2012年 03月 02日
ボランティア授業
近所の小学校から「6年生の職業体験授業に協力して欲しい」旨の連絡を頂く。
こちとらしがない接客業なので、商業圏のご近所様にはいい顔をしておかなくては成らない身、二つ返事で快諾。

開催日は休日の午前となり、また休日が半日潰れてしまった。
営業日にやられて仕事が半日潰れなくて良かったと、前向きに考えることにする。

前日に遅くまで会議があって、強烈な睡眠不足の中での参加となり、どういう運びとなるか判らないままに本番突入。

協力者は、自分の他には、保育園の保育士、元プロサッカー選手、建築家、大工、そして高専学生といった面々。

広い教室に入り簡単な自己紹介の後にそれぞれ場所を作って生徒からの質問を受ける。
以前から職場には二年生が来て「地元のお仕事探検」みたいな事をやっていたが、さすがに六年生は二年生の質問とはレベルが違う事を聞いてくる。

「仕事のやり甲斐は?」とか。
子供の夢を壊してはいけないので、比較的模範解答と思われる事を話す。

そんななか一人の生徒が
「どうして(人間の)医者にならなかったのですか?」

いきなりストレートな質問だ。
まぁ「ならなかったのか?」と訊かれると、正確には「諸般の事情によりなれなかった」というのが正解なのだが。
だが我々の業種は、人のそれとは違い、一対象の「最初から最期まで見届けることが可能である」ってことも楽しさの一つだと思うと話す。

一応諸般の事情のことも軽く話し、君たちがそうならないように、直接の勉強以外にも興味を持っていることを突き詰めていくのも一つの学習ではないかな?と話す。
漫画を読むのが好きなら、漫画に書かれている習っていない文字を調べれば、それはしっかりとした国語の勉強にもなるし。
「なぜ?」って思ったことを適当に流さないで、疑問を解決するって大事だよって。

あとは仕事で使う道具などを見せたりして、興味を持ち上げるようにして授業は終わった。
結果、果たしてどの位の生徒が我々の仕事に就いてくれるのだろうか。

他の職種の方の質問を聞いてたら、思わず吹いてしまう物もあった。
若い女性保育士さんに
「休みの日は何をしてますか?」って、お前はお見合いでもしてるのか?(笑)。

一応ボランティア活動って事だったが、学校側からは珈琲一杯程度のお礼を頂いて学校を後にした。

by Wonderfullifewith | 2012-03-02 11:25 | しごとのこと | Comments(4)
Commented by 284@ at 2012-03-02 11:31 x
先生、「人生で一番残念だった事は何ですか?」

先生、「休みの日には何をしていますか??」

先生、「今一番欲しいモノは何ですか???」

先生、「今の人生は、幸せですか????」

なんて、質問する小学生はいませんでしたか?σ(^◇^;)
Commented by たくみちゃん at 2012-03-02 15:56 x
思わず笑ってしまいました。

でもカッコいいですよ~
子供の夢を壊さないでしっかり話せるなんて素敵ですね~

もし僕が依頼を受けて40分間
僕の仕事(業界)に付いて話せと言われれば、
ユーモアを加えて話しますけど、
殆どピーって鳴るか、
モザイクが掛かる話ばかりなのでしょうね・・・

先生は爆笑でしょうけど(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-02 16:03
284@さん
そんな質問をしてくる生徒が居たら、「君は何か知りすぎてしまったようだね」と言って窓から突き落とします(笑)。

でも答えるとしたら
人生で一番残念だったことは、ある外車を11年間乗ってしまったこと(笑)。
休みの日は内職に精を出してます。
一番欲しい物は自由です。
今の人生はとってもしあわせです。
えぇ勿論。
Commented by wonderfullifewith at 2012-03-02 16:15
たくみちゃんさん
貴殿が生徒さんに話したら、それはもう場内大爆笑に包まれること間違いないと思います。
笑いすぎて保健室に運ばれる生徒が数名出てもおかしくないですね。

相手が中二とかだったら食いつき方はハンパじゃないと思いますよ(笑)。


<< 春よ来い      神、降臨 >>