2012年 02月 08日
しあわせのパン
対外的には休みだけど休みじゃない休みの日に、何とか時間を作って映画を観てきた。
内職が終わったのが12時40分。
普段なら職員さんと下らない無駄話を30分ほどするのだが、その日は着替えもそこそこに職場を出て札幌駅の映画館に向かう。
上映開始は13時10分。
ギリギリ間に合ったが、昼食をとる時間が無かった。
仕方が無いのでコンセッションでポテトスティック(さつまいもの揚げたの)と珈琲を買ってシアター内に飛び込む。
客の入りは9割ほど。
レディースディと言う事もあり、客の入りは上場のようだ。

今回は「しあわせのパン」。
大泉洋と原田知世の映画で、洞爺湖を舞台としたほのぼのとした内容の映画だ。
北の大地の大自然をバックに、原田知世の「時をかける少女」から殆ど変わってないほわーんとした雰囲気を余すところなく見せている映画。
映画の中にドキドキハラハラは無い。
ただ淡々と時間が過ぎていく。
だからといってそれが退屈に思えることは無い。
オフホワイトの色味の中で繰り広げられていく世界が何とも言えず良い。
久しぶりにノンビリ出来た時間を過ごすことが出来た。

リラックスしたい時に観るにはオススメの映画。

by wonderfullifewith | 2012-02-08 10:30 | うちのこと | Comments(2)
Commented by mikamikuma at 2012-02-08 12:27 x
一瞬、よさそうだったので、
これから、さぼってみてこようかな、って、
時間割を検討しようと、…(?_?)
でも、田舎なので、やってない、…

来月らしい、…
やっぱり、都会はいいなぁ~、(@_@;)
Commented by wonderfullifewith at 2012-02-08 15:58
mikamikumaさん
札幌は先行上映でしたね。
その内そちらでも上映される映画館があるでしょうから、もうちょっとお待ち下さいませ。

あ、いっそのことそちらにシネコン作っちゃうってのは如何です?(笑)。


<< 白状      意地 >>