2012年 08月 24日
そうだ旅(どっか)へ行こう 車を休んで2
a0015198_1543958.jpg
確かにイメージは鷹だな。

B氏を空港まで送り届け、再び高速の人となるが、どこをどう走っているのかサッパリ判らない状況で、傍目には拉致監禁状態。まぁ見た目はともかく、車内にいらっしゃる人は(決して敵には回したくはないが)皆とても良い人ばかりなので安心して車に乗っていられる。

「あそこに見えるのが富士山ですよ」
a0015198_15462771.jpg
と観光案内まで付いているBMWによる贅沢な小旅行。

富士山を実際に見たのって何時以来かなぁなんて思ってる内に車は目的地到着。

日も暮れてきたので夕食でもしましょうって事で、連れてこられたのがとあるお店。

店の場所も名前も明かさないことを条件に、料理だけをちょっとだけご紹介。


イサキのポワレ、ウニとカニを従えて(以下料理名はこちらで勝手に命名)
a0015198_166112.jpg
こちらでは余り馴染みのない魚ではあるが、白身でありながらしっかりと味を主張し、下の殻のウニとカニのグリル焼きに負けない旨みを主張している。
当たり前の話で恐縮だが、やはりプロは違うと今更ながら思い知らされる。


リゾット、北海シマエビによるソースアメリケーヌ仕立て。
a0015198_1692033.jpg
相席のK氏が電話で席を外している間に、小食の自分がこのリゾットを2/3も食べてしまったことからもこのリゾットの旨さが判って頂けると思う。2/3で留めたのは自分が可愛いからに他ならず、相席がK氏でなければ素知らぬ顔してぺろっと一皿平らげて、何事なかったように知らんぷりを決め込んでいただろうな事態は想像に難しくない。
さすが北海シマエビ、良い仕事をする(と言うか、シェフの腕如何なんだろうけど)


「肉、大丈夫ですか?」と自分の体調を気遣ってくれながら出てきたのは、
牛肉のソテー、松茸ソースとともに
a0015198_16214417.jpg
悔しいけど、この肉を一切れ口に入れたときの第一声が「うわっ、軟らかい」

三流芸人のグルメレポーターじゃねーんだから、何でも軟らかいって言えば良いもんじゃなかろーに、それでもやっぱり最初に出てきた言葉がこれだったのには我ながら驚いた。

実はこの事には事前の話があり、先日拙宅の夕餉に出た「サイコロステーキ」なる代物が、顔面を覆う咀嚼に関する全ての筋肉並びに口腔内歯牙、そして下顎腺以下唾液腺を総動員して肉の粉砕軟化を試み、漸く嚥下するに十分な細片にすることが出来る硬度の肉であった。

動物の筋肉を食べて自らの筋肉の疲労を来すってのは、何か腑に落ちない現象のような気がすした瞬間であった。
外食したと思えばもう少し程度の良さそうな肉が買えそうなものなのに、なぜに咀嚼筋養成ギプスのような肉を選んで買ってくるかなぁ。
年を取ってからと言うもの、この様な硬度の食物を食べた後、あごも痛くなるけど歯茎も痛くなるんだよなぁ(年寄爆)。

そんな事もあり、この肉を口にした瞬間に出てしまった言葉が「うわっ、軟らかい」であったのだった。

今回は謀らずとも牛肉の引き立て役としての登板であるが、出るところに出ればピンの仕事はいくらでもあろう実力を持つ松茸様。
通常の料理の値段だって「松茸入りですから」であっという間に異次元空間にまで誘える力の持ち主なのに、今回は肉の引き立て役に廻るという、言ってみれば正月の歌舞伎の顔見せ興行位に贅沢なキャスティングだ。

松茸、恥ずかしながらこんな大きなものは、もしかしたら人生お初かも知れない。

自分にとって松茸とは、これすなわち「永谷園」である。


冷製明太スパ、福岡の良い明太子が入りましたので
a0015198_16291762.jpg

やや細麺のスパゲッティーニを冷水でさくっと冷やし、絶妙な辛みの明太子と特製ソースで絡めた逸品。
刻み海苔も髪の毛ほどの細さに切られており、麺と絡めて食べても海苔が上顎に癒着して後で難儀することもなく、でも海苔の果たすべき磯の香りはしっかり主張している。
あまりの旨さにソースを舐めてしまった。


カルボナーラ
a0015198_16325984.jpg
あの方をして「絶品」と言わしめた一皿。
イタリアに行けば、家庭の数だけカルボナーラがある」と言われる家庭料理を、お店のメニューとして恥ずかしくないだけに昇華させるシェフの技量、素晴らしすぎる。

カルボナーラの名前の由来、黒コショウもピリリと効いててこれまたあっという間に完食。


ドルチェ
カボチャのプディング、アフォガード添え
口に入れた瞬間に溶け始めるも、嚥下の瞬間に「実はカボチャなんです」とさりげなくその存在を知らしめる奥ゆかしさに脱帽のプディング、当然あっという間に完食。
エスプレッソの苦みでバニラの甘みが引き立つアイスも、これまた一瞬で胃の粘膜から吸収され、我が血となり肉となる状態に変化。


実はK氏の他に、初めましてのE39オーナー様(E39を3台乗り継ぎの猛者様)もいらっしゃり、シェフと4人で楽しい話で夜は更けていったのだった。

これだけの量を食べて、普段であれば食後30分から強烈な腹部膨満感や、翌朝の胃酸の上昇に伴う胃のもたれを感じる自分なのに、この夜は当然、翌朝もほとんど何の問題もなく胃がスッキリしていたのには驚いた。

もしかしたら美味しい料理というのは、体に負担が掛からないものなのかも知れない。

by wonderfullifewith | 2012-08-24 17:16 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by DD at 2012-08-24 21:34 x
どこかで見たレストラン(トラットリア?)だ!
久しぶりに食べた〜い!
カルボナーラ、絶品ですね!

Commented by wonderfullifewith at 2012-08-25 07:29
DDさん
おやご存じでしたか(笑)。
K氏のには「ライスボールを添えて」の特別裏メニューになっていたそうですよ。


<< 残暑      そうだ旅(どっか)へ行こう 車... >>