2011年 08月 09日
やりすぎ
謎の電磁波を封じ込めるために、ドラレコ全体をアルミホイルでくるみ車載してみた。

イグニッションオン、テレビスイッチオン。

難視聴地域に差し掛かるも、バリ3、もしくは2本立てで頑張ってくれている。
よし、取り敢えず成功だ!

で終わらないのが自分の作業。
ドラレコがGPSを検知しない。
GPSを受信するまでにちょっと時間が掛かることがあるが、10分以上経過してもGPS受信を表すブルーのLEDは光ることはなかった。

まさか、GPS受信部分もアルミホイルでくるんでしまったためか?
ドラレコ本体にはGPS受信部分と思われるところに「GPS」と表示がされている。
ただ外見からは果たしてどの位のサイズのセンサーが付いているのか判らない。
アルミホイルを取り除き過ぎれば電磁波の影響が出るかも知れないし、足りなければGPS受信がうまくいかないだろう。

内部を開けてみようと思ったが、万が一にも元通りに戻らなかったら痛いので、ここは一つ非破壊検査での探索を行うことにしてみた。
理論上は高電圧を掛けるとフィルムを感光できることになっているので、今回はそれを応用してみた。

54000kv程の電圧を掛けてドラレコ内部をフィルムに写してみた。
上からの内部構造図はこの様になっていた。
a0015198_7284587.jpg
写真左側にレンズがあり、中央部分がコンバータなどの装置が入っている部分か?、そして右側にGPS受信部分がある。

横からの写真はこの様になっていた。
a0015198_7285079.jpg
写真左側がレンズ、右側がGPS受信部分。

計測の結果約4cm程の大きさなので、その部分アルミホイルを外して巻き直してみた。
a0015198_7285255.jpg
さて、これでGPSが無事受信出来れば良いのだが。

にしてもアルミホイルは見た目に余り宜しくないので、ミッチョさんからコメント頂いた電源部分の自作も視野に入れて今後検討してみたい。
12Vから5Vへの変換。
これをあの装置の中で行って、ノイズ乗りまくりの中で色々な事をしている韓流ドラレコってのも、考え方によっては凄いようだ。

by wonderfullifewith | 2011-08-09 07:37 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by ALPY at 2011-08-09 08:39 x
す、すごい。(@@;)

こんな使い方、反則。
Commented by BONBY at 2011-08-09 09:36 x
お洒落なカーボンシートで巻いたらどうでしょう?

三脚じゃあるまいしか(笑)

電磁波シールドスプレー(EMCシールド)も有ったような ・・・ 
Commented by wonderfullifewith at 2011-08-09 15:51
ALPYさん
職場にある物をちょっと拝借しただけですので、ALPYさんが普段何気なく行っている超人的作業と比べれば全然な行為です(^◇^;)
Commented by wonderfullifewith at 2011-08-09 15:52
BONBYさん
ドライカーボンっすか?
あ、今度仕事で使ってるあの丸い筒状の空飛ぶヤツからちょっとだけ剥がしてきて頂けると助かりますm(__)m

シールドスプレーも考えたんですけど、3000円位するんで諦めました。


<< 一歩前進二歩後退      犯人は電磁波? >>