2012年 05月 01日
小樽ドライブその2
バーガーキングを早々に諦め、さて昼食は何にしようかと思案する。

そういえば、「おにぎりあたためますか?」で確かにしん蕎麦の店が出てたっけなぁと思い出し、その店を探す。

おにぎりあたためますかって、本州のコンビニで訊かれないって聞いたけど本当?

こっちでは普通に聞かれるけど、そしてどうしようも無いアルバイト店員はその温めたおにぎりと冷たいジュース、もしくはアイスクリームを一緒の袋に入れようとするから困ったものなのだが。

まぁそんな与太話は良いとして、その日の小樽の気温、24.3度
a0015198_11312658.jpg
春を飛び越していきなりの初夏。

春先用のジャンパーを着てきたのは大失敗だった。

それでも気を取り直してそば屋をググると、その店は駅からさほど遠くない距離にあり、徒歩3分ほどで目的の店に到着。
a0015198_1132451.jpg
古いビルの間に立つ和風な店構え。

店の前の赤い生地を敷いたベンチに風情を感じる。

お一人様であることを告げると、小上がりに通される。
a0015198_11443768.jpg
お蕎麦は少々お時間頂きますが宜しいでしょうか?と訊かれるが、こちらも急ぐ旅では無いので了承して席に着く。

お品書きは結構読み物としても楽しめるようになっており、待ち時間はさほど苦にならないものであった。

頼んだ品は「にしん群来蕎麦、地物粉」1500円の高額商品だ。

これはにしん蕎麦に数の子が載せられていて、なおかつ地元の粉を使っているらしい。

初にしん蕎麦に期待が膨らみまくる。

a0015198_11471332.jpg
大ぶりな身欠きにしんがドーンと丼中央に鎮座し、その脇を海苔がこれでもかと投入され、にしんの上には「少ししか無くてすいません」程度の数の子、それから周りに白子を模したのかトロロが掛けられていた。

その昔、にしんが大量に捕れた頃は、この辺の網元はもの凄く裕福だったようで、その名残の「にしん御殿」なんてものまで残っている。

個人的ににしんはほとんど食卓に上る事も無く、正月のおせち料理の数の子と、年に数回食べる寿司の中に数の子がある位で、今では漬け物のにしん漬けもほとんど出てこなくなったし、正直な話余り馴染みのある魚では無い。

数の子が高級品として崇められてるから、その親のにしんもそれに乗じて「自分は高級な子供の親だ」的な便乗商売で成り立っているような気がしないでも無いし。

庶民の自分には、にしんよりもサンマの方が食べ慣れていて好きだし。

そんな事を思いながら汁をずるっとすする。

うーん、醤油ベースか、って当たり前だ、万が一にもトマト味だとかクリーム味、はたまたパクチーが利いたエスニック味のにしん蕎麦があったら、それこそ大変な事になる。

そんな蕎麦を出したたら、地元の蕎麦商店組合からの永久追放もあり得るだろう。

ダシの味、正直個人的にはもう少し醤油の角が取れている味が好みなのだが、これはこれで「伝統の味」なんだろうな。

ズルズルと蕎麦をすすってると、途中でそば湯と蕎麦ちょこが運ばれてきた。
a0015198_115147.jpg
そば湯を入れる朱色の湯桶が良い味を出している。

そばつゆをそば湯で割ってゴクゴク、あぁ幸せ。

あれ?自分、前日も蕎麦食ってなかったか?、地元の店で板蕎麦を食べてなかったか?

まぁ一昨日の晩ご飯を忘れるような人間だから気にしないで箸を進めよう。

しばしガチ食いタイムが続く。

さて腹も一杯になったし、観光客に混じって散策でもするか。

小樽という街は散策するにとても楽しい街である。

運河沿いの店が並ぶところは、結構良い感じに人が出ていた。

何を買うでも無く一軒のガラス屋に入ってみる。
a0015198_15204855.jpg
こう言った食器に囲まれた生活も悪くないだろうなぁと思いつつも、果たして自宅ではアルミの計量カップで牛乳を飲むような無粋なことをしているオッサンに、この様なオシャレなガラス食器は似合うだろうか?と言うような事を考え、結局写真を撮っただけでその店を後にする。

いつかは「これはバカラの食器なんだよ」なんて言いながらの生活をしてみたい。

通りをブラブラしてたら、面白い看板を発見。
a0015198_15244614.jpg
確かに、この手の店のウィンドーショッピングに付き合わされるお父さんは辛いかも知れない。

きっと休憩出来る場所があるんだろう。そして店内にはお父さんの小遣いで買えるような物が売られていて、ただで休んじゃ申し訳ないという気持ちから、買わなくても良いような土産物を買ってしまうと言う、哀しいお父さんの性を上手く利用した商法を営んでいるんだろうと邪推してみるアラフィー。

暖かい気温の中テクテクしてたらちょっと疲れてきたので、ここいらで少しコーヒータイムとしようか。

つづく

by wonderfullifewith | 2012-05-01 15:40 | うちのこと | Comments(2)
Commented by たくみちゃん at 2012-05-01 16:00 x
バーガーキングってホント混んだようですね~

ニュースでもOPEN情報が扱われましたし、
家族で行ってみようかと話に出ましたが、
円山動物園に行きました。

いつかはワッパー食べてみようと思います(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2012-05-01 17:22
たくみちゃんさん
熱しやすく冷めやすい道民気質ですから、その内並ばなくても直ぐに購入可能なときが来ると思います。
それまで待ちましょう。

そして円山動物園に行ったのは大正解だと思います。

バーガーキング、その大きさがウリなのに、自分は「ジュニアサイズにしよう」なんて本末転倒なことを考えながら並んでいたのは内緒です。


<< 車についての雑感      小樽ドライブその1 >>