2011年 05月 13日
小樽運河から日本郵船会社
運河側から見たレストラン。
a0015198_21364699.jpg
外に止まっている車が売り物のMINIかも知れない。

お腹も膨れたことだし、運河沿いを散策することにする。
地元民でありながら、いや地元民だからこそか、運河を端から端まで制覇したことはなかった。

今日はその半分の南端まで行ってみよう。
と言っても色内3丁目からは直ぐそこが運河の終点(始点か?)である。
a0015198_21374369.jpg
運河の南端から北側を望む。

途中には「売り船」が停泊していた。
a0015198_21382779.jpg
30万円とある。
これが安いのか高いのかは全然判らない。
自賠責とか必要?
月極の駐船場費用って幾ら?
車検はあり?
ほんと船のことは全然判らない。

はなそれだが業界の成功者の人で、クルーザーを3隻ほど持っている人がいる。
その人達がおねいちゃんの居る店に行ったとき、そんな話になった。
知人「この人はね、船を3隻も持ってるんだよ」
おねいちゃん「へ〜凄い、マグロ漁船?」
知人「マグロ漁船って(爆)、違うよ、クルーザーだよ、クルーザー」
おねいちゃん「ふーん(全然興味なし)」

そんな与太話は良いとして、運河沿いには色々な歴史的建造物が残っている。
今回昼食をとったレストランもレンガ倉庫を改造して作られたものだ。

レンガ造り倉庫もそうだが、しっかりとした文化財として残されている建物もある。
今回は逢えてお金を出してその手の歴史的建造物を見学してみた。

1つの建物を見るのには300円、2つなら500円。
実は他にもちょっとだけ見てみたいところがあったので、2つの建物が見えるペアチケットを購入してみた。
まず訪れたのがこちら
a0015198_21451421.jpg
メチャクチャ立派な建物だ。
やっぱり広角側は歪むなぁ。

a0015198_21453918.jpg
日本郵船会社とある。
早速中に入ってみる。
定年退職したような年齢の男性と女性、計3名が居た。
一体どの程度の給料が支払われているのだろうか、ちょっと不安になった。
と言うのも、お客は自分だけ。
全くペイラインに達していない。
全てが市税投入と言う事なのだろうか?
a0015198_21471515.jpg
ここがその昔に職員が仕事をしていた場所になる。
非常に立派だ。
修復されているとは言え、見事に磨き込まれているところを見ると、清掃費だけでもかなりの金額が掛かっているのではないだろうか。
まさかあの3人の職員さんが掃除をしているとは到底思えない(どうしても経営的な見方をしてしまうなぁ)。

1Fはこんな部屋と金庫室。
金庫室と言っても扉の厚さは5cmほど。
日本銀行のような数十cmもある様な扉ではない。
同じような作りで小さな扉が、入り口の反対側にもあった。
てことは、外から金庫室に入ろうと思ったら可能な訳?

2Fに移動しよう。
a0015198_21493374.jpg
立派な会議室。当時はどんな話をしていたのだろうか。
a0015198_21501316.jpg
廊下の上部分、この曲線が素晴らしい。
うっとりしてしまう。

1Fには大きな船の模型もあったので、この手の建造物が好きな人には250円の価値はギリギリ有りだと思う。

つづく

by wonderfullifewith | 2011-05-13 22:01 | まぜまぜ | Comments(8)
Commented by タケ(^^; at 2011-05-14 07:23 x
懐かしい~ですね!。。。

あの時は。真っ白な小樽でしたが、今の季節もいいですね(^^;

天狗山には、登らなかったのでしょう~か?
Commented by BONBY at 2011-05-14 08:16 x
商都として栄えた小樽の歴史がそのまま保存されているんですね。
民活で喫茶店にならなかったのが幸いですね。

小樽には毛無山(峠)に良く走りに行ってました。
時々バイクの残骸がありますが(笑)
毛無峠~赤井村~泊~当丸峠が毎度のコースで
毛無峠は低速コーナー、当丸峠は高速コーナーでとても楽しかったですね。
若かりし頃の思い出ですが(笑)

Commented by wonderfullifewith at 2011-05-14 11:17
タケ(^^vさん
冬の小樽も良いですが、これからの小樽も良いですよぉ。
また遊びに来て下さいね。

天狗山、今回は登りませんでした。
次回にでもチャレンジしてみます。
Commented by wonderfullifewith at 2011-05-14 11:19
BONBYさん
かなり忠実に復元作業が行われてるようです。
展示物の一部には、その復元のも歴史もありました。

昔はバイクでブイブイ言わせてたんですね。
まるで今のY浜部長のように(笑)。

毛無峠・・・、名前が気に入らないです(笑)。
あの辺も結構愉しいコーナーが沢山ですね。
今でもS14とかが攻めてるのかな?

私は独立してから「バイク禁止令」が出たので、もう20年位乗ってません。
たぶんもう乗れないような気がします。
Commented by kotodaddy at 2011-05-14 12:57
あ~、今までにたった一度だけ小樽に行ったことがありますが、
ココにも立ち寄った記憶がちょこっとありますよ^^ 懐かしいなぁ~。
私は北海道と言うと、空港に着いてスグに借りたレンタカーで富良野に
向かって1時間後にスピード違反で捕まった忌まわしい過去を思い出して
しまい、なんとなく苦い気持ちになるのですが、小樽で食べたお寿司を
思い出すとその悪夢を忘れることができます(笑)。
Commented at 2011-05-14 13:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-14 13:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-14 17:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 小樽市総合博物館      小樽散策 >>