2012年 05月 27日
そうだ旅(どっか)へ行こう 上湧別から
a0015198_17251576.jpg

さて、素敵な時間を過ごした後は現実に戻って次の行動に出よう。

次に向かうのは、上湧別チューリップ公園。

その前に軽く腹ごしらえをと考え、網走駅前付近にある定食屋に入る。

ここは旅行雑誌に出ていた店だ。

昼食時を過ぎていたため、店内の客は自分一人。

夫婦二人で切り盛りしている店のようだが、店の規模からして二人で十分って感じか。

愛想の良さそうな店主に「お好きな場所にお座り下さい」と促され、窓際の席を陣取る。

カニフライ定食を頼み、ボーッとしていると、店の店主がどこかに電話をし始めた。

相手はどうやらDM業社らしい。

「もしもし、私ね、○○って店のもんなんだけど、おたくから妙なファックスが流れてくるんだわ。どういうつもりか判らんけど、もう送るの辞めてもらえないかい?。こっちはいい迷惑なんだわ。頼むね。」

そう言うと店の親父は電話を切った。

うーん・・・、そんな話は客の前でするものじゃ無いだろうにと思っていると、程なくして料理が運ばれてきた。

味はさっきの電話のお陰で良く判らなくなってしまった。
a0015198_17234837.jpg
カニフライ、カニ味噌、カニの味噌汁、漬け物、ご飯。

タルタルソースでも掛けて食べるのかな?と思ったら、どうやらテーブルの上に置いてあるウスターソースを掛けて食べるらしい。

「今日のカニは大きいです」といわれたが、果たしてそれが本当なのかどうかも判らない。

食事を済ませ店を出る。

1時間弱で上湧別に到着したが、時刻は既に4時ちょっと前。

帰りのことを考えると余りのんびりもしていられないが、そこに広がるチューリップの綺麗さは息を飲むものであった。

カニフライなんて食べに行かずに、昼飯をコンビニのおにぎりにして時間を節約すれば良かったと軽く後悔。

そうすれば昼食の30分強をチューリップ鑑賞に当てられたのに。

今更嘆いても仕方が無いので、足早に畑の中を歩き回る。

ここも入場料が500円掛かるが、500円を支払う価値は充分にある。

チューリップといえばオランダだが、それにちなんでか風車が建てられていた。
a0015198_172427.jpg


辺り一面チューリップ
a0015198_1725351.jpg
富良野のラベンダーもそうだが、美しい。

色とりどりの花がオンリーワンの美しさを自己主張している。
a0015198_1725698.jpg


まだまだ畑の半分も廻っていないのだが、そろそろ戻らないとならない時刻に差し掛かってきた。

今日は車をPit2さんに預ける都合上、なんとしてでも営業の終わる7時までに戻らなければならない。

後ろ髪を引かれながらも(え?後ろ髪なんて無いだろって?)、上湧別を後にする。

この辺りになると全く土地勘が無いので、頭の悪いナビだけが頼りだ。

ナビに自宅を入力して予想到着時刻を見ると、午後9時58分と出た。

これじゃ全然7時になんて到着出来ないじゃ無いか!と思ったが
a0015198_1725955.jpg

このナビが旭川紋別道を認識出来ていないからに他ならないのだが、単純に距離から計算するに「時速100km/hで巡航すれば3時間弱で到着可能」と数字をはじき出す。

多少計算に無理があるような気もしないでは無いが、この際そんな悠長なことは言ってられないので、頑張って走ることにした。

所謂「無理を通せば通り引っ込む」である(違うか)。

それにしても旭川紋別道までの一般道が結構長い。

漸く一般道を終え自動車専用道路に入るが、片側1車線の道路故ペースカーのようなちんたらした車が前方にいるとそこで一気に後ろが詰まってくる。

それでも10km毎位に追い越し車線が作られているので、慣らし運転を終えた事も手伝い、シフトレバーをSへ倒し一気にアクセルを床まで踏む。

タコメーターは何の澱みも無くレッドゾーンの6500rpmまで回り、さくっとシフトアップ。

これぞストレートシックスの醍醐味。

これを数回繰り返せば、スピードメーターはとんでもない数字を示しているから要注意だ。

トンネルの中も気持ち良く駆け抜け、気づけば7時まで少し余裕のある時刻にショップ到着。
a0015198_17511527.jpg


駆け抜けた代償は、バンパーとフロントガラス一面に飛び散る虫の死骸であった。

ショップに車を預け、自分はそこからはバスで帰宅したのであった。

死ぬまでに見ておきたい北の大地の風景、オホーツク編これにて終了。

by wonderfullifewith | 2012-05-27 18:04 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by タケ(^^V at 2012-05-27 22:23 x
なんと!素晴らしい~景色でしょう(^^V
僕も死ぬ前に一度だけ、伺ってみたい場所ですが。。

あ!でも、先が短いので不可能かもね!(爆)
Commented by コロすけ at 2012-05-28 07:16 x
>ショップに車を預け、自分はそこからはバスで帰宅したのであった。

電話を頂ければ速攻お迎えにまいりましたのにぃ…( ̄◇ ̄;)ハッ!

ぁ…バスでねバス。。。かぁ
Commented by wonderfullifewith at 2012-05-28 07:20
タケ(^^vさん
綺麗な景色でした。
是非ご自身の目で確認してみて下さい。

先が短い?
そんなまだまだ全然問題ないですよ(笑)。
Commented by wonderfullifewith at 2012-05-28 07:21
コロすけさん

あ、そうかお電話してみれば良かったですね。
7時ならまだ既知に潜伏していた時間でしょうか?

よし、今度は電話しよっと。


<< 黒から青へ      そうだ旅(どっか)へ行こう 人... >>