2011年 08月 22日
ペケレット湖園
夏休み最終日、知人家族と遊んだ後はそのまま夕食へ。

「ペケレット湖園でジンギスカンが食べたい」という知人のリクエストを受ける形で夕食の場は決まった。

「ペケレット湖園?」
ググって貰うと判るのだが、地元の人間でもちょっと気づかない場所にある店だ。
創業48年位になる店だが、本当にひっそりとしている。
a0015198_761350.jpg


以前、この場所が何だか判らずに駐車場に入り、そこで記念撮影をした事があるが、その当時その建物が普通に営業しているとは思えなかった。
完全に「廃墟」だと思っていた。
それが冬期以外はジンギスカン専門店として営業しているというのだから驚き。
a0015198_7252016.jpg



スタイルは「食べ放題ジンギスカン(マトン)、野菜、ジャガバター」、別オーダーで飲み物とご飯という感じ。
昔ながらのマトンを丸くしてスライスしたタイプ。
a0015198_755027.jpg
味付きではないが、後付のタレがなかなか美味しかった。

個人的にはジャガバター(塩味粉ふきいものバターのせ)が絶品だった。
一緒に行った知人の子供も「このイモ凄く美味しい」と言ってたので、オススメだ。

野菜はジャガイモ、ニンジン、ニンニク、タマネギ、ピーマン、カボチャといったいつものレギュラーメンバー。
a0015198_755314.jpg


普通のジンギスカン専門店とは趣向を変えた感じで、これはこれでありだと思う。

店の箸袋には店名の由来となったペケレット湖を見ずしてこの店の良さは語れないような記載があった。
次回は湖散策も兼ねて出掛けてみよう。

肉は食べなかったが、野菜にもしっかりマトンの臭いが感じられるので、羊が苦手な人はちょっと厳しいかも知れない。

激安の店ではないが、店内から見える整備された庭が綺麗で、夕暮れ時は良いロケーションの店だと思う。
また2F、3Fには昔懐かしい昭和の臭いを感じる品が沢山展示されていて、ノスタルジックに浸れる空間だ。


最後に、店のお姉さんの対応がとても丁寧で良かった。

by wonderfullifewith | 2011-08-22 07:20 | うちのこと | Comments(9)
Commented by たくみちゃん at 2011-08-22 10:02 x
ガトキンの近くに有るんですね。
まったく知りませんでした。

出来ればモヤシ欲しいかも(^^)
Commented by テツ at 2011-08-22 14:18 x
>肉は食べなかったが

せっかくのジンギスカン屋なのに、食べなかったのですか?
Commented by wonderfullifewith at 2011-08-22 14:49
たくみちゃんさん
ここは一本奥まった道沿いにあるので、普通は通らない所なんです。
知る人ぞ知る店って感じですね。

モヤシ、確かにそれがなかったです。
その代わりにこんにゃくなのか?(笑)
Commented by wonderfullifewith at 2011-08-22 14:51
テツさん
最近肉は殆ど食べないですね。
食べても鶏肉を少々程度です。
もっぱらタマネギとカボチャでお腹を満たしていました。
肉を食べると、翌日に消化疲れが残るような気がするんです。

びっくりドンキーに行っても、ここ数年はスパゲティばかりです。
てゆーか、ドンキーを含め外食には家族からも誘われなくなりました。
Commented by chandra at 2011-08-22 20:30 x
控えめに言っても かなり遠いですが 行ってみたいです
タレがちょっと松尾とはちがうんでしょうね (*^_^*)
Commented by wonderfullifewith at 2011-08-23 07:27
chandraさん
車ではちょっと日帰りがキツイ距離ですので、ここは一つ「出張」を入れていただき、宿泊を「ガトーキングダム」にして頂ければ、そこからなら全然楽勝で逝くことが出来ますので、今すぐ会社に出張の申し出をして下さい。

タレ、松尾とも違いますし、ベルやソラチとも違うようです。
所謂「秘伝のタレ」ってヤツなんでしょうね。
Commented by アイビー at 2011-08-23 18:51 x
>地元の人間でもちょっと気づかない場所にある店だ。
じゃぁ私がググっても、チンプンカンプンだねっ!(笑)
Commented by tak@さ・っ・ぽ・ろ at 2011-08-24 09:10 x
いったことないです!
Commented by Wonderfullifewith at 2011-08-26 10:05
tak@さ・っ・ぽ・ろさん
貴殿の家からだと、優に1時間30分位掛かる市内だからねぇ。
師匠の所に来た序でにでも如何?


<< おつかいと配線いじり      冤罪 >>