2012年 03月 23日
F10 バックランプ交換
バックランプをLEDに変更しようと思い立ち、色々とネットを探る。
今はとっても良い時代。
すると程なく目的のサイトを見つけ、そこを読んでみると「取説の244ページに書いてある通り」とある。
なに、今はランプの交換まで取説に書かれているのか。
良い時代になったもんだ。
a0015198_1057185.jpg
アプローチするのはこの辺り。

早速取説を捲ってみると、果たしてその記載はしっかりとあった。
a0015198_10451541.jpg

この取説、日本語の記載がおかしな所が満載だ。
英語をそのまま直訳したような文章が目白押し。
取説に関して言えば、日本車の圧勝だね。

取説を読むと、トランクの内張を留めてあるクリップを3カ所プラスドライバーで外せとある。
クリップは軟質プラスチックで作られていて、ネジの頭にドライバーを突っ込んで回した瞬間にねじ山が粉砕した。
ビックリした。
余りに簡単にねじ山が壊れるから、自分は何か間違ったことをしてしまったのでは無いか?と思うほどだった。
再度取説を読む。
やはり付属のプラスドライバーを使えとしか書かれていない。
この手のクリップは二層構造になっており、軸を押し込むことで外周のプラスチックが広がって固定されるタイプだろうから、なにもねじ回し式に軸を取り除かなくても良かろうにと思う。

サンヨン時代のようにただ押し込む、外す時は内張剥がしなどを利用して外すで良かろうに。
なんでネジ式にするかなぁ。
そう言ってもドイツ人の考えた事に今更異を唱えても仕方が無いので、何とかしようと頑張る。
頑張るものの、今度はクリップ外周部分が共周りしてどうしようもない。
外周部分をピックアップツールで固定しつつ、ネジを回す。
その前に滑りをよくするためにシリコンスプレーをシュー。
これでネジの抵抗は少し減っただろう。
だが結果は、ねじ山玉砕。
あっという間に軸の頭は丸坊主になってしまった。

さてどうしよう。
もしかしたらメーカーはこのクリップの再利用なんて端から考えてないのかもしれないと思うことにした。
こうなったらとにかくネジを外す事に専念する。
a0015198_10591290.jpg
ネジザウルス。
これは優れものだ。
是非工具箱に一本忍ばせておくことをオススメする。
歯先でネジの頭をガッチリ固定することが出来る。
外周が共周りしないようにして、何とかクリップを取り外すことに成功した。
ただしクリップのネジ頭は見るも無惨な形状となってしまった。
ま、誰も見る場所じゃ無いし良いかって事で作業を進める。
a0015198_15534862.jpg

取説では3カ所のクリップを外せと書いてあるが、とてもじゃないがそれで出来る空間では作業するには心許ない。
内張が硬くて余り自由が利かないのだ。
ただこれは外気温にも影響するところが大きいだろう。
本日の外気温、プラス4度。
まだ車弄りをする気温じゃ無いことをこのあと痛感する(この辺で勘の良い人は、このあとこのオーナーが何をしでかすか想像に難しくないであろう)。

推奨の3カ所プラス1カ所のクリップを外して漸くランプのアッセンブリーにアプローチすることが出来た。
ただ、ここでも取説には簡単に書かれているが大きな落とし穴が沢山存在。
トランク内張りには閉める際の取っ手部分の凹みがある。
これがネックとなり内張りが上手く剥がれない。
それでも無理矢理な感じで剥がすと、ボコッとやや鈍い音がして内張は剥がれてくれた。

今回導入するバックランプはBREXのLED、キャンセラー付き。
a0015198_11133872.jpg
一応定評のあるブランドらしい。

LEDってのは極性があるらしく、差し込み口に無造作に差し込んでも点灯しないことがある。
一般的には極性が書かれているらしいが、差し込み口にはその様な記載は無かった。
よって確率5割の勝負となった。

通常のランプを撤去し、新しいLEDを挿入する。
ここで問題発生。
バックランプが無事点灯しているかの確認が出来ないのである。
ケーブルを伸ばしてリヤウィンドウから見える位置までLEDを出し、漸く点灯確認することが出来た。
やはり確率というのは素晴らしいと実感した次第。
一発目での点灯率、左右できちんと5割だった。

初めにに左側の作業を行い、次は右だ。
神の悪戯か空から霙、というか雪が降り始めた。
予報では昼間は晴れるって言ってたのに。
作業者も濡れるしトランク内も濡れる。
勿論工具も濡れる。
焦った。

作業中に焦るとろくな事にならない。
気温も下がってくるし、手もかじかんで上手く動かない。
内張りを剥がす指に無理な力が掛かったその瞬間、バキッとイヤぁな音が。
そのイヤな音が発せられた途端、内張りが簡単に捲れ上がった。

内張りの一部が破れた。
正確には一番上の写真にあるトランククッションゴム部分で、内張りを乗り越える際に要らぬ力が掛かってしまい破れてしまった。
幸い目立つ場所でも無いし何がどうなる部分でも無い。
ただ自分の心の中に傷が残っただけである。

駄菓子菓子、心の傷は早急に修復した方が精神衛生上良いことは過去10年の旧車偏愛で学んだこと。
よってすぐさまリペアを施すことにした。
はい始まりました、毎度おなじみメンテだかリペアだか判らない作業。

リペアの方法としては裏側にビニルテープを数層に接着した物をあてがうと言う方式を採用した。
ビニルテープの接着には3Mのスーパー多用途超強力接着剤透明を採用した。
a0015198_15394475.jpg
何とも頼もしい感じのネーミングだ。
写真は無いがそこそこ満足のいく修復となり、心の傷も何時しか癒えてきていた。

さて、LEDにしたバックランプであるが、F10のバックランプはF11のそれとは違いランプがモロ見栄となってしまうので、こんな感じで見える。
a0015198_1548826.jpg
自己満足以外の何ものでも無く、そしてその実態は走行中はおろか停車中も見ることが出来ないと言う、本当に「馬っ鹿じゃねーの?」ってレベルのモディだ。
加えて弄りぶっこわしが入るんだから、ノーリスクハイリターンの教訓は今持ってちゃんと活かされている(のか?)。

今回の教訓としては、
メンテは天気の良い暖かい日に行うのが良い。
取説を100%信じない方が良い時もある。
出来れば複数人数で作業した方が良い。
そして焦らない。
やっぱり雪が溶けてお仲間もじわじわ動き出してから、ワイワイやるのが良いようだ。

相変わらず、メンテなのかリペアなのか判らない事をやってる自分。
もしかしたら自分にとって「メンテ」と「リペア」はワンセットなのかも知れない。

by wonderfullifewith | 2012-03-23 15:56 | くるまのこと | Comments(16)
Commented by みやちゃん at 2012-03-23 18:20 x
ネジはクレームで交換してもらいましょう!(爆)
Dラーで確認しましたが、おっしゃる通り取説は本国のモノを直訳しただけのものです。(笑)

BREXは、寿命が短いですよ!
できるならBEROF物がよろしいかと思います。
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-23 18:53
みやちゃんさん
クレーム対応してくれるでしょうか?
とにかく取説通りには逝かないですね。

BREX、寿命短いんですか?
どの位持つか耐久試験ですね。
ダメならベロフでって、結構良い値段するんですよねぇ(^_^;)。
Commented by 284@ at 2012-03-23 18:59 x
楽しそうな営業日の昼下がり?ですね。∈^0^∋

私も新車の MINI のライセンス灯をLED化する時に、マイナス
ドライバーでレンズを横に押しながら引き出す時に見事に!
プラスチックの本体部分を割りました。何とか片方で落ちな
いでくっついていますが、その修復にプラリペアを買ったり
悪戦苦闘して・・・結局、無駄な出費で終わった苦い思い出
があります。新車は値落ちも弄った時の落胆の度合いも大き
いですね!σ(^◇^;)

でも、おじさんはチョしている時が幸せなんですよね〜♪

次のレポートを楽しみに待っています!( ̄〜 ̄)ξ

PS:ちなみに本日届いた不幸の手紙に・・・プロペラ
   シャフトをワンオフOH他の請求書が入っていま
   した。総額=Dでの部品定価でした。(×_×)
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-23 19:07
284@さん
流石にこれは営業日の昼下がり作業では無く、休日の作業でした。
余り大々的にこのような事を行うと、職員さんからの絶対零度以下の視線が怖いです(笑)。

(今のところ)下取りとかそんな事を考えていませんので、やっぱりこの車も遊ばせて貰うことにしています。

確かに壊さずにメンテ出来れば最高なんでしょうけど、プラリペアとかエポキシとかパテとか、そう言うので修理しちゃった時の歓びってのも、これはこれであるんですよね。
あぁ変な歓び方を覚えてしまったなぁ>自分。

請求書、これは労働意欲をかき立てる一枚の紙切れですね。
そうです、そう思うことにしましょう。
Commented by コロすけ at 2012-03-23 19:14 x
昨日は御疲れさまでした。m(_ _)m


B〇〇Xは…短期間で切れた場合新品をくれたりしちゃいます(笑)

ぇ?何故知ってるって?
そこは聞かないで下さい。

何気に885(爆)?
Commented by mikamikuma at 2012-03-23 19:36 x
新しくても、古くても同じですね、やることは、…
やっぱり、慢性病気という事で、よくわかりました、…

みやちゃん、いつこっちに来るの?
でないと、そっちに行くよ、…(笑

去年は、会議に行くかどうかギリギリまで迷ったけど、
行くのはいいけど、帰れなくなるかもと、やめました、…
今朝売り上げを見たら、やけにいいので、喜べ、!も、つかの間
なんのことはない、去年は停電で25日まで開店休業だった、((+_+))

今年は行きたい、というか、
ペナルティつくので、切符取りました、・・・(;一_一)
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-23 21:57
コロすけさん
昨日は大変お世話になりました。
やはり貴殿の「鶴の一声」は偉大だと再確認した次第です。
一生付いていきますm(__)m

○RE○の製品はそんな補償してくれるんですか?
もし何か言われたら兄貴の名前出して良いですか?(爆)。

885の装着はあと2週間位先ですかね。
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-23 21:59
mikamikumaさん
はい、新しかろうが古かろうがやることは一緒です。
懲りないヤツってことで一つm(__)m。

去年の3月はかなりの打撃でしたよね。
今年は思いっ切り挽回して下さい。
弊社は今のところ苦戦を強いられております。
残り1週間でなんとか挽回したいと思ってはいるのですが・・・。
Commented by kitanoeos at 2012-03-24 15:22
「そこにネジが有れば外して見る」これ定説です。
私も新車購入時はあれこれと外しては付け的は行為にいそしんで
いましたが、クリップは一度外すとゆるゆるになってしますので
パーツを備蓄しておりました。
それにしても6枚目の画像。かなり激闘されたようで、指の
あちこちに糸くずが・・・・^^;
お怪我をせぬようお気を付け下さいませ。
Commented by BONBY at 2012-03-25 11:09 x
取り説のどこかに小さな文字で 「個人で作業をする場合、プラスチック製品を外す場合には必ず壊れますので新品(有償)をご用意下さい」と書いてあるはずです。ドイツ人は律儀ですから良く読んで下さい(笑)

しかし、今回の作業でちょっとだけ元を取りましたね。
充実カーライフ代 ¥10000 
見返りは大きいです(爆)

 
Commented by Ash at 2012-03-25 14:10 x
こんにちは^^ イイですね♪
そうなんですよ・・・・・・・・

私も絶対にこうなっちゃうから自分ではやりません^^;

どうですか?明るくてバックしやすいですか?
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-25 20:56
kitanoeosさん
そうなんですよ、人間が取り付けたネジなんだから、人間が外せるはずだ。
いつもその精神で楽しんでます。
無事に言っても行かなくても、それが楽しみなことに間違いありません。
全然後悔して無い自分、これからもバリバリ行きます(笑)。
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-25 20:57
BONBYさん
訴訟大国アメリカ車ならそこまで書いてあるでしょうね(笑)。
でも結構楽しかったりしますので、暖かくなったらもっと弄り倒します。
何が起きても温かい目で見守り、そして笑ってやって下さい。
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-25 20:58
Ashさん
これも含めて自分の車なので、後悔は余りしないんですよね。
こんな風に弄ってると、ドンドン愛着が湧いてきたりするんです。
困ったものです(笑)。
弄りぶっ壊し、ハイリスク・ノーリターンで邁進しますm(__)m。
Commented by たくみちゃん at 2012-03-26 13:59 x
指に付いた糸くず。
好きですね~嬉しくなります。

きっと冷静に多用途ボンドを撮影している時には、
もう気持ちも落ち着いてるんでしょうね~(笑)

僕も負けずに逝きます(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2012-03-26 14:09
たくみちゃんさん
この多用途ボンドですが、かなり強力です。
洗剤でもなかなか取れず、最後はアルコールで除去しました。
でもこれも一家に一本あると便利な接着剤だと思います。

>僕も負けずに逝きます(笑)
貴殿の背中がもう見えなくなってるくらいに離されてる様な気がするのは、きっと北の大地他全国の皆さんが思ってるはずです。


<< カイエンハイブリッド      気分転換には >>