2012年 02月 14日
ALWAYS 三丁目の夕日'64
休日、朝から昼過ぎまでの内職が終わって、その足で「ALWAYS三丁目の夕日'64」を観てきた。
この映画は2D版と3D版があるが、上映開始時刻の関係から料金割高の3D版を観ることとなった。
眼鏡使用者って、3Dのメガネを上から掛けるのはなかなか大変なのだが、クリップオン式の3Dメガネもあるらしく、結果そちらを「購入」しての観覧となった。
a0015198_18425431.jpg


ちなみに通常の眼鏡タイプは100円、クリップオン式は300円だ。
ただ3Dもシステムが色々あって、一つの眼鏡では対応出来ない様なことを聞いたことがあるのだが、同じ映画館での上映なら大丈夫なのだろうか?と言う疑問は残らないでも無い。

映画そのものは安心して観ていられる内容で、昭和39年の東京を舞台にしたものだ。
新幹線が開通し、東京オリンピックが開催され、日本が復興に力を入れている時代。
その中で必死に日々を過ごしている人達を写している。

多少ネタバレになってしまうが、映画の中で親子の関係が映し出されていた。
自分もその昔は「絶対父親みたいにはならない様にしよう」と思っていたが、気づけば日々の言動に、あれほど忌み嫌っていた父親と同じような状況が出てきて情けないやら哀しいやら。
これはやはり遺伝のなせる技なのだろうか?

今読んでいるジョーク集の本にあった一節で、
母「貴女はどうしてそんなに騒がしいの?毎日毎日大きな声でわめくように騒いでいる人をお嫁に貰ってくれる男の人なんて、この世に居ないわよ、もう少し静かになさい」
娘「はーい、でもママ、私そんな人でもお嫁に貰ってくれる男の人、一人だけ知ってるわよ」
母「それは一体誰?」
娘「パパよ」


映画は粛々と進み、所々お涙頂戴シーンがあり、気づけば2時間以上の上映時間があっという間に過ぎていた。

ただ、この映画に果たして3D映像が必要か?と言う疑問だけは残ったが。

by wonderfullifewith | 2012-02-14 18:47 | うちのこと | Comments(2)
Commented by M坊 at 2012-02-15 08:56 x
このシリーズ大好きで、前2作のDVDは
擦り切れるほど鑑賞してます。
私もようやく今週に今作を観に行くつもりです。

なのでネタバレ恐くてこのスレ本文は読んでません(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2012-02-15 21:08
M坊さん
DVD鑑賞されるんですか?
自分は自宅で映画を観ることができないので(2時間黙っていられない)、映画は覚悟を決めて映画館に行きます。

まぁ前作同様、損はさせない映画ですので存分にお楽しみ下さい。


<< 外車だから      雪祭り >>