2011年 10月 20日
エンディングノート
産まれてくるときは本人が泣き、死んでいくときは周囲が泣く。
残念なことに、どちらも当の本人はそれを確認することが出来ない。

そして産まれてくる時は、「子供は親を選べない」の言葉通り、本人の意思は全く反映されない。

「お金持ちの家に生まれたい」とか「兄弟が沢山居る家に生まれたい」とかねがったところで、それはどうにも叶えられることは無い。

それに引き替えというのはどうかと思うが、死ぬ時はある程度自分の思い通りに出来ることがある。
確かに不慮の事故など本人の意思が全く反映されないこともあるのだが、それ以外なら大概の場合はどうにかすることが可能だろう。

ただ、可能だからと言って自分はどうにか出来るのか?と訊かれると、それはちょっと自信が無いのだが。
映画「エンディングノート」
全く期待しないで観た映画だし、案の定映画館内はレディースデーにも関わらずガラ空き(120席で40人程度)だ。
「こりゃ、ちょっと失敗したかな?」と思って観ていったが、今回ばかりは予想を思い切り裏切られた形となった。

ガンの宣告を受けた父親の姿を娘がビデオカメラで撮り続けた映画だが、観終わったときには顔面の天然孔からしょっぱい体液が大量放出状態。
周囲の目も憚らず、ハンカチで顔全体をぬぐわないとスクリーンが見えない状態になった。
役者の演技では無い、本当の人間の言葉がそこにはあった。

中年以降のご夫婦、この映画ははっきり言ってオススメ!!!。

エンディングノートを書くにはまだ早いと思っていたが、明日何が起きるか判らないのは誰とて同じ事。
そんな事をちょっと頭の片隅に置きながら暮らそうと思った休日の午前だった。
だけど人生一度、最後の形を決めたら、何時死ぬか判らないからやりたい事をやって、乗りたい車を乗って生きていくのも一つよね。
a0015198_21335838.jpg


by Wonderfullifewith | 2011-10-20 21:50 | うちのこと | Comments(6)
Commented by miu_north at 2011-10-20 23:32 x
いい本を買ったんですねw
読んだら、感想を教えてください。
 
本日は、ありがとうございましたm(u_u)m
 
Commented by コロすけ at 2011-10-21 07:24 x
>乗りたい車を乗って生きていくのも一つよね。

限定車だわ!   旦那!あと1台でっせ!
Commented by Wonderfullifewith at 2011-10-21 07:38
みうさん
サポセン代を考えれば全然安い出費です。
また判らない事があったら教えて下さいm(__)m
Commented by Wonderfullifewith at 2011-10-21 07:39
コロすけさん
限定車、それはそれで良いんですけど、問題は「ガレージに入るか?」って物理的なことがあったりします(笑)。

「あらら入らないのかぁ、折角電動シャッターにまでしたのに、残念だけど買えないな」って結果になるんですよねぇ(^◇^;)。
Commented by たくみちゃん at 2011-10-21 09:55 x
この映画気になりますね~

映画館にはなかなか行けないので、
DVD化を待ちましょうかね。

Commented by Wonderfullifewith at 2011-10-21 10:01
たくみちゃんさん
超大作とかそう言うものでも無いので、DVDになるか微妙なラインの映画ですね。
でも観ておいて良かったと思う映画でした。
ただもうすぐ札幌では上映が終わるようですので、観るなら今ですよ。


<< ハンバーグ工房Toshiとスタバ      甘い飲み物が好き >>