2011年 02月 14日
試験とセミナーと
日曜日、朝から缶詰で仕事関係のセミナー。
会場に着くと、そこには
「第105回医師国家試験会場」なる看板があった。
結構早い時期に行うんだなぁと思いつつ、会場のある施設2階に上がる。

そこにはこれから試験を受けようとしている学生さんが、それこそ最後の追い込みをかけていた。
a0015198_147032.jpg
プライバシーの関係上フィルターを掛けたが、何気にレベル高くね?(笑)

頑張れ未来の女医さん。
このおじさんに万が一のことがあったときには、貴女の聴診器で看取って頂きたいなどとたわけたことを考えたりする日曜の朝だったり。

多方面にわたり全般的に知識を問われるようで、お医者様になるのも大変なんだなぁとつくづく思った。
ちなみに試験の日程は3日間の様だ。
この3日間に全てを出し切るように照準を合わせてきたんだろう。
心地よい緊張感を如何に保てるかが勝負の分かれ目かな?

後から来た男子学生はこの期に及んで何やら講義めいたことを喋っている。
気持ちは判らないではないが、恐らく脳みそはもう飽和状態だろうから、今から新しいことを覚えるのは無理かと思うよ。

神経細胞の軸索が自己融解しているようなおじさん達から助言させて貰えるなら、
そう言うときは

「その問題は出ないっ!」

と思い込むのが一番(笑)。
時には思い切って割り切るのも必要だよ。


そんな彼女たちの横で、むさ苦しい頭の薄ら禿げたようなオッサン達が受付業務にいそしんでいる。
関係者でありながら、余り仕事をしない自分。
ま、良いか。

講師の先生の写真等を撮影する係を仰せつかったが、いきなり5D2の面目躍如という所だ。
司会進行係の人から
「公演中の写真を撮って下さい」と言われる。
てゆーか、講演スライド上映中ほぼ真っ暗だし。
何気に挑戦してみたが、P位置で撮影してもISOは5000くらいで普通にシャッターが切れた。
やっぱ凄げ〜よ!>5D2。
F4レンズでこれだもんなぁ。

そんな中で、試しにISOを12800にして撮影してみた。
a0015198_1413290.jpg
ノイズは凄いが、肉眼では殆ど見えない演者の顔がバッチリ。
頭頂部にやや難のある人の毛髪までしっかり写っている(大笑)

悪のりして25600まであげてみる。
a0015198_1414926.jpg
ノイズまみれだが、一昔前のコンデジのISO1600程度か?

高い買い物だったけど、これで元を取ったような気になった。
2でこれだもの、3はどんなことになってるんだろう。


「どうせ逝くんですから、いつかは逝くんですから」
良い言葉だ(笑)。

by Wonderfullifewith | 2011-02-14 14:25 | まぜまぜ | Comments(10)
Commented by たくみちゃん at 2011-02-14 16:37 x
レベル高いと思われます。
目を細くして見てみました。

才色兼備なんでしょうかね~
羨ましい限りです。
Commented by pedi5 at 2011-02-14 17:32
当時新設と言われた大学を卒業しましたが、今や国試合格率上から数えて、うん番目という名門に生まれ変わりました。確かに合格率を上げるテクニックは色々ありますが、何せ、世話好きの大学故、合格して当たり前か・・・。ちなみに私は受験会場は青学。

女医さんが増える・・・・・結局医師の数が減るというジレンマ。
子孫繁栄のための体の構造の違いから来る問題はこれからも解決できることはないでしょう。卒業生の1/3は女子。保育環境の改善をひたすら望みます。
Commented by kotodaddy at 2011-02-14 18:00
う~む、たしかにイケてる・・。
2年ほど前に、ある国家試験の受験をしました。
医師免許などと言うレベルとはまるで違う大した事のない資格でしたけど、
まぁそれなりのプレッシャーを久々に感じましたねぇ。
学生を卒業してかなり経ってからだったので、試験というものから離れて
久しかったですし。あぁ、もう二度とああいう思いはしたくないです^^;
Commented by chandra at 2011-02-14 20:40 x
お洒落なところですね (^_^)
Webなら12500でも使えますよね
6400でも Lightroomでノイズを低減させれば
かなりいけます (^^;;)
5D3の最高ISOは10万とか・・・( ̄。 ̄;)
Commented by Wonderfullifewith at 2011-02-14 20:50
たくみちゃんさん
まじビックリしました。
才女は牛乳瓶の底みたいな眼鏡を掛けてるとか、そんな感じでは全く無いですね。
正直隠し撮りに近いような写し方でしたが、状況が許せば声を掛ければ良かったかと思いました。
でも国家試験の勉強してるから、やっぱり無理ですよね(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2011-02-14 20:53
pedi5さん
私もそれは本当に思う訳です。
うちらの業界も同じ状況です。
公僕方面の仕事が結構あるのでまだ良いんですが、民間では難しいです。
自分で事業を立ち上げるか、結婚しないか、しても子供を作らないかのどれかになります。
もっとこの辺の仕組みをしっかりしないとダメですね。
休んじゃうと知識が遅れるし、でも出産・育児となればある程度休まない訳にも行かないし。
ほんと難しい問題です。
Commented by Wonderfullifewith at 2011-02-14 20:55
kotodaddyさん
生でお見せ出来ないのが本当に残念ですが、ファッションも良い感じですよね。
おじさん好みのフェミニンな感じです(爆)。

私たちも昼食を食べながら、
「当時は本当に大変だったよねぇ。当日の明け方3時過ぎまで勉強してるヤツもいたし(笑)」なんて思い出話に花が咲いてました。
Commented by Wonderfullifewith at 2011-02-14 20:58
chandraさん
札幌コンベンションセンター(http://www.sora-scc.jp/)という場所です。
小さい会場から大きな会場まで、色々ある施設です。
唯一の難点は、公共交通機関まで遠いと言う事ですね。
駐車場はありますが、半日居ると1200円位かかります。

Lightroom、アドビのサイトで色々見てました。
この手の現像ソフト、本当に難しいですね。
「自分が何をしたいか」がしっかり判ってないと、手が出ませんね。

5D3のISOが10万ですか?
もう完全に真っ暗な状態でも写りそうな勢いですね。
もし必要なら何時でも背中押しますよ(笑)。
Commented by kitanoeos at 2011-02-14 21:46
もはやデジイチは暗視カメラだと思っています。
「暗いけど写ります?」から「暗くても写ってますよね?」に
会話が変わりそうです。そんな時代ですから撮影を頼まれると
異常な緊張感に襲われてしまいます。
そのうち「このブツブツ修正できないの?」とか言われそうで
恐ろしいです^^;
Commented by Wonderfullifewith at 2011-02-15 07:54
kitanoeosさん
暗視カメラ、デジカメの進む道の一つなのかも知れませんね。

ノイズ消去などはソフトの方で幾らでもどうにでもなっていく時代が、本当に直ぐそこにありそうです。


<< C-PL      DC→DG >>