2011年 09月 20日
来賓歓迎の儀、その1
インターネットの発達と共に、情報の共有化に距離を感じなくなって久しいが、そうは言っても生身の人間同士の接触というのは何事にも代えがたいのは事実だ。
実際にお会いして話をすることは、「ネット上のお付き合い」だけでは得られない情報を入手することが出来るしのは過去の経験からも明らかであるし、面と向かっての会話であれば「文章のやりとり」の時みたいな大きな誤解を招くことも無い。

本当は良い人なのに、文章がちょっとキツイ感じに受ければ
「あの書き込みは如何と思う」とか
「ちょっと酷い表現じゃないか?」
と言った批判になり炎上の様相を呈したり、
本当はとんでもない人間なのに文章はまずまずだったりすると、それなりの人間に思われたり。
一度でも当人に会っていればそのような事は無いのだが、文章だけで人を判断するのは本当に難しいわけだ。


今回も本州からE39オーナーのお一人である方がお忍びで来道されるとのことなので、それに合わせて歓迎の儀を執り行う運びとなった。

来道される当日朝、
「業務連絡、来賓様が午前到着予定に付き、これから空港までお迎えに上がります」との一報をK氏から頂いた。
K氏自ら出迎える相手であるから、失礼の無い様万難を排して行動せねばならないのに、あろう事か、自分はその日の昼に予定していた食事会に遅刻してしまう大失態を侵してしまった。

「なにやってんすか!、今から直ぐ来て下さい」と言う携帯から聞こえるタイチョーの切羽詰まった声にただならぬ気配を感じた自分は、押っ取り刀で家を後にして昼食会場に向かった。
家から会場までの10数分が何時間にも感じられた。

会場は世の中が連休中の為かいささか混雑の様相を呈していたが、いつもなら順番など殆ど関係なく席につく(らしい)ところを「○気の人に迷惑掛けることはするな」という命の元、来賓以下出席者全員静かに店の指示に従って頂いてたことで、自分も席にギリギリ間に合った。

ボックス席に着席。
この店は回転鮨と謂いながら、食べたい物があればオーダー用紙に書き込んでその都度職人さんに握って貰うスタイルを取っている。
回転している間に鮨が乾燥してしまうことも無く、店側も廃棄処分になる商品を減らす方向では、一挙両得の方式だ。
最近はこのスタイルの店が増えてきている。
勿論定番のネタはレーンを回転しており、それをすぐさま取り寄せることも可能なのは言うまでも無い。

「ここのイクラが有名?じゃぁそれ」ってことでイクラ軍艦巻きがドーン。
イクラが溢れまくっている。
a0015198_9163476.jpg
他にも皿の色がかなりカラフル方面のネタ満載。
我が家でこの手の店に出掛ける際、この様な絵皿は1枚あれば良い方なのに、今回は見事なまでの花吹雪状態だ。
見ようによっては事務所の代紋に見えなくも無い皿模様に一瞬たじろぐ。

今回お越し頂いた来賓の方も料理の味に関して一家言持っている御仁なので、回転鮨と謂えども下手な店にはお連れ出来ない。

「コスパ高いな」と写真に納めながら一言。
どうやらこの店は一応の合格点を頂いたようだ。
a0015198_932723.jpg
この後、ウニ、ホッキなどが立て続けに運ばれてきた。
「最近、薬が手放せなくてねぇ」と来賓の方が呟かれるような尿酸値が高くなりそうなメニューが満載の接待である。

そこでK氏が来賓を茶化す。
a0015198_1246327.jpg
「2回ヘマこくと、ここまで無くなるんだわ(笑)」。
「Kちゃん、そういうのやめてくれよ〜」と来賓は笑っていたが、周囲はどの様なリアクションを取って良いのかちょっと戸惑う瞬間でもあった。
余り深い詮索は止めよう。

ひとしきり食べ呑み喋り、店を後にしたが、あの時の支払いはどうなったのだろうか?
a0015198_10483724.jpg
柄物の皿が二十数皿。たかが回転鮨、されど回転鮨の金額になるだろう。
レシートはK氏が保管されていたようだが、まさか以前の様にレジ係に向かって一言「ごっそさん」と言いなが会計を通り過ぎたわけでは・・・・。
深い詮索は止めよう。

K氏の事務所まで歩く異様なオーラを発するお二人。
a0015198_9422516.jpg
完全顔見せ厳禁だ。そりゃそうだ、自分だって自分が可愛い。
トレジャーボートで発見されたくないし、下水管の下の土台となるのも勘弁願いたい。

事務所では今後の車両展開の話や、金融車に関する一般書注意などをレクチャー頂いたが、来賓からひとしきり説明を頂戴した後に、K氏に向かって「アニキ、説明これで良かったですか?」とお伺いを立てていたのには、K氏も苦笑いするしか無い状況であった。
余り深い詮索は止めよう。

また人間の持つ二面性の話題や、果たしてインターネット表現のギリギリはどの辺りなのか?など、興味ある話で時間はあっという間に過ぎていった。
誘い水に何処まで乗るか、この辺りに書き込む側の人間の良心が問われるようだ。
今後は自分もコメントを書き込むときには、この辺を十分注意して行おうと心に誓った。

この後、家庭の事情で一旦戦線離脱した自分だが、この日は夜の部もメンツを換えて行われる予定だ。


この文章は全てフィクションである、と出来ることなら思いたい。

by Wonderfullifewith | 2011-09-20 12:49 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by コロすけ at 2011-09-20 13:26 x
代表様!
御忙しいところ、御呼び立てしまって申し訳ありませんm(_ _)m

ぇ?そうじゃない?(笑)

昨日は御苦労さまでした。

本日、不覚にも段取りが上手くいかず。。。
あそこにいます。_| ̄|〇

早朝、ぁ…
朝から来賓の御方は、T氏と共に行動され先程、裕次郎記念館へ(爆)

今夕、来賓様を御送り後、明日の打合せを取り行います。
その際貴殿の御予定等を御聞きする可能性が有りますので、煩わしいのは御尤もですが、御手元にお洒落なアイフォンを…(笑)

にしても…来賓様…台風って云って。。。『暫くこっちに居ようかな』って
呟いておりましたが。。。あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)
Commented by wonderfullifewith at 2011-09-20 15:41
コロすけさん
お勤めご苦労様です。

来賓様はT氏と共にですか。
「参ったなぁ」という言葉を残して外回りに出掛けてしまうT氏、さすがです。
営業の鑑ですね。

当方の都合は、本日は体調復活の為に早期就寝を予定しておりますが、明日夜は特に何もありません。

台風、間違いなく接近しておりますので、自然災害に逆らえない人間故、来賓様のお戻りに若干の変更が生じるのは致し方ないようですね。
その際には見なして口車を合わせる練習をしておきましょう(笑)
Commented by たくみちゃん at 2011-09-20 16:25 x
最後の画像・・・僕が居なくて良かったですね(爆)
Commented by Wonderfullifewith at 2011-09-20 17:02
たくみちゃんさん
三人そろい踏みなら、写真全部にモザイクですよ(笑)。


<< 来賓歓迎の儀、その2      腹が減っては >>