かのご縁だからとソフトクリームをオーダー。
自分はショコラソフトをオーダーしたのだが、これが久しぶりに個人的スマッシュヒット。
パウダー状にまで裁断されたチョコがふんだんに混入しており、そのややざらっとした舌触りが何とも旨い。
a0015198_10523766.jpg
24度位の気温でソフトにはちょっとという感じだったが、他のお客さんも自分の後に買いに来ていたようだ。

小樽、ランチ時なら隠れた鮨の名店に行ったりのオプションも追加出来るし、夜なら夜で夜景の綺麗な場所に行くのも一興なのだが、オッサン3人で昼間に夜景スポットも無かろうって事で、今回は簡単に観光地をかいつまんでの旅行となった。

by wonderfullifewith | 2012-09-23 12:21 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by 爆裂山 at 2012-09-23 13:12 x
あら、この日僕も休みだったので、呼ばれたらお供させて頂いたのに~(^^;
Commented by Wonderfullifewith at 2012-09-23 19:16
爆裂山さん
その日の10時過ぎに突然決まった行動だったので、申し訳ありません。


<< 石狩鮭まつり      人の振り見て >>