2011年 08月 06日
ブルーベリー狩り
休日、晴天、夏休み、ムスメの塾も昼まで。

せっかくの晴天の休日だからどこかに出掛けようって事になり、旅情報雑誌を見て千歳のブルーベリー農園まで足を伸ばすことにした。

ラーメン屋で昼食を済ませ、高速のETCゲートを通過しようとしたところ、ギリギリになってもゲートが開かない。
車を止めて案内を聞くと「カードの有効期限が切れています」。
ETCに挿入されていたカードは2011年7月迄有効となっていた_| ̄|〇。

仕方なく現金を支払い高速の人となる。
千歳の農園に行くには一つ手前の恵庭インターで降りた方が良いらしい。
ナビの誘導のまま恵庭インターで降りて、言われるままに車を走らせる。

「まもなく目的地です」とナビの声。
あぁ去年もイチゴ狩りでこの辺の農園に来たっけ。
そう思い出して車を畑の駐車場に入れる。

大人800円、子供は半額?程度の入園料を支払い、ブルーベリーの選定方法を聞いていざ畑へ。
ブルーベリーの木というのは大して背の高いものではなく、1m程度の低木である。
a0015198_1063691.jpg

実の色が黒々したものが熟していて、まだ青いものや赤いものは酸っぱいとか。
そうやってみるとまだちょっと早かったのかも知れないが、色々と選らんで口に入れる。

味としてはグースベリー(地元ではグスベリ)のそれと似ている。
イチゴやサクランボのような定番的甘みや酸味ではなく、どちらかと言えば控えめの味。

ブルーベリーと一言に言ってもその種類は色々あり、この畑にも数種類のブルーベリーが栽培されていた。
家でも「目のため」と思いつつサプリメントでブルーベリーを食べているが、どうやら効果の程は余り無いらしく、どちらかと言えば「膀胱方面」の病気予防に効果があるような感じらしい。
まぁ気は心で、信じて食べていれば何かの効果は期待できそうな感じがするので、もう少し続けてみることにする。

食べ放題ではあるが、それほど食べられる物ではないし、札幌は晴天ピーカン状態でも千歳に行くと気温が数度下がり、加えて時折霧雨も降る生憎の天候だったので、小一時間畑の中を散策して持ち帰りの分を収穫して畑を後にした。
a0015198_10113089.jpg
「キタキツネは来ます?」と畑の人に聞いてみたが、去年は見たけど今年はまだ見てないとか。
学者の中にはエキノコックスが怖いのでこの手の露地物には絶対手を出さないという人もいる。
ましてやこの様に直接畑に成っているものを、水洗いもせずに食べるなんて事は言語道断!とも言い切るくらいだ。
確かにその危険性は高いなぁと思ったり。
ま、例え病気になっても20年後だろうな。
その前に今のこの日本に於いて、エキノコックス以上に怖い現実がこれでもか!とある訳だし。

時刻はまだ4時前、次は何処に行きましょうかねぇ。
a0015198_10125843.jpg


by wonderfullifewith | 2011-08-06 10:19 | うちのこと | Comments(0)


<< New Chitose Air...      大倉山展望台 >>