2012年 06月 03日
そうだ旅(どっか)へ行こう 岩盤浴から帰宅編
美味しい食事を頂いたことで、心も体も満足したので、次は少しリラックスタイムと洒落込もうと、洞爺湖の温泉にある岩盤浴場を目指す。

向かった場所は湖畔の宿 洞爺かわなみと言う温泉。

洞爺湖温泉と言えば、サンパレスなど大型の施設が有名だが、この「かわなみ」は岩盤浴があることで知られてる(かも知れない)。

施設的にはかなり古いもので、HPをみて余り素敵なイメージを抱いて行かない方が良い、と言うレベルだ。

写真は真実を伝えないとだけ言っておこう。


受付で岩盤浴の代金を支払い、湯着などを借りて浴場に向かうが、初めて訪ねる施設のために何所に行って良いのかサッパリわからない。職員さんに聞いても「廊下を真っ直ぐ行けとだけ教えてくれたが、正直施設内には道案内の様なものはほとんど無い。

危うくまっすぐ行ってボイラー室のドアを開けるところだった。


取り敢えずは汗を流そうって事で風呂に入る。どうやら今日は貸し切り状態のようだ。

内湯、露天風呂などを楽しみ、さて岩盤浴にでも行こうと着替えて脱衣所を出るも、岩盤浴の施設がどこにあるのかわからない。漸く施設の案内板のようなものを見つけるが、それを見ても入り口の場所が判らないのである。一見さんにも判るような親切な案内図を切に望む。


浴場に入ると奥の方に中高年のご婦人が2名先客でいらっしゃった。

湯着を着用しているわけだから、基本的には混浴だ。

室内は地元にある施設のような薬草っぽい匂いは無く、個人的には好ましい香りが漂っていた。

入り口側の場所に寝転び、先客に迷惑にならないようにiPhone内の音楽を一番音量で聴きながらしばしまったり。

どうやらここの施設に敷いている石がとても素晴らしいらしく、それが理由か判らないがあっという間に汗びっしょり。実際地元の岩盤浴でも「お前どこから出てきた?」って位に汗が出るのだが。

20分も寝転んでいたら悪いものが全部出たって感じになった(そして体にはほんの小さな希望だけが残ったって?(笑))。

岩盤浴、最高!


午後5時30分には帰宅すると言って家を出ているので、3時には現地を出発しなければならない。自分の行動には常に時間の制約がついて回る(当たり前か)。

岩盤浴をしばし堪能し、脱水した体に水分を補給し、帰宅の途につく。

今日の予定は全て完了。

今度は何所に行きましょうかね。



by wonderfullifewith | 2012-06-03 22:15 | くるまのこと | Comments(2)
Commented by みやちゃん at 2012-06-06 19:11 x
お!スピーカー交換したんですね!!
あとは座席下のウーハーを交換すると
さらに良く鳴ると思います♪
Commented by wonderfullifewith at 2012-06-07 07:37
みやちゃんさん
やっぱり純正品とは全く違いますね。
音の引き締まった感がとても好印象です。
うーん・・・、あの時Ver3も一緒に逝っとくべきでした(笑)


<< ソフトエアアップデートの結果(...      そうだ旅(どっか)へ行こう ランチ編 >>